丸山珈琲:50lbs. ECP コスタリカ フランシスコ・メナ ラクティック

丸山珈琲 50lbs. ECP コスタリカ フランシスコ・メナ ラクティックです。

丸山珈琲 MARUYAMA COFFEEは、長野県北佐久郡軽井沢町に本店を置くスペシャルティコーヒー店です。

50lbs. ECP コスタリカ フランシスコ・メナ ラクティック

スポンサーリンク

シュマヴァ・デ・ロウルデス

シュマヴァ・デ・ロウルデス(Sumava De Lourdes)は、コスタリカ(Costa Rica)アラフエラ州(Alajuela Province)ナランホ・カントン(Naranjo Canton)シリ・スール地区(Cirrí Sur District)ロウルデス(Lourdes)に位置しています。

エクスクルーシブ・コーヒーズ(Exclusive Coffees)の代表であるフランシスコ・メナ(Francisco Mena)氏によって管理されています。

このロットは、コスタリカのエル・ボスケ(Finca El Bosque)で栽培され、シュマヴァ・デ・ロウルデスで精製された、50パウンズ・エリート・コーヒー・プロジェクト(50lbs. Elite Coffee Project)のコーヒーです。50パウンズ・エリート・コーヒー・プロジェクトは、丸山珈琲が日本での独占販売権を取得しています。

品種

品種はカツーラ(Caturra)です

精製方法

精製方法はラクティック・ファーメンテーション(Lactic Fermentation)です。

スポンサーリンク

丸山珈琲 50lbs. ECP コスタリカ フランシスコ・メナ ラクティック

フランシスコ・メナ
フランシスコ・メナ

国: コスタリカ共和国
地域: ウエストバリー ナランホ ロウルデス
生産者: フランシスコ・メナ
農園: エル・ボスケ
標高: 1,700 m
面積: 4 ha
生産処理場: シュマバ・デ・ロウルデス
品種: カトゥーラ
生産処理: ラクティックファーメンテーション アナエロビック(嫌気乳酸発酵) / アフリカンベッドで乾燥
収穫時期: 1月~4月
お取引開始年:2002年 (マイクロミルとは2015年)

丸山珈琲

ストロベリー、ラム、カカオ、カモミールの風味。クリーミーな質感。複雑な味わい。

丸山珈琲

練乳いちごのような柔らかい甘酸っぱさを持つフレーバーが印象的です。後味に嫌気性発酵に特有の発酵臭が少し残ります。平板な味のカツーラに特殊な精製方法を用いることにより、独特のフレーバーを生み出しています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事