コスタリカ エクスクルーシブ・コーヒーズとシュマバ・デ・ロウルデス

コスタリカ エクスクルーシブ・コーヒーズとシュマバ・デ・ロウルデス

スポンサーリンク

エクスクルーシブ・コーヒーズ

エクスクルーシブ・コーヒーズ(Exclusive Coffees)は、コスタリカのスペシャルティコーヒー輸出業者です。エクスクルーシブ・コーヒーズは、コスタリカのマイクロミル革命とスペシャルティコーヒーのロースターの要求に対応して設立されました。世界中の輸入業者とコスタリカのスペシャルティコーヒー生産者の間に直接的な関係を築いています。

代表はフランシスコ・メナ(Francisco Mena)です。

メナは、コーヒー生産者一家の出身ではありません。彼は幼少期を南太平洋の町ゴルフィト(Golfito)で過ごし、 彼の父はユナイテッドフルーツ社(UFCO)(United Fruit Company)で働いていました。

メナは、地元の輸出業者の配送担当としてキャリアをスタートし、25年間コーヒー業界で働いてきました。 そこから、彼は経営学を学び、コーヒー輸出事業の様々な部門で働き、最終的にはコスタリカのスターバックスで働いていました。

2008年、メナは彼が住んでいるエスカス(Escazú)の倉庫から、8軒のコーヒー生産者のコーヒーをたった1人で輸出し始めました。 当時は小規模なスペシャルティコーヒー生産者を国際的なバイヤーやロースターと直接的な関係を築くことを支援する人は誰もいなかったそうですが、彼の事業はエクスクルーシブ・コーヒーズとして、コスタリカを代表するスペシャルティコーヒー輸出業者にまで発展しました。

エクスクルーシブ・コーヒーズは、ウェスト・バレー(West Valley)、セントラル・バレー(Central Valley)、タラス(Tarrazú)、 チリポ・ブルンカ(Chirripó-Brunca)の4つのコーヒー生産地域のマイクロミルと関係を結んでいます。

スポンサーリンク

シュマバ・デ・ロウルデス

Kostarika 2016

シュマヴァ・デ・ロウルデス(Sumava De Lourdes)は、コスタリカ(Costa Rica)アラフエラ州(Alajuela Province)ナランホ・カントン(Naranjo Canton)シリ・スール地区(Cirrí Sur District)ロウルデス(Lourdes)に位置しています。エル・ハヨテ自然保護区(英語:El Chayote Natural Reserve、スペイン語:Zona Protectora El Chayote)および中央山脈の裾野の地域です。コーヒー生産地域としては、ウェスト・バレー(英語:West Valley、スペイン語:Valle Central Occidental)に区分されます。

シュマヴァ・デ・ロウルデスは、フランシスコ・メナとチェコの投資家が、2014年に買い取った新しい農園です。最新の技術を用いた環境保全型農業を営む最先端の農園として知られています。

メナがシュマヴァ・デ・ロウルデスを引き継いだとき、それはほとんど放棄された状態でした。以前の所有者はコーヒーの栽培に興味がなく、メナに売りたいと言ってきました。メナはコスタリカのコーヒー農園を購入しようとしているチェコの投資家を知っており、メナがこの農園を紹介をしたとき、投資家はメナに彼のために不動産を管理してもらいたいと言いました。

こうして農園は、チェコ共和国、ドイツ、オーストリアの国境にまたがる国立公園、シュマヴァ国立公園(Šumava National Park)にちなみ、「シュマヴァ(Sumava)」と名付けられました。突然農園を担当することになったメナは、シュマヴァのすぐそばにあるカフェタレラ・エルバス(Cafetalera Herbazú)のアントニオ・バランテス(Antonio Barrantes)や他の友人からのアドバイスを受けて、土壌と資源の改善に取り組みました。

区画

シュマヴァ・デ・ロウルデス

シュマヴァ・デ・ロウルデスは、モンテ・ラノ・ボニート(Monte Llano Bonito)、モンテ・ロウルデス(Monte Lourdes)の2つの場所に分けられており、モンテ・リャノ・ボニートは9つの区画、モンテ・ロウルデスは6つの区画にさらに整理されています。

シュマヴァ・デ・ロウルデスは、標高1,670m - 1,790mの高地にあります。農園のエリアの多くはかつて牛の放牧地だった場所で、新しくコーヒーを植樹するために多くの木が伐採されましたが、コスタリカは環境保全型農業の先進国であるため、農園の広いエリアが自然の保全のために割り当てられています。農園全体が防風林として機能する背の高いヒノキで整然と区画整理されています。

カップ・オブ・エクセレンス

シュマヴァ・デ・ロウルデスは、メナの管理下に置かれた最初の年、2015年のカップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Excellence)でリャノ・ボニートのカツーラ(Cattura)のウォッシュト(Washed)が87.24点を獲得し第13位、2016年にリャノ・ボニートのカツーラのハニー(Honey)が93.41点を獲得し第1位に輝きました。これはコスタリカのコーヒーとしては、史上2番目に高い得点です。

このロットには、「スウィート・シュガー(Sweet Sugar)」という精製方法が採用されました。この精製方法により、パルピング(果肉除去)時に残った「ハニー・ウォーター(Honey Water)」と呼ばれる水を発酵工程に使用することにより、コーヒーに天然の状態で存在する糖とフレーバーをさらに濃縮しました。

品種

シュマヴァ・デ・ロウルデスは、ゲイシャ(Geisha)、パカマラ(Pacamara)、モカ(Mokka)、カツーラ(Caturra)、ビジャ・サルチ(Villa Sarchi)など、様々な品種を栽培しています。

シュマヴァ・デ・ロウルデスは、コスタリカの熱帯農業研究および高等教育トレーニングセンター(CATIE) (英語:Tropical Agricultural Research and Higher Education Center、スペイン語:Centro Agronómico Tropical de Investigación y Enseñanza)にアクセスを持っており、新しい品種の栽培も試みられています。

精製

シュマヴァ・デ・ロウルデスは、エコ・パルパー(Eco-Pulper)を備えた最新鋭の精製所を所有しており、コーヒーは、デムシレージナドラス(Desmusilaginadoras)と呼ばれるステンレス製ミルで精製されます。

スポンサーリンク

50パウンズ・エリート・コーヒー・プロジェクト

50パウンズ・エリート・コーヒー・プロジェクト(50lbs. Elite Coffee Project)は、2016年から始まったエクスクルーシブ・コーヒーズによる最高品質のコーヒーを追求するプロジェクトです。

50パウンズ・エリート・コーヒー・プロジェクトのコーヒーは、3人のQグレーダーにより少なくとも88点の評価を獲得する必要があり、品種、場所、収穫日、精製方法のトレーサビリティが完全である必要があります。コーヒーは50ポンド(約22.6kg)という少量で取引され、日本では丸山珈琲が独占販売権を取得しています。

エクスクルーシブ & エキゾチック・バラエタル・コレクション

エクスクルーシブ・コーヒーズは、イギリスを拠点とするオークション・プラットフォーム事業者であるセンシブル・デベロップメント(Sensible Development)とともに、コスタリカ初のプライベート・オークションであるエクスクルーシブ & エキゾチック・バラエタル・コレクション(Exclusive & Exotic Varietal Collection)を立ち上げました。センシブル・デベロップメントは、カップ・オブ・エクセレンス(CoE)、プライド・オブ・ゲシャ(Pride of Gesha)、ポート・オブ・モカ(Port of Mokha)に、オークション・プラットフォームを提供しています。

オークションは、2021年6月24日に開催されました。オークションには、カッピング・スコア88点以上を獲得したコーヒーが40ロット出品され、ラ・グラナディーヤ(La Granadilla)のゲイシャ(Geisha)が92.4点の最高得点を獲得しました。

シュマヴァ・デ・ロウルデス(Sumava De Lourdes):https://real-coffee.net/category/coffee-origin/central-america/costa-rica/west-valley/sumava-de-lourdes

50パウンズ・エリート・コーヒー・プロジェクト(50lbs. Elite Coffee Project):https://real-coffee.net/category/coffee-origin/central-america/costa-rica/50lbs-elite-coffee-project

<参考>

"Costa Rica’s best coffee was grown by a newbie farmer",The Tico Times<https://ticotimes.net/2016/06/14/costa-rica-best-coffee>

"The Best Coffee in Costa Rica: Naranjo Wins Again",The Tico Times<https://ticotimes.net/2016/05/23/costa-ricas-best-coffee-hails-once-again-from-naranjo>

50lbs. Elite Coffee Project<http://exclusivecoffeecr.com/documentos/50_pound_program.pdf>

"50lbs. Elite Coffee Project - Store Menu -",Discover Coffee<http://www.discover-maruyamacoffee.com/store/menu/category.html?no=c_01_16>

"Inaugural Costa Rica Exclusive Coffees Private Auction Coming June 24",Daily Coffee News<https://dailycoffeenews.com/2021/06/09/inaugural-costa-rica-exclusive-coffees-private-auction-coming-june-24/>

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事