パナマ ベロアス・カフェ・ゲイシャ

パナマ ベロアス・カフェ・ゲイシャ

スポンサーリンク

ベロアス・カフェ・ゲイシャ

ベロアス・カフェ・ゲイシャ(Berroas Café Geisha)は、パナマ(Panama)チリキ県(Chiriquí Province)ティエラ・アルタス地区(Tierras Altas District)ボルカン(Volcán)のコーヒー会社です。

1940年、フェルナンド・ベロア(Fernando Berroa)は、現在のティエラ・アルタス地区ボルカン、特にシジャ・パンド(Silla Pando)にあるバジェ・ベルデ農園(Finca Valle Verde)(グリーン・バレー農園)を取得し、当初は家畜に専念していました。

1950年、彼はアラビア種のコーヒー栽培に乗り出し、当時プリンセサ・ジャンカ・コーヒー(Princesa Janca Coffee)のパートナーになることを許されました。1968年に農園が火事で全焼し、コーヒー栽培が中断されるまで、フェルナンドはコーヒー栽培を続けました。

フェルナンド・ベロアの息子であるアダン・ベロア・ガルシア(Adán Berroa García)は、バジェ・ベルデ農園の一部を取得し、50年以上の伝統に従って牛の飼育と肥育の活動を続けましたが、コーヒー栽培も忘れることなく続けました。

2014年、アダン・ベロア・ガルシアは、息子のフェルナンド・ベロア・ホバネ(Fernando Berroa Jované)とリカルド・ベロア・ホバネ(Ricardo Berroa Jované)とともに、スペシャルティコーヒーの栽培に適した地域の、標高1,700m以上に達する農園の自然特性を生かし、コーヒー農園への参入を決意し、世界で最も高級品種の1つとして際立っているゲイシャ(Geisha)を動機に、ベロアス・カフェ・ゲイシャを開始しました。

ベロアス・カフェ・ゲイシャは現在、100%ゲイシャを生産していますが、将来的にはパカマラ(Pacamara)やその他の品種の生産も計画しています。

ベロアス・カフェ・ゲイシャ Berroas Café Geisha:https://real-coffee.net/category/coffee-origin/central-america/panama/tierras-altas/volcan/berroas-cafe-geisha

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事