パナマのコーヒーのブランド(ボケテ地区):カフェ・パロ・アルト

カフェ・パロ・アルト

スポンサーリンク

カフェ・パロ・アルトとテッドマン家

カフェ・パロ・アルト(Café Palo Alto)は、テッドマン家(Tedman Family)が経営するパナマ(Panama)チリキ県(Chiriqui Province)ボケテ地区(Boquete District)のコーヒー会社です。

カナダ人のフランク・テッドマン(Frank Tedman)は、フランスによるパナマ運河建設時の浚渫船の船長でした。彼は1892年頃にボケテ地区へと旅行し、この地域の村の創設者の1人となり、アラビカ種コーヒーの栽培の先駆者となりました。彼の長男であるフランク・テッドマン・ランダウ(Frank Tedman Landau)は、セシリア・マッキンタイア・ローザス(Cecilia Macintyre Rosas)と結婚しました。彼女は同郷のカナダ人であり、カフェ・コトワ(Café KOTOWA)の創業者であるアレクサンダー・ダンカン・マッキンタイア(Alexander Duncan Macintyre)の娘でした。

フランクとセシリアは6人の子供に恵まれ、家族による農園事業を拡大し、20世紀初頭にこの地域で最大の処理能力を持つベネフィシオ(精製所)の1つを所有するコーヒーの大手輸出業者となりました。

現在テッドマン家の第3世代は、アルト・リノ(Alto Lino)に位置するラ・フアニータ(La Juanita)、パロ・アルト(Palo Alto)とパルミラ(Palmira)に位置するA.D. マッキンタイア(A.D. Macintyre)の、アラビカ種コーヒーを栽培する3つの農園を所有しています。ここで栽培されたコーヒーは、フランク・テッドマン・マッキンタイア(Frank Tedman Macintyre)の経営するパロ・アルト・アグロインダストリアル株式会社(Palo Alto Agroindustrial S.A.)に販売されます。この会社はまた、標高1,200mから1,500mで栽培された他の農園のコーヒーも購入しています。これらのコーヒーは、国内市場およびアメリカ合衆国、カナダ、チリ、台湾、香港などに販売されます。

2002年から、カフェ・パロ・アルトはフランク・テッドマン・マッキンタイアが経営しており、妻のギルダ(Gilda)と子供のフランク4世(Frank Ⅳ)が経営をサポートしています。

<参考>

Café Palo Alto Instagram<https://www.instagram.com/paloaltocoffee/>

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事