スターバックス リザーブ®:コロンビア モンクス オブ サンロケ

スターバックス リザーブ®のコロンビア モンクス オブ サンロケです。スターバックスは言わずと知れた世界的なコーヒーチェーンです。スターバックス リザーブ®は一部限定店舗でのみ取り扱われる希少なコーヒー豆です。お店で飲むこともできますが、豆を購入することもできます。お店ではクローバーというスターバックス独自の抽出マシーンで淹れたコーヒーを飲むことができます。

コロンビア モンクス オブ サンロケ

コロンビア

コロンビアはカリブ海と大西洋に面する南アメリカ大陸北部の国です。東にベネズエラ、南東にブラジル、南にペルー、南西にエクアドル、北西にパナマとコーヒー生産国に囲まれています。首都はボゴタ(Bogota)です。ブラジル、ベトナムについで、世界第3位のコーヒー生産大国であり、年間平均1,200万袋(1袋60kg)、720,000トンです。コロンビアは南北にアンデス山脈が縦断しているため、山岳地帯の面積が広いです。地域によって標高差が大きく、雨季と乾季が異なるため、一年を通じてコーヒー豆を収穫できます。

コロンビア国内の大半の生産地では収穫期が1年に2度あります。北部の地域ではメインの収穫期が11月、そして5月~6月にかけて第2期の収穫(mitaca、ミタカ)が行われます。南部地域ではそれとは逆に、メインの収穫期が5月から6月で、ミタカは11月に行われます。

アンデス山脈では、年間1,600-1,800時間の日照時間が良質なコーヒー栽培にとって最適とされており、日照量をコントロールするためにシェード(遮光)栽培を行っています。この土地の雨季と乾季が交互で訪れる気候条件も、良質なコーヒー栽培には不可欠です。

コロンビアコーヒーは全体としては、フルーティーな風味と味わいが特徴で、柑橘系の芳醇な香り、滑らかで甘い風味、豊かなコクとほど良い酸味のあるマイルドなコーヒーです。コロンビアコーヒーは地域によって、それぞれ風味が微妙に異なります。

コロンビアコーヒーは、アンデス山脈のいたるところで栽培されています。アンデス山脈は3つの連峰に別れていて、この連峰によって分けられた地域には、それぞれ気候に違いが見られます。コロンビアのコーヒー生産地域は北部、中部、南部の大きく三つに分けることができます。北部・中部の年間平均気温は20.5℃、南部の年間平均気温は19.5℃となっていて、南部より北部のほうが気温が高めです。全体的な風味の傾向としては、南部よりも北部のほうがはっきりとした酸味、しっかりとしたボディ、強いコクが感じられます。コロンビア モンクス オブ サンロケが生産されるウィラ県は南部に位置しています。

南部にはナリーニョ(Nariño)、カウカ(Cauca)、ウイラ(Huila)、スール・デ・トリマ(Sur del Tolima)地域があります。赤道に近いこの地域では、標高が高く、気温が低い土地で栽培されます。第1期のメインの収穫期が5月から6月で、第2期のミタカは11月に行われます。味はコロンビアコーヒーのなかでも特に酸味が高く、パイナップルのような甘酸っぱい味わいが特徴ですが、酸味よりも甘味のほうがより優れた味わいです。

ウィラ県

ウィラ、FNC コロンビアコーヒー生産者連合会ホームページより

ウィラ県(Huila)はコーヒーの名産地として有名です。コロンビアの中南部に位置するウィラ県はアンデスの中央山脈と東部山脈に囲まれています。ウィラはアンデス山脈からマグダレナ川が流れ出る山脈地帯に挟まれた谷合に位置します。ウィラ県は赤道高地の火山灰の豊かな土壌が特徴です。気候条件は曇りが多く、日射時間の平均が1日に3,5時間と短めです。標高は低く、平均気温は17℃〜23℃と高めです。ゲリラの活動地帯でもあるため、治安はあまりよくありません。

ウィラ県にはマグダレナ川(Magdalena)が山々を流れています。コロンビアのアンデス山脈の縦断する起伏に富んだ険しい火山地帯はコーヒー生産には適していますが、同時にコーヒー豆の輸送は非常に困難でした。しかし、このマグダレナ川は浅い川で急流が多いため、重要な輸送路として活用されています。そのため、マグダレナ川周辺にはコーヒー生産者が多く存在しています。

ウィラ県では、37の自治体のうち35の自治体でコーヒーを栽培しています。

コロンビア モンクス オブ サンロケ

オポラパ市、COLOMBIA Turismo Webより

コロンビア モンクス オブ サンロケ(Colombia Monks of San Roque)はウィラ県オポラパ(Oporapa)サンロケ(San Roque)で生産されます。

1860年まで、オポラパとそれに隣接するサラドブランコ(Saladoblanco)の自治体はエリアス(Elias)教区によって管理されていました。オポラパという自治体の名前は、先コロンブス期にこの場所に住んでいたオポラパ(Oporapas)またはオポラベ(Oporabes)という先住民に由来しています。

オポラパはウィラ県の中でも観光地として知られています。豊富な水に恵まれた地理的条件で、農業活動が盛んです。オポラバではラス・ピサラス(Las Pizarras)以外のすべての自治体でコーヒーが生産されています。

このオポラパという自治体のサンロケという地域では、約100の生産者がコーヒーを栽培しています。

サンロケのフランシスコ会の教会

サンロケのフランシスコ会の教会、TV Laboyanaより

この地区にはコロンビアで3ヵ所しか残っていないフランシスコ会の教会(Monasterio Franciscanos)が残っています。このフランシスコ会の教会はコーヒー農園を見下ろす丘の上に建っており、毎週日曜日の早朝になると大勢の人が集まってきます。

品種

品種はカツーラ(Caturra、カトゥーラ)種、カスティージョ(Castillo)種、コロンビア(Colombia)種です。コロンビアで広く栽培されている品種で、この地域でも長く栽培されています。これらの品種については堀口珈琲の堀口俊英氏の解説に詳しいです。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed、湿式)です。ウォッシュトは収穫したコーヒーチェリーをパルピング(pulping、果肉除去)し、発酵と水洗い後、パーチメント(Parchment)付きコーヒー豆を乾燥させ脱穀する方法です。ウォッシュトでは水洗いするためキレイな味わいに仕上がります。

スターバックスとコロンビア

スターバックスはコーヒー生産者とコーヒー業界を支援することを目的に、コーヒー生産各国にファーマーサポートセンターを開設しています。コロンビアでは、2013年にマニサレス(Manizales)にファーマーサポートセンターを開設しました。

TASTING NOTES:
Bright with caramel accents and a black walnut character.

スターバックス 商品説明ページより

ナッツのようなフレーバー、キャラメルのような甘味があり、コロンビアらしいマイルドのコーヒーです。

スターバックス リザーブ®のコロンビア モンクス オブ サンロケ

STARBUCKS RESERVE®とは

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックスホームページより

こちらが商品説明のカードです。コーヒーについて詳しい説明が書いてあります。

※ラベルデザイン
このカードのデザインは、コロンビアでたった3か所にしか残っていないフランシスコ会の教会の一つで、コーヒーが栽培される丘の上に建つ、質素な修道院から着想を得ています。この地域において僧侶や修道院は、文化、農業、経済的発展において、生産者たちに深く影響を及ぼしてきました。その、生産者たちに綿々と受け継がれている信仰とコーヒー栽培の伝統を、大地を思わせる色味と教会の建物が表現しています。

スターバックスホームページより

100gと250g単位で売っています。こちらは100gです。

焙煎

スターバックスは、コーヒーをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。こちらのコロンビア モンクス オブ サンロケはスターバックスミディアムローストであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアムロースト

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

欠点豆が若干あります。

ナッツのようなフレーバーとキャラメルのような甘味が印象的です。ミディアムボディで甘味と苦味のバランスの取れたコーヒーです。

<参考>

「産地情報 ウィラ(Huila)」,FNC コロンビアコーヒー生産者連合会<http://cafedecolombia.jp/colombia/origin-huila/>2019年11月2日アクセス.

「OPORAPA」,COLOMBIA Turismo Web<http://www.colombiaturismoweb.com/DEPARTAMENTOS/HUILA/MUNICIPIOS/OPORAPA/OPORAPA.htm>2019年11月2日アクセス.

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事