NOZY COFFEE:コスタリカ ラ・コンチャ農園 ロテ・ホアナ

NOZY COFFEE コスタリカ ラ・コンチャ農園 ロテ・ホアナです。

NOZY COFFEEは、東京都渋谷区のスペシャルティコーヒー店です。創業者は、能城 政隆(のうじょう まさたか)です。

コスタリカ ラ・コンチャ農園 ロテ・ホアナ

スポンサーリンク

ラ・コンチャ農園

ラ・コンチャ農園(Finca La Concha)は、コスタリカ(Costa Rica)サン・ホセ州(San José Province)レオン・コルテス・カストロ・カントン(León Cortés Castro Canton)ジャノ・ボニート(llano Bonito)に位置する農園です。コーヒー生産地域としては、タラス(Tarrazú)に区分されます。

ラ・コンチャ農園は、ヒメネス家(Jimenez Family)によって管理されています。NOZY COFFEEは、2012年からラ・コンチャ農園と取引しています。

ラ コンチャの買い付けは2012年からスタートした。
訪問した際に倉庫には処理を終えたコーヒーが置かれておりそこにはトレースシートが添付されていて農園名の欄にハイロと書かれていた。
当時日本ではコスタリカのマイクロミル名で販売しているコーヒー屋は多かったが、同じミルでも複数の農園からのコーヒーを処理している。名前は一緒でも農園が違えば気候条件が違うことからシングルオリジンに特化したNOZY COFFEEは農園名で販売していた。
今回はもちろんハイロである。ところが翌年の訪問時にこれが農園名ではないことが判る。
ハイロは末っ子の名前でロット管理のために記載していたものだった。
番号で管理せずに子供の名前が付けられていたことになんともこのラ コンチャらしさが垣間見える。
ロット管理が数字を使用しなくても事足りてしまうほどの生産量で家族経営の小さな生産者。
収穫期には学校はお休みになり子供達もみんな家業を手伝う。
実際に家族の名前を使用したのは2012年だけだったがラ コンチャにはロット毎に家族の名前をつけることにした。

LA CONCHA -Costa Rica」,NOZY COFFEE

ラ・コンチャ農園には、コンセプシオンとサンタ・ロサという区画があります。コンセプシオンで収穫されたロットには、家族の男性の名前を、サンタ・ロサで収穫されたロットには、家族の女性の名前が付けられます。

コンセプシオンで収穫されたロットには男性の名前を、サンタロサで収穫されたコーヒーには女性の名前を、収穫時期が早い順につけています。例えば、コンセプシオンで一番最初に収穫されたロットには長男ファン(Juan)さんの名前を、サンタロサで二番目に収穫されたロットだと次女ジャスミン(Jazmin)さんの名前をつけます。

「コスタリカ ラ コンチャ」,NOZY COFFEE 2022年6月15日

ロテ・ホアナ(Lote Joana)は、長女ホアナ(Joana)の名前が付けられたサンタ・ロサで1番目に収穫されたロットです。

Johana ジョアナ [サンタロサエリアで一番早い収穫・カトゥーラ種]

・とろりとした質感。4つの中で一番厚みがあってなめらかだった。

・冷めてくるとレーズンのようなフレーバーになる。ストーンフルーツのような酸味も出てきた。

「コスタリカ ラ コンチャ」その②,NOZY COFFEE 2022年7月7日

品種

品種はカツーラ(Caturra)です。

精製方法

精製方法はホワイトハニー(White Honey)です。

スポンサーリンク

NOZY COFFEE コスタリカ ラ・コンチャ農園 ロテ・ホアナ

コスタリカ ラ・コンチャ農園 ロテ・ホアナ

コスタリカのタラスという山岳地帯でコーヒー栽培をしている家族経営の小さな生産者です。
ヒメネスファミリーは8人の兄弟とその両親との10人家族です。
長女、次女は嫁いでおりコーヒー栽培はしておりませんが他の兄弟は両親と共にコーヒー栽培に勤しんでいます。

コスタリカでは生産者が独自の処理施設(マイクロミル)を所有し高品質コーヒーの生産をしており、その処理施設毎に名前がついています。
ヒメネスファミリーはLa Concha(ラ コンチャ)という名前のマイクロミルを運営しています。
2012年に彼らのコーヒーを初めて購入したことから私たちとの関係はスタートしました。
それ以降毎年買い付けを続けており今では彼らの生産するコーヒーのほぼ全量を買い付けています。

NOZY COFFEE

キャラメルのような滑らかな甘さと質感、りんごのような爽やかさが印象的です。ホワイトハニー精製の中でも、厚みを感じさせる味わいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事