丘の上珈琲(珈琲考房):コロンビア バレンシア・アルト

丘の上珈琲(珈琲考房) コロンビア バレンシア・アルトです。丘の上珈琲は、北海道夕張郡に実店舗がある自家焙煎珈琲店です。

コロンビア バレンシア・アルト

コロンビア

コロンビアはカリブ海と大西洋に面する南アメリカ大陸北部の国です。東にベネズエラ、南東にブラジル、南にペルー、南西にエクアドル、北西にパナマとコーヒー生産国に囲まれています。首都はボゴタ(Bogota)です。ブラジル、ベトナムについで、世界第3位のコーヒー生産大国であり、年間平均1,200万袋(1袋60kg)、720,000トンです。コロンビアは南北にアンデス山脈が縦断しているため、山岳地帯の面積が広いです。地域によって標高差が大きく、雨季と乾季が異なるため、一年を通じてコーヒーを収穫できます。

コロンビア国内の大半の生産地では収穫期が1年に2度あります。北部の地域ではメインの収穫期が11月、そして5月-6月にかけて第2期の収穫(Mitaca、ミタカ)が行われます。南部地域ではそれとは逆に、メインの収穫期が5月から6月で、ミタカは11月に行われます。

アンデス山脈では、年間1,600-1,800時間の日照時間が良質なコーヒー栽培にとって最適とされており、日照量をコントロールするためにシェード(遮光)栽培を行っています。この土地の雨季と乾季が交互で訪れる気候条件も、良質なコーヒー栽培には不可欠です。

コロンビアコーヒーは全体としては、フルーティーな風味と味わいが特徴で、柑橘系の芳醇な香り、滑らかで甘い風味、豊かなコクとほど良い酸味のあるマイルドなコーヒーです。コロンビアコーヒーは地域によって、それぞれ風味が微妙に異なります。

コロンビアのコーヒー生産地

コロンビアコーヒーは、アンデス山脈のいたるところで栽培されています。アンデス山脈は3つの連峰に別れていて、この連峰によって分けられた地域には、それぞれ気候に違いが見られます。コロンビアのコーヒー生産地域は北部、中部、南部の大きく三つに分けることができます。北部・中部の年間平均気温は20.5℃、南部の年間平均気温は19.5℃となっていて、南部より北部のほうが気温が高めです。全体的な風味の傾向としては、南部よりも北部のほうがはっきりとした酸味、しっかりとしたボディ、強いコクが感じられます。コロンビア バレンシア・アルトが生産されるウィラ県は南部に位置しています。

南部にはナリーニョ(Nariño)、カウカ(Cauca)、ウイラ(Huila)、スール・デ・トリマ(Sur del Tolima)地域があります。赤道に近いこの地域では、標高が高く、気温が低い土地で栽培されます。第1期のメインの収穫期が5月から6月で、第2期のミタカは11月に行われます。

味はコロンビアコーヒーのなかでも特に酸味が高く、パイナップルのような甘酸っぱい味わいが特徴ですが、酸味よりも甘味のほうがより優れた味わいです。

ウィラ

ウィラ、FNC コロンビアコーヒー生産者連合会ホームページより

ウィラ(Huila)はコーヒーの名産地として有名です。コロンビアの中南部に位置するウィラ県はアンデスの中央山脈と東部山脈に囲まれています。ウィラはアンデス山脈からマグダレナ川が流れ出る山脈地帯に挟まれた谷合に位置します。ウィラ県は赤道高地の火山灰の豊かな土壌が特徴です。気候条件は曇りが多く、日射時間の平均が1日に3,5時間と短めです。標高は低く、平均気温は17℃-23℃と高めです。ゲリラの活動地帯でもあるため、治安はあまりよくありません。

ウィラ県にはマグダレナ川(Magdalena)が山々を流れています。コロンビアのアンデス山脈の縦断する起伏に富んだ険しい火山地帯はコーヒー生産には適していますが、同時にコーヒーの輸送は非常に困難でした。しかし、このマグダレナ川は浅い川で急流が多いため、重要な輸送路として活用されています。そのため、マグダレナ川周辺にはコーヒー生産者が多く存在しています。

コロンビア ボリビア農園

バレンシア・アルト(Valencia Alto)を生産するボリビア農園は、コロンビア南部ウィラ県イキラ市(Íquira)ビジャ・マリアにあります。

ウィラ県イキラ市ビジャ・マリアは、ウイラ県中央部でカウカとの県境にそびえる険しい山岳地帯に位置し、マグダレナ川(Magdalena)が山々を流れています。アンデス山脈の縦断する起伏に富んだ険しい火山地帯はコーヒー生産には適していますが、同時にコーヒー豆の輸送は非常に困難でした。しかし、このマグダレナ川は浅い川で急流が多いため、重要な輸送路として活用されています。そのため、マグダレナ川周辺にはコーヒー生産者が多く存在しています。

ボリビア農園は標高は1,800mの高地に位置し、そこにそびえる丘の名前からバレンシア・アルトと名付けられました。マイクロクライメント(狭い範囲における気候や土壌などの環境条件の微妙な差異)によって、他の地域とは異なる独特の風味が生まれます。

農園主はカルメロ・ペルドモ氏です。

品種

品種はカツーラ(Catura、カトゥーラ)、タビ(Tabi)です。これらはコロンビアでよく栽培されている品種です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed、湿式) です。

水の豊富な地域でよく使われる方法です。ビジャ・マリアはマグダレナ川が流れる山岳地帯に位置し、豊かな水源に恵まれているため、こちらの方法がとられます。味はさっぱりと仕上がり、酸味が比較的強くなるのが特徴です。

コーヒーチェリーの果肉を除去(Pulping、パルピング)、18時間の発酵処理(Dry fermentation、ドライ・ファーメンテーション)、水洗を経て、アフリカン・ベットでの天日乾燥させます。

やわらかい甘味と明るい酸味、チョコレートのような濃厚さとコク、「コロンビア・マイルド」と呼ばれるように、マイルドな味わいが特徴で、とてもバランスの良いコーヒーです。

認証

こちらのコーヒーはフェアトレードのスペシャルティコーヒーです。

フェアトレードとは、貧しい国の原料や生産物を適正価格で購入することによって、生産者や労働者の生活改善と自立を促し、貿易の不公平を正すことを目的とした貿易の仕組みのことです。貿易の不公平は、途上国の生産者や労働者に賃金の安さ、過労、健康、環境への害などの、不当な負担を強います。フェアトレードにより、途上国の生産者と労働者の労働環境や生活水準が保証され、また自然環境にもやさしい配慮がなされる持続可能な取引のサイクルを作っていくことが可能となります。

コーヒーはフェアトレード認証製品市場で大きな割合を占めています。

丘の上珈琲(珈琲考房)のコロンビア バレンシア・アルト

厚みのあるまったりとした深い味わい。

心地良い渋みが特徴ですが、そこから酸味を抑えるように焼くと素晴らしいコクが生まれます。

珈琲らしさのある香りと味わいが楽しめます。

丘の上珈琲 ホームページより

焙煎

丘の上珈琲はコーヒーを中煎りで焙煎しています。取り扱いのコーヒーはすべてハイローストからシティロースト程度で焙煎され、それぞれのコーヒーの特性に合わせて強めに焼いたり、弱めに焼いたりしているものと思われます。

コロンビアのウォッシュトはシティロースト(中深煎り)が最も適した焙煎度です。コロンビアのウォッシュトは焙煎が非常に難しく、色の変化と味のバランスを見極めながら焙煎しないと、良い味が出ません。

丘の上珈琲 ホームページより

コロンビアは丘の上珈琲が取り扱うコーヒーのなかでは深煎りで、苦味も強めです。

やわらかい甘味と明るい酸味、ボディとコクがしっかりしていて、全体のバランスがとても良いです。

<参考>

「コーヒーの国、コロンビア」,FNC コロンビアコーヒー生産者連合会<http://cafedecolombia.jp/colombia/>2019年5月30日アクセス.

「産地情報 ウィラ(Huila)」,FNC コロンビアコーヒー生産者連合会<http://cafedecolombia.jp/colombia/origin-huila/>2019年10月5日アクセス





Twitterでフォローしよう

おすすめの記事