ジェームズ・ギルレイ「牛痘」とベンジャミン・モーズリー『コーヒーの性質と効果に関する論説。』

ジェームズ・ギルレイ「牛痘」とベンジャミン・モーズリー『コーヒーの性質と効果に関する論説。』

スポンサーリンク

ジェームズ・ギルレイ「牛痘」とベンジャミン・モーズリー

ベンジャミン・モーズリー

イギリスの医師であるベンジャミン・モーズリー(Benjamin Moseley, 1742 - 1819)は、ワクチンの予防接種という新しい習慣に早くから反対した人物として知られている。彼はワクチンの予防接種によって、人間が獣化するという荒唐無稽な理論を主張した。

 牛のワクチン血清が「牛マニア」を引き起こすのではないかという懸念は、ジェンナーの率直な反対者であるベンジャミン・モーズリー博士によってすでに示唆されていた。モーズリー博士は、「1798年に牛痘接種マニアがイングランドの人々を一斉に襲った」と主張した(モーズリー, 1800: 183)。モーズリーのレトリックは、この「発作」と「マニア」という言葉を基に組み立てられ、ワクチン接種はジェンナーのヤブ医療が偽りの約束と悪い科学でイギリス人の心を感染させたようなものだと表現した。モーズリーは、ワクチン接種を受けた患者が、古典神話のパーシパエーのように女性に雄牛との交尾を強要し、最終的にミノタウロスを出産させる恐ろしい獣のような病気を発症しているという恐ろしい警鐘を鳴らす形で報告した。モーズリーが「四足歩行の同調」と揶揄したように、牛と人間の雑種という不潔な種族を生み出す結果となったのは、人間の体に牛の本質を注入したことによる結果だけではない。(モーズリー, 1800: 183; 強調は原文)。モーズリーの道徳的戦略は、「牛マニア」を、罪、過剰、逸脱した性の病気である梅毒と結びつけることにもあった。デビッド・シャトルトンは、モーズリーの牛痘リンパに関する新語「Lues Bovilla, a bestial humour」は、ジェンナーの「Variolae Vaccinae」という言葉に対抗して、牛痘が梅毒の獣的な形態であるという意味合いを助長するために、意図的に「Lues Venerea」(すなわち、梅毒)の語源を翻案したものであることを指摘している(シャトルトン, 2007: 184)。モーズリーの扇情的なレトリックは、ブルームフィールドが主張したジェンナー式ワクチン接種がイギリス国民にもたらす安全性に対して、懐疑的な抵抗を引き起こした:「架空の安全が長年続いた後、家族にどんな悲惨がもたらされるだろうか!」(モーズリー, 1800: 184)。

This fear that bovine vaccine serum would cause “Cow-Mania” had already been suggested by Jenner’s outspoken opponent, Dr. Benjamin Moseley, who claimed that “in the year 1798 the Cow Pox Inoculation Mania seized the people of England en masse” (Moseley, 1800: 183). Moseley’s rhetoric built upon this language of “seizure” and “mania” to represent vaccination as Jenner’s quackery infecting English minds with its false promises and bad science. His mudslinging took the form of alarmist reports that vaccinated patients were developing a scrofulous bestial disease that compelled women, like Pasiphaë from classical mythology, to copulate with bulls and ultimately give birth to minotaurs. The transference of what Moseley mockingly termed a “quadrupedan sympathy” that would result in the unwholesome production of a race of cow–human hybrids was not the only consequence of injecting human bodies with the essence of cows (Moseley, 1800: 183; original emphasis). Moseley’s moralistic strategy also relied on connecting ‘Cow-Mania’ with syphilis as a disease of sin, excess, and deviant sexuality. David Shuttleton notes how Moseley’s neologism for cowpox lymph, the “Lues Bovilla, a bestial humour,” “is an etymological adaptation of Lues Venerea (i.e., syphilis) deliberately designed to counter Jenner’s term Variolae Vaccinae and foster the implication that cow-pox implants a bestial form of syphilis” (Shuttleton, 2007: 184). Moseley’s inflammatory rhetoric drew skeptical resistance to the security Bloomfield argued that Jennerian vaccination would bring to the English public: “What misery may be brought on a family after many years of imaginary security!” (Moseley, 1800: 184).

Travis Chi Wing Lau(2020)"Inventing Edward Jenner Historicizing anti-vaccination"p.130
James Gillray"The Cow-Pock-or-the Wonderful Effects of the New Inoculation!"

モーズリーの主張した理論は、ジェームズ・ギルレイ(James Gillray)の「牛痘」(原題:The Cow Pock)という有名な風刺画の題材となった。

モーズリーは、1768年から16年間診療を行っていたジャマイカでの滞在中に、赤痢などの病気の他に、コーヒーや砂糖などの島の作物について研究し、小冊子を出版している。彼は『コーヒーの性質と効果に関する論説。』(原題:A Treatise Concerning the Properties and Effects of Coffee. )において、ジャマイカでのコーヒー生産を促進することを推奨している。ここでは、初期のジャマイカのコーヒーに関して貴重な記録が残されている序文を翻訳して紹介する。

スポンサーリンク

ベンジャミン・モーズリー『コーヒーの性質と効果に関する論説。』

序文

 私は自分が先進的であることを裏付けるために、多くの権威を集めた。 私の意見には争うべき偏見があるが、それが特異であるという理由で異議を唱えられず、私自身の証言以外には支持されないと見なされるかもしれない。

 コーヒーの一般的な使用によって国民が個々に得るであろう有益な利点について考えるとき、その植民地での栽培を拡大することによって親国にもたらされる政治的利益についても考えないことはできない。

 植民地の人々自身にとっても、その目的は非常に大きなものである;西インド諸島のような帝国の重要な部分の繁栄は、間違いなく、この国の側に最も寛大な注意を払うことを要求してる。

 我々のプランテーションの生産物から、ネッケルがフランスの植民地について「浅はかで無知な者だけが過小評価する」と表現したように、「壮大な財産」が生まれる。この国は歳入を大幅に増やし、生活の最も豊かな品々(おそらく今では必需品)の1つを完全に供給している。しかし、最近になって、神の手によって助けられた苦難や、公共の脅威が彼らに課した重荷のために、多くのプランターが破滅に追い込まれている。しかし、このような事態を免れることができたのは、勇敢な徳のある人々の努力のおかげである。

 白人の人口は、島の大きな財産であるが、劣等な主食となる穀物を栽培する者が中心であり、その中でも現在はコーヒーが主である;この人口は、常に主食の増加または減少に比例している。インディゴを例に挙げると、ジャマイカでインディゴが奨励されていた頃、非合法な関税が課され、わが国の植民地でのインディゴ栽培が消滅し、フランスに渡ってしまう前は、その土地には現在よりもかなり多くの白人が居住していたのだが、現在その土地では当時の5倍の砂糖とラムが生産されている。

 わずかな資本金で栽培できるコーヒーは、小金持ちがこの島で定住する大きな理由となっている。貿易で不運な目に遭った投資家や、より大きな賭けに失敗した人にとっても、信用できる避難所である。ー 労働は軽く、多くの部分は子供たちによって行われるため、安全な仕事である。この仕事が行われる場所と土壌は、乾燥していて、健康的でなければならない。特にコーヒーの栽培は、植民地における有益な住人の苗床となり得る。

 コーヒーに最も適した土壌は、幸いにも他のあらゆる目的から免除されるようなものである。他の目的では挫折してしまうような広大な土地も、暑い気候の中で過酷な労働による死亡や犠牲を伴わず、これまでと同じように利益を上げることができるかもしれない。

 コーヒー農園に住む多数の小家族が、島の内陸部にある小さな集落に分散しているため、山や木の多い土地を開拓し、道路や通信手段を整備する必要がある。

 このようにして住民は安全に暮らし、あらゆる財産が相応の価値と安全性を獲得している。逃亡した黒人たちの隠れ家は開放され、略奪や略奪行為は未然に防がれ、反乱の陰謀はその隠れ家を奪われる。ーこのようにして、農園主の信用と商人の安全は堅固な基盤の上に築かれる:ーこれまで何度も祖国の平穏を乱し、国内外の多くの個人を破滅させてきた、島が祖国に支払う膨大な歳入を大きく減額させることすることなった騒動が防止される*。

*1781年の関税と物品税を計算すると、ジャマイカの生産物だけで年間約1,344,312シリングになる。

 さらに、臨時の民兵を構成する多数の兵隊の重要性は、植民地を知る者にとっては明らかであり、ほんの少しの疲労と遊びにさらされるだけで、経験の浅いよそ者を滅ぼすのに十分であることを知らないものはいないだろう。

 住民は、突然の緊急事態に備えて常に準備ができており、現地の事情に精通し、気候にも慣れているため、何も知らされていない未熟なヨーロッパの軍隊ではできないサービスを行うことができる;また、関心や愛着があまり働かない場合でも、植民地の住民は「頼る」ことができるのである;ーこのような例は、先の戦争中の出来事で多く見られた。

 ジャマイカの民兵は、戒厳令が敷かれていた様々な時期に、ほとんど自衛することしかできない状況下で、毅然とした態度を示したことは、彼らの名誉のためにも忘れてはならない。困難を冒してここに運ばれ、ここに送り込まれ、多額の費用をかけて維持された軍隊の多くが病院で命を落としている間に、島の民兵は熱気を帯びた疲労に耐えながら、自分たちのために忠実に戦った;主に彼ら自身の、そして付け加えれば、それは非常に大きな出費であった。私は当時、島の外科医総監であり、民兵の世話をし、また正規軍のキャンプも担当している時に、私が述べている事実を目撃した。

 実際のところ、砂糖プランテーションは、所有者や政府にとって大きな富の源泉であるにもかかわらず、黒人の反乱に対する国内の安全保障のために十分な数の白人を雇用していない。生産は単純で、労働はすべて奴隷によって行われている。ジャマイカの不足に関する法律では、30人の奴隷ごとに1人の白人を雇うように定められているが、不足するごとに年間30ポンドの罰金が科せられる、ーしかし、白人の使用人は高額であり、砂糖を作る目的ではこの割合より少ない人数で十分であるため、この法律はしばしば破られ、罰金が科せられている。

 したがって、劣悪な主食商品の栽培は、砂糖植民地の存在そのものに必要であり、現在一般に想像されているよりも、多くの点で有益であることが証明されると確信している。ーここには、植民地愛国主義のための開かれた、感謝に満ちた領域がある。ここでは、愛国者は、妬みからの反発も、恩義からの失望も感じることはない。ーここには、祖国への愛を証明し、人類にとって忘れられない恩恵を永続させる機会がある;性格的にも状況的にも注目されるべき人たちが名乗り出て、不当な表示によって国民が被った不利益を指摘し、砂糖植民地の利益がわが国の最善の利益に他ならないことを指摘するならば、国民の間には、4,000キロ離れた場所で産業活動を行っている王国の被支配人が、彼のそばで生活している国内の製造業者と同様に、国にとって有益な仕事をしている可能性があること理解するに足る良識が、国民の間で欠けることはないだろう;冬の間、キツネの猟犬を置いて1、2回浮動票を投票し、残りの期間は怠惰と無知のうちに彼のサビニの土地に引きこもっている地方の従者と同様に、その保護に値するのである。

 ニコラス・ローズ卿は、ジャマイカにコーヒーを植えた最初の人物である;ーしかし、彼はその3年後の1731年に亡くなったため、コーヒーの栽培が大きく進展することを喜べなかった。

 1732年、この島の農園主や商人の何人かがこの事業の後援者となり、適切な奨励を受ければ、この事業が島にとって重要なものとなり、コーヒーが繁栄する主食となることを確信して、イギリスがジャマイカからコーヒーを輸入する際の島の関税を引き下げるように議会に働きかける費用を捻出するために、220l. losを寄付したのである。当時は1cwt(50.848kg)あたり10l.シリングだった。

 この事実は現在ほとんど知られておらず、この島が彼らの働きに対してどのような義務を負っているかを考慮するならば、植民地の恩人であり、国家の友人である彼らの記憶に適切な賛辞を捧げるために、彼らの名前を挿入する機会を得られたことは喜ばしい。

 ジャマイカの土地にコーヒーの栽培を奨励するための、議会への申請の費用を賄うために、上述の手数料をロジャー・ドレイク社に下記の金額を寄付した人々の一覧表である。

 同年に、そしてこの勧誘の結果として、ジョージ2世の法令5 「アメリカのプランテーションでコーヒー栽培を促進するための法令」が可決された。ー前文には、ジャマイカの土壌と気候がコーヒーの生育に特に適しており、英国に輸入される英国産プランテーションコーヒーの関税が1ポンドあたり2シリングから18ペンスに引き下げられていることが記されている。そして、ここでは何年にもわたって大挙し、年間約10,000l.の収益を生み出した。数年前、西インドのプランターの代表であり、財務大臣のジョン・キャベンディピー卿は、さらに1シリングの非常に重要な減額に同意した。これは、将来のすべての資本家に最も有益な教訓を与えた。ー現在の1ポンドあたりの6ペンスの関税は、18ペンスだった頃に受け取った金額の約3倍を実際に生み出している:重税はそれ自体の目的を打ち破るという教義は、まさに真実である。

 1エーカーの土地に1,100本のコーヒーの木が植えられていると計算されているが、この木は種を蒔いてから18ヶ月で実をつける。この木は7年から8年は実をつけ続けるーそれぞれの木は、最初の実をつけた後、中程度の重さで平均して1.5から2ポンドの実をつけるだろう。そして、6人から8人の使用人は、自分たちのために土地を耕すことなく、10または12エーカーを管理することができる。このように計算すると、1エーカーの土地は、天候が悪くないと仮定すると、年間1,700から2,200ポンドの重量が収穫でき、市場に出すと9l. 15s.から12l. 15s.シリングで売却できるだろう。確かに、これはわずかな利益である;関税だけでは1ポンドあたり6ペンスであるのに対し、1ポンドあたり5ファーシングをわずかに超える程度だからだ。砂糖に対する関税と同じにした場合、1エーカーあたりの中間利益は年に約40l.円になる。現在、この商品とジャマイカの砂糖の純利益は、1エーカーあたりほぼ同額で、10l.または12l.シリングである。

 1752年に、ジャマイカから輸出されたコーヒーの重量は60,000ポンドだったが、1775年には440,000ポンドとなった。ー現在の1ポンドあたり6ペンスの関税下では、輸出量は減少するよりもむしろ増加することが予想される。しかし、この関税が低くなるまで、または少なくとも外国のコーヒーが英国市場でそれとの競争に参加することが許可されるまで、西インド諸島で非常に広範な栽培の対象になる可能性は低い。ジャマイカのプランターたちは、様々な経験と賞賛に値する努力を重ねた結果、アラビアのコーヒーに匹敵するように実を栽培し、摘み取り、世話をする技術を身につけた;栽培が現在のように十分に行われる前に、この島で生産されたいくつかのコーヒーを、ロンドンのディーラーたちは、それが東から持ち込まれた最高のものよりも優れていると評価した。

 「サンプルのうち2つは最高のモカコーヒーと同等で、2つ以上はロンドンの食料品店で手に入るどんなコーヒーよりも優れていた、それのために摘み取ったコーヒーの値段を払うのでなければ、それは最高のコーヒーと呼ばれるものよりも1ポンドあたり2シリング高い。残りのすべてサンプルが悪いコーヒーと言うわけではなく、食料品店が最高のコーヒーと呼ぶものに比べても、ほとんど劣っていない。*」

*Mr. Stephen Fuller's Letter to the Committee of Correfpondencc in Jamaica, dated, London, 28th July, 1783.

 どのような革命が我々の商取引の性質を変える可能性があるか、予見することができたとしても、私の州では調査することはできない;しかし、イングランドの立法府とその植民地は、ヨーロッパが東インド諸島で購入するそれらの物品の代わりになるを供給することができる、あらゆるものの成長を促進し保護することによって、フランスの実践において、彼らの前に賢明な模範がある。「ピエメンタ」または「ピメント」(Myrtus Arborea Aromatica foliis laurinis)、一般的にオールスパイスと呼ばれるものは、クローブ、シナモン、ジュニパーベリー、ナツメグ、ペッパーで構成されたフレーバーを持つことから、ジャマイカ特有のスパイスである*:東から持ち込まれる香辛料よりも美点が多く、一般的な生活の目的や贅沢にも適用できる。ヨーロッパで「ピメント」がヨーロッパで変えられるさまざまな用途は、それを育てる人々にはほとんど知られていない。私は少なくとも1つの秘密を明かすことができる。それは、「アルカネットの根」で着色して古びた感じを出したピメントの精油が、ヨーロッパ中でクローブの精油の代わりに使われているということである*。

*12,000から15,000袋のピメントが、ジャマイカから毎年英国に輸入されている:各袋には約100ウェイトが含まれている。1ポンドあたり約2ペンスの関税を支払う。

*ピメントの主な風味はクローブの風味に似ている:その油はスパイスの油に正確に似ていて、同じように水中に沈む 。油は主にクローブの油と同じように、殻や皮層の部分に存在する。

 ハンス・スローン卿は、フィロソフィカル・トランザクションズ 第2巻の667ページで、このように述べている。「ピエメンタは、一般的なスパイスの中では、最も温和で、穏やかで、無邪気なものと言ってもよく、この種の東インドの商品の中では、今よりももっと大きな成功を収め、より多くの地位を得るのに適している;そのほとんどすべてをはるかに凌駕し、肉の消化を促進し、硬いユーモアを弱め、熱気を適度にし、胃を強化し、ガスを排出し、腸に優しい働きをすることが、我々がこのスパイスから一般的に期待できることである。」

 東の高価で遠大なスパイスのこの劣等性に対して、私は十分な証言をすることができる:ーさらに、問題の香辛料は、わが国の植民地の産物であり、そこでは非常に豊富に生育しているため、イギリスの貧しい人々がその優れた特性によるすべての快適さを享受できるような価格で購入することができるということも考慮すべきである;私はこのことを、これから彼らに十分に知らせる余裕があることを望んでいる。

 我が国の植民地との交流を深めるあらゆる物品を奨励することは、我が国の商業を発展させることになる。東インドのすべての主要産品の支払いは、わが国の製造元で行われているが、物々交換されるものの栽培に従事する人数に比例して、その生産量は増加するはずである。我らの西インド諸島は、種子や地金を枯渇させることなく、我々が世界の他の地域で枯渇している商品の多くを供給することができる*。物資を輸送し、それらの商品をヨーロッパに輸送する際に必然的に雇用される船員と船積みの量は、非常に多くなければならない。これらの意見に加えて、自国の植民地を奨励しないことの政治的な不利益は、長年にわたってわが国の市場に供給してきた他国の植民地を奨励しなければならないことであり、その結果、わが国の歳入が減少し、植民地が貧しくなることであると付け加えなければならない。

*東インドの会社は、モカコーヒーの種子に代金を支払う。元の費用は1cwtあたり約7l.シリングである。

 製造のいくつかの分野での我々の優位性が、いつまで続くかは不明だが、それらが現在の富の源泉であることは間違いない;しかし、自国の生産物を向上させ、海外にいる自国の労働者に雇用を与えるような商品を国内で消費することを奨励することで、英国は植民地を豊かにし、それに比例した利益を得ることができる;また、植民地の愛着を深め、帝国の最も価値のある恒久的な商業を生み出す、その財産を守るために欠かせない人口を確保することができる。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事