工房 横井珈琲:インドネシア アチェ ハズビー

工房 横井珈琲 インドネシア アチェ ハズビーです。

工房 横井珈琲(YOKOI COFFEE)は、1996年に創業した北海道札幌市西区発寒に本店を置くスペシャルティコーヒー専門店です。オーナーは、横井 力(よこい ちから)です。

インドネシア アチェ ハズビー

スポンサーリンク

アチェ ハズビー

インドネシア アチェ ハズビー(Indonesia Ache Hasbee)は、インドネシア(Indonesia)スマトラ島(Sumatra)北部アチェ特別自治州(Aceh)在住のコレクター、ハズビー(Hasbee)によって作られたロットです。ハズビーが束ねる北部アチェ特別自治州タケンゴン(Takengon)の標高1,600m - 1,800mの約120の小規模生産者によって生産されています。

この生豆は、トーアコーヒー(Toa Coffee)の取り扱いです。

アチェ州のマンデリン生産の中心であるタケンゴンから南西方向、山岳地帯を  走る道路を車で1時間ほど登った山間部にアルールバダは 位置します。 
インド洋側を背骨のように伸びるブキット・バリサン 山脈の尾根伝いに広がる  アルールバダはマンデリン栽培地域の中でも 最も標高の高い地域のひとつです。 
1950年代までこの地には野生のサイ(Rhino)が生息していましたが 残念ながら 乱獲により絶滅。象徴するものとして名付けました。
アルールバダは2005年にインドネシア政府とアチェ自由運動(GAM) との間で  和平合意が成立した後、人々が再びコーヒー生産に戻る中で発展してきた産地で す。
そのため当初は他の地域同様に多産のハイブ リッド種であるアテン(Ateng) を中心に栽培されてきましたが、その標高とマイクロクライメイトから アルールバダだけに確認される非常にユニークな香味のあることを確認。    
この特長を最大限に活かすため、他地域の豆が混ざらないようにアルールバダ在住のコレクター、ハズビー氏と協働し生産者から直接パーチメン トを買付しています。 

トーアコーヒー

品種

品種はジェンベル(Jember)、アテン(Ateng)、ティムティム(TimTim)です。

精製方法

精製方法はスマトラ式(ギリン・バサ(Giling Basah)、ウェット・ハル(Wet Hulling))です。

スポンサーリンク

工房 横井珈琲 インドネシア アチェ ハズビー

インドネシア アチェ ハズビー
インドネシア アチェ ハズビー

ビターキャラメルチョコレートのようなフレーバーと滑らかな質感、後口にアーシーフレーバーが残ります。冷めてくると、クリームのような厚みのある口当たりが生まれます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事