コロンビアのコーヒー生産地:トリマ

コロンビアのコーヒー生産地 トリマ

スポンサーリンク

トリマ

産地情報 トリマ(Tolima) 出典:FNC コロンビアコーヒー生産者連合会

トリマ(Tolima)は、コロンビア(Colombia)アンデス自然地域(英語:The Andean (natural) region、スペイン語:La región Andina​​​ (de Colombia))中部に位置するコーヒー生産地です。

トリマは、コロンビア中部に位置するコーヒー生産地です。コロンビア第3位のコーヒー生産地で、国内生産量の12.8%を占めます。

トリマは、標高約1,300m - 1,700mで、年間降水量2,000mm - 3,000mm、平均気温22℃、コーヒー栽培に適した環境です。

地理的表示

コロンビアでは、1927年にコロンビアコーヒー生産者連合会(FNC)(英語:Colombian Coffee Growers Federation、スペイン語:Federación Nacional de Cafeteros de Colombia)が設立されてから、コロンビアコーヒーの品質を保護する取り組みが続られてきました。現在、世界中で100%コロンビア産表示のロゴを使用した2,000以上のコーヒーが販売されています。

2005年2月に、カフェ・デ・コロンビア(Café de Colombia)が、コロンビア初の原産地呼称の認定を受けました。

コロンビアコーヒー生産者連合会(FNC)は、2006年からGI制度の他地域における実行可能性の調査を始めました。2010年8月に、コロンビアコーヒー生産者連合会(FNC)はコロンビア政府からコーヒーの規制団体に任命されました。そして、2011年にカフェ・デ・ナリーニョ(Café de Nariño)とカフェ・デル・カウカ(Café del Cauca)、2017年にカフェ・デル・トリマ(Café del Tolima)が原産地呼称の認定を受けました。

トリマのコーヒーの一般的な特徴として、際立つアロマ、中〜強い酸味、ミディアムボディ、キレの良い味、甘さのある淡いフルーティーな香りが挙げられます。

トリマ(Tolima):https://cafedecolombia.jp/colombia/origin/origin-tolima/

トリマ Tolima:https://real-coffee.net/category/coffee-origin/south-america/colombia/andean-natural-region/tolima

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事