パナマ ロス・カンタレス農園

パナマ ロス・カンタレス農園

スポンサーリンク

ロス・カンタレス農園

ロス・カンタレス農園(Los Cantares Estate)は、パナマ(Panama)チリキ県(Chiriquí Province)ティエラ・アルタス地区(Tierras Altas District)ボルカン(Volcán)に位置する農園です。

農園主はマリー・ジャッキー・マーサー・バラリノ(Marie Jackie Mercer Vallarino)です。

ロス・カンタレス農園は、1929年に設立されたボルカンで最初にコーヒーを生産し、輸出した農園の1つです。バル火山国立公園の近くに位置しており、この農園の最初の200m以内には、チリキ・ビエホ川(Chiriquí Viejo River)が流れており、農園の片側を中心地から切り離しています。この川の隔たりと、農園を囲む20ヘクタールの原生林が、農園内に非常に特殊なマイクロクライメイト(微気候)をもたらしています。

品種

ロス・カンタレス農園には、標高1,500m - 1,595m、面積50ヘクタール、1ヘクタールあたり約6,600本のコーヒーノキが植えられています。

栽培品種はティピカ(Typica)、カツアイ(Catuai)、カツーラ(Caturra)、ブルボン(Bourbon)、サン・ラモン(San Ramon)、ゲイシャ(Geisha)等です。

ゲイシャは農園で一番高い標高1,650mで栽培されており、初収穫は2012年でした。2012年のベスト・オブ・パナマ(BoP)(Best of Panama)では、カンタル・ドン・ティト(Cantar Don Tito)がゲイシャ・ウォッシュト(Geisha Washed)部門で第1位に輝きました。

2012I PlaceGeisha WashedCantar Don Tito90.86
2013VII PlaceCaturra NaturalReyna Mora89.59
2014II PlaceGeisha NaturalCantar Dorado Ruiseñor 
2014VI placeGeisha WashedCantar Don Tito 
2015VIII PlaceGeisha WashedCantar Don Tito90.75
2015VIII PlaceGeisha NaturalCantar Dorado Ruiseñor90.00
2016 Geisha WashedCantar Don Tito92.25
2016 Geisha NaturalCantar Dorado Ruiseñor90.33
2017V PlaceGeisha NaturalCantar Dorado Ruiseñor92.07
2017X PlaceGeisha WashedCantar Don Tito90.45
2018II PlaceGeisha WashedCantar Don Tito93.59
2018 Geisha NaturalCantar Dorado Ruiseñor90.32
2018III PlaceCaturra NaturalReyna Mora88.46
Best of Panama
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事