澤井珈琲 :ブラジル サントスNo.2

澤井珈琲Beans&Leaf店のサントスNo.18です。澤井珈琲は、鳥取県に本社を置く大手のコーヒー店です。鳥取県と東京都に複数実店舗があります。

ブラジル サントスNo.2

スポンサーリンク

ブラジル

ブラジル(Brazil)は南米の東部に位置する60億本のコーヒーの木が栽培されている世界最大のコーヒー産地です。人口は約2億930万人で、日系人は約160万人です。国土の60%以上が中部から南部に高原地帯です。北部は熱帯性雨林、中部は亜熱帯地帯、南部は温帯地帯となっています。

ブラジルのコーヒーの生産は、南部のミナスジェライス州が全体の約50%を生産しています。74%がアラビカ種で、26%がロブスタ種です。ブラジルのコーヒー生産量は世界全体の生産量の約30%を占めるため、コーヒーの国際相場はブラジルの生産量に左右されます。

ブラジルは北部のノルチ(Norte)、北東部のノルデスチ(Nordeste)、中西部のセントロ・オエスチ(Centro-Oeste)、南東部のスデスチ(Sudeste)、南部のスウ(Sul)5つの地域に別れ、それらの地域はさらに26のエスタードと呼ばれる州(Estado)と1つの連邦直轄区(首都ブラジリア)から構成されています。

スポンサーリンク

サントスNo.2スクリーン18

澤井珈琲Beans&Leaf店のサントスNo.18は「サントスNo.2スクリーン18」のことです

サントス (Santos) とは、1543年に設立されたブラジルの東南部サンパウロ州に位置する世界最大のコーヒー輸出港のことです。ブラジルがまだポルトガルの植民地だった頃から港湾都市として栄えました。明治維新による社会の変化のため、海外に職を求めた日本人がブラジルに移民します。1908年に神戸港から出発した日本からの最初の移民を乗せた笠戸丸が到着したのがこのサントス港です。

サントス港はブラジル全土からありとあらゆる貿易商品が集められ、また世界中からの貿易商材も運ばれてきます。コーヒーも例外でなく、ブラジルの各地の産地からサントスに集まってきます。そして、ブラジル全土からサントスに集荷されたコーヒーが、サントスと名付けられます。

サントス港にはコーヒー取引所があり、コーヒーブローカーが300gの生豆のサンプルを各輸出業者に売り込みます。各輸出業者のコーヒー鑑定士がこのサンプルを焙煎して、カップテストを行ない値決めします。なぜ300gなのかというと、ブラジルのコーヒーは300gの生豆に含まれる欠点豆の数によってグレードが決まるからです。このわずか300gのサンプルで何億円ものコーヒーの取引が決まるわけです。

規格(グレード)

No.2とは、コーヒーのグレードのことです。

ブラジルのコーヒー豆は300gに混入されている欠点豆の混入量によって、No.2-8までグレードが分かれます。No.2は欠点豆が4つ以下と、欠点豆が最も少ないと評価された豆のことです。欠点豆がないというのはほとんど考えられないため、ブラジルではNo.1グレードはありません。

No.2No.3No.4No.4.5No.5No.6No.7No.8
4826364686160360

スクリーン

スクリーンとは豆の大きさを表す規格です。数字が大きいほど、豆のサイズも大きくなります。

スクリーン20 8mm
スクリーン19 7.5mm
スクリーン18 7mm
スクリーン17 6.75mm
スクリーン16 6.5mm
スクリーン15 6mm
スクリーン14 5.5mm

サントスNo.18はスクリーン18なので、7mmで大粒です。

ブラジル サントスは酸味、苦味などがほどよくバランスがとれているのが特徴です。コーヒー豆の中では最も広く知られており、量産されるため価格も安いです。クセがなく、ブレンドのベースとして最もよく使われるコーヒーの1つです。

スポンサーリンク

澤井珈琲Beans & Leaf店のサントスNo.2

薫り★★★★☆
コク★★☆☆☆
酸味★★☆☆☆
苦味★★☆☆☆

★は5段階表記しています。
★が多いほど強くなります。
✪は★の半分になります

世界最大のコーヒー産出国「ブラジル」。
そこは、灼熱の太陽が大地にサンサンと降り注ぎ、世界中のコーヒー愛好家を魅了する、コーヒーにとって最高の環境です。

そして、雄大な太陽からサンサンと降り注ぐ光は、コーヒーチェリーを美味しく育ててくれます。
その見事に真っ赤に実った完熟のコーヒー豆を丁寧に、一粒一粒厳選し、その中でも特に大きなサイズ、別名「スクリーンNo.18」と称される豆のみを収穫いたしました。

そして、豊かに大きく実ったスクリーンNo.18のコーヒー豆を丁寧に流水で洗い上げ、ブラジルの太陽で天日乾燥させました。

澤井珈琲 ホームページより

焙煎

焙煎:ミディアムハイロースト

ミディアムハイローストはミディアムローストより少し強めに煎った程度です。ハイローストほど深煎りではありません。

証明書

ブラジル特有のナッツのようなフレーバーがあり、全体のバランスの取れたコーヒーです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事