ニューカレドニアのコーヒーの歴史(3):ポール・フェイエのユートピア

(2)の続き。

Paul feillet.jpg
ポール・フェイエ、Wikipediaより

ポール・フェイエ

ポール・フェイエ(Paul Feillet,1857-1903)が1894年4月21日に総督に任命されたとき、彼はまだ37歳だった。1894年6月10日この若い総督はヌメアに到着した。この場所の楽園のような穏やかな気候は彼の持病の右坐骨神経痛には良いものだった。

彼はその後8年にわたってニューカレドニアを支配し、この国の歴史において非常に重要な時期を担うことになる。彼は自由植民地としてのニューカレドニアのパイオニアとなり、その国の生活と将来を大きく変えることになる。

ポール・フェイエは1857年4月4日にパリ11区で、国防総省の管理下にある臨時郵便局の局長を務めた歴史家アルフォンス・フェイエ(Alphonse Feillet)とその妻ジュリエット・シャリエ(Juliette Charrier)の間に生まれた。 彼は大学で法律の研究をし、1882年にフランス内務省の行政職となる。彼はこの時からすでに、その思慮深さと高い管理能力が評価されていた。

フェイエはカトリックの家系だったが、ルーヴル美術館のプロテスタント教会(l'Oratoire du Louvre)の礼拝堂の牧師の娘であるマリー・ローラ・ルイーズ・ロニオン(Marie Laure Louise Rognon)と結婚したことによってプロテスタントに改宗する。

フェイエはセーヌ県(la Seine)知事ウジェーヌ・プベル(Eugène Poubelle,1831-1907)の内閣官房長に任命され、このポストを4年間務めた後、1888年6月26日にグアドループの内務長官に就任した。彼の権威主義的な性格はここで災難をもたらした。1890年に彼に反感を持った地元選出の政治家キケロ(Cicéron)との決闘によって負傷する。彼はこの時に負った右坐骨神経痛に生涯苦しむことになった。

フェイエは1891年にサンピエール島およびミクロン島(Saint-Pierre-et-Miquelon)の総督に任命されるが、ここの靄と寒さの続く気候は彼の持病には耐え難いものだった。これらの島々では当時ジフテリアが流行していた。彼はこの疫病に対抗するために精力的な措置を講じた。伝染病対処の宣言、消毒、そして病人を隔離するための措置のために、内務大臣の意見に反して高価な療養所を建設した。反発を招いた彼の強権的な対策はしかし、ジフテリアの死亡率を80%近く減少させたために、1893年11月7日に医学アカデミーの会合で高く評価されることになった。

ニューカレドニアの総督として

その後まもなく、ニューカレドニアの総督に任命されたフェイエは、彼の母と妻、そして二人の子供(ジャック(Jacques )とジャクリーヌ( Jacqueline))を連れ立ってヌメアにやって来た。彼が到着した時、ニューカレドニアは洪水やバッタの被害に苦しみ、富の源泉であったニッケル鉱山は不況のために閉山していた。財政も赤字で、いわば破産の状態にあった。しかし、この国の温暖な気候、その経済的および農業的可能性を目の当たりにした彼は、それまでの国外追放者の流刑地から、10年以内には自由移民の国として再建できると考えた。彼は到着後すぐに立て直しを図り、1894年11月15日の第2回評議会でニッケル鉱山、畜産、コーヒー生産を繁栄の三つの柱に掲げた。しかし、鉱山や大規模プランテーションの開発にはかなりの資金が必要だった。

フェイエ以前のニューカレドニアの経済は、1863年以来の流刑者の労働による経済と、1880年以来のニッケル鉱山の二つの柱でなり立っていた。ニューカレドニアはそれまで流刑地として不当に評価されていたため、この国の開発のためにフランス本国や企業が資金を投じることはなかった。そこで彼が最も重視したのが、巨大資本を必要としない小規模農家によるコーヒー生産だった。

それはフェイエの理想とする「農村民主主義(la démocratie rurale)」を実現するのに最適な産業でもあった。ニューカレドニアはフランスのアンティポデス(Antipodes、対蹠地)といっていい場所に位置している。彼はこの国をフランス本国とは異なった美しく民主的な南方のフランスとして再建可能であると考えた。彼はフランスの真裏に位置するこの国で、フランスのような大都市主体の大きな政治とは反対の、地方主体の民主的で小さな政治を実現しようとしたのだった。

彼は測量学者エングラー(Engler)に調査させ、約20万ヘクタールの耕作可能な土地を見つけた。そのうち約5万ヘクタールはコーヒー農地だった。彼はこの約5万ヘクタールの土地で、9万トンのコーヒー生産量に達することを計画した(しかし、この計画は現実的な調査に基づくものというよりも、フェイエの単なるイメージによって作られたものだった)。彼は新しい入植者ひとりひとりに土地を与えるために、これらの土地の区画整理を急いだ。

ニューカレドニアでのコーヒー生産は、入植者の定住を促す最初の方法だった。彼は不当に評価されたニューカレドニアに関する正確な情報を広める、移住を促すためのパンフレットを作成した。そこにはコーヒー栽培は「最低資本金5,000フラン用意」 、「経費は最小限」、「相当量の作業」をすれば、「最も利益が上がる」仕事と喧伝されていた。コーヒー生産のための新しい入植者には、資本金として5000フランとコーヒー生産のための25ヘクタールの土地が与えられた。

ニューカレドニア農業組合(Union agricole calédonienne)の設立者で、ニューカレドニア開拓のパイオニアであったシャルル・ドゥヴァンベ(Charles Devambez)が、農業の仕事を望む新しい入植者のサポートをしており、またフランス本国では、ジョゼフ・シェレ(J. Chailley-Bert,1854–1928)によって設立されたフランス植民地連合( l'Union Coloniale française)が自由入植者を募集していたのもそれぞれ有利に働いた。

フェイエはまた、メサジュリ・マリティム(Messageries Maritimes)による海上輸送の整備、物資調達のための信用の供与、新しい入植者に与えられた土地への交通アクセス、選別した種子の分配など、入植者に対する手厚い補償を行った。

自由植民地の始まり

1895年の自由植民地化の開始から1889年までの4年の間に約500の農園が設けられ、148人の若者、379の家族での移民がやって来た(しかし、彼らのうち約10パーセントはフランスに戻っていた)。また、フェイエの呼びかけによって、退官した役人、退役軍人、フランス本国に戻ろうとしていた入植者、または貿易業者の息子たちが定住するようになった。1902年のフェイエの辞任までには、「フェイエの入植者たち(les colons Feillet)」と呼ばれる532の家族がフランスから移住した。

これらの人々が重要なのは、彼らがフランス本国から強制的に送られてきた不名誉な人々ではなく、自発的な移民であるということだった。フェイエはニューカレドニアの人口の流れを変えた。こうして「新しい」カレドニアは、名誉ある健全な人々の集まりとなった。

しかし、自由移民に土地を配分することは、先住民族のカナックから土地を奪うことを意味していた。フェイエのドクトリンは次のようなものだった。法律では、ニューカレドニアのすべての土地はフランスの占有地であり、先住民族から土地を奪うことは、フランスが先住民族から土地を取り戻すことである。新しい入植はその周辺の土地に一種の付加価値をもたらし、先住民族も入植者の「隣人」となることによって容易に仕事を見つけることができ、彼らにとってもより有益な結果をもたらす…。

この政策は、特にコーヒー栽培に最も適した土地であった沿岸部に住んでいたカナックの被害を広げた。これは「大きな隔離(le grand cantonnement)」と呼ばれている。

東海岸にあったフェイエの旧植民地の中心地であったニンベイ(Nimbaye)渓谷の河口のポンエリウーアン、Le café en Nouvelle-Calédonie. Grandeur et vicissitude d'une colonisationより

1895年から少なくとも1900年までは、フェイエの政策は非常にうまく機能した。ニューカレドニアの植民化はコーヒー栽培の拡大によって急速に進んだ。もしコーヒーがなければ、ニューカレドニアがこのように急速な植民化を成し遂げることはできなかっただろう。コル・ダミュー(Col d'Amieu)の山腹に一台のピアノを持ち込んだ入植者がいたという。日の光に輝くこのピアノの音色が彼らの入植者の成功のシンボルだった。しかし、入植者たちは彼らの資本を少しづつ消費していった。そして、1900年をさかいに彼らの希望は急に幻滅に変わった。

フェイエの重大な誤りは単位面積当たりの収穫量は少ないが、栽培に手間がかかり、より人手が必要なカフェ・オンブラージュ (木陰栽培のコーヒー)を推進したことと、1897年の流刑者の処罰制度の廃止による労働者不足との間の齟齬にあった。コーヒー生産は拡大してゆくが、1898年に流刑者の輸送が完全に終わり、深刻な労働者不足に陥った。人件費は4年間で2倍になった。アジアからの少ない契約労働者たちがやって来たが、まったく不十分だった(ニッケル採掘のために日本人が移民としてやってくるのもこの時期である)。

またこの時期、移民の増加によりブラジルのコーヒー生産が活況を迎えたことも、ニューカレドニアのコーヒー生産にはマイナスに作用した。ニューカレドニアのコーヒーの価格は、1895年の1キロ2.5フランから1903年には1キロ1.6フランにまで下落した。

フェイエの見通しの甘さは、彼がまったく予測できなかったこれらの出来事によって露呈した。1896年から1903年の間、コーヒー生産量は200トンから530トンまで、わずか330トンの成長があっただけだった。多くの農園は閉園に追い込まれ、入植者たちは仕事を求めてヌメアやニューヘブリデス諸島に流出した。

フェイエはユートピア主義者であったために、権威主義者でもあった。(ユートピア主義者が権威主義者になるというのは共産主義国で典型的に見られるパラドクスである)。彼はその権威主義的な性格とともに、迅速かつ正確な植民地計画を実現したいという欲求に動機付けられて、議会の権力を軽視した。彼が実現しようとした「農村民主主義」は、植民地総評議会とヌメアの市議会の強い反対にあった。彼の性急すぎる改革は、公的資金を消散させたと非難された。また、新たな入植者たちに与えられた土地は山の中腹や谷に置かれていたため、危険や行方不明者が絶えなかった。彼が露骨な権力でもって実行する計画は、議会や入植者たちはもとより、先住民族の保護を使命としたマリスト修道士たちの不満も招いた。

1902年、フェイエは激しいネガティブキャンペーンの中、これらの失敗に責任があると考えて、ニューカレドニアを去った。1903年9月3日、彼は長年にわたってすでに彼が苦しんでいた非常に深刻な病気が原因でモンペリエで死亡した。その時、彼は名目上はまだニューカレドニアの総督だった。

フェイエの死の約10年後、1912年には彼の夢の終わりを迎えた。コーヒーノキは6,000ヘクタールにしか植えられず、コーヒー生産量は彼の計画を大きく下回った。「フェイエの入植者たち」は立ち行かなくなっていた。

しかし、ニューカレドニアのコーヒー生産がすべて死に絶えたわけではなかった。フェイエは死んだが、彼が残したコーヒー生産の文化はニューカレドニアにまだ生き続けた。

(4)に続く。

<参考>

Patrick O'Reilly(1953)「Paul Feillet, gouverneur de la Nouvelle-Calédonie (1894-1902)」,『Outre-Mers. Revue d'histoire 』 pp. 216-248

Isabelle Leblic(2007)「Café, développement et autochtonie en nouvellecadédonie」,Études rurales.

Alain Saussol(1967)「Le café en Nouvelle-Calédonie. Grandeur et vicissitude d'une colonisation」,『Les Cahiers d'Outre-Mer』,pp. 275-305.

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事