カフェ・ケストナー:パナマ ドンパチ ゲイシャ

カフェ・ケストナー パナマ ドンパチ ゲイシャです。

カフェ・ケストナー(Cafe Kastner)は、徳島県徳島市にあるバッハ・グループの自家焙煎珈琲店です。

パナマ ドンパチ ゲイシャ

スポンサーリンク

ドンパチ・エステート

「パナマドンパチゲイシャストーリー」,bachmeister2008 2021年4月12日.

ドンパチ・エステート(Don Pachi Estate)は、チリキ県(Chiriquí Province)ボケテ地区(Boquete District)カジェホン・セコ(Callejón Seco)に位置する農園です。経営会社は、フランシスコ・セラシン・カフェタレロス社(Francisco Serracín Cafetaleros S.A.)です。

ドンパチ・エステートは、フィンカ・カジェホン・セコ(Finca Callejón Seco)とフィンカ・サント・アントニオ(San Antonio)に分かれており、標高1,500m - 1,650m、37ヘクタールでコーヒーを栽培しています。

ブラシナ・サムディオ(Blasina Samudio)は、ボケテ地区で土地所有権を持った女性で最初の土地所有者およびコーヒー生産者でした。彼女はこの地で、カリフォルニアのゴールド・ラッシュの時代にこの国に魅了され、1860年にこの地域に定住したイタリア人、ドミンゴ・メディナ(Domingo Médina)と出会いました。彼らの間に、何人かの子どもが生まれました。そのうちの1人であるマリア・メディナ(Maria Médina)は、1904年にイタリア人のアントニオ・サラセーニ(Antonio Saraceni)と親密となりました。彼はフランスによるパナマ運河建設に従事した後、1892年にボケテ地区に移住してきました。

アントニオとマリアの間には、11人の子どもが生まれました。彼らの姓はこの地では発音することができなかったため、アントニオは「サラセーニ(Saraceni)」という姓を「セラシン(Serracín)」に変えることに決めました。

フランシスコ・セラシン(Francisco Serracín)は、彼らの4番目の息子でした。彼は両親から受け継いだ土地を分割し、そのいくつかでコーヒー栽培を始め、1930年代の終わり頃にはアルト・キエル(Alto Quiel)に自身の農園を取得しました。彼は野菜とコーヒーの栽培を続けました。

ブラシナのひ孫にあたり、父親と同じ名前を持つフランシスコ(Francisco)は、農業工学者になりました。彼はドンパチ・セラシン(Don Pachi Serracín)として知られていました。彼は作物をケアしながら、他の土地を取得し、作物を増やしていきました。そして、1990年代後半に、彼はカフェ・ドンパチ・エステート(Café Don Pachi Estate)を創業しました。

ドンパチは、パナマ農務省に在籍していた1963年に、コスタリカの熱帯農業研究および高等教育トレーニングセンター(CATIE)(英語:The Tropical Agricultural Research and Higher Education Center、スペイン語:Centro Agronómico Tropical de Investigación y Enseñanza)からゲイシャ(Geisha)を含むいくつかのコーヒーの種子をパナマに持ち込みました。彼はそれらの種子をいくつかのコーヒー生産者と分け合い、自身の農園にも植えました。数十年後に、ドンパチと後続の生産者たちは、彼がパナマにもたらした価値を理解することになったのです。

ドンパチは2016年に亡くなりましたが、その年までコーヒー生産者として熱心に活動していました。

カフェ・ケストナーと大杉 漣

俳優の大杉 漣(おおすぎ れん)は、BSフジ「大杉漣の漣ぽっ」の2013年4月13日放送回「徳島県を散策」で、カフェ・ケストナーを訪れ、パナマ ドンパチ ゲイシャを飲用しました。

 突然の来店でバタバタバタバタバタバタしてしまいましたが、
 世界一のコーヒー「パナマ・ドンパチ・ゲイシャ」も飲んで
 いただき、ケーキも「おいしい」と言ってくださり、ほんと
 
 ありがとうございました。
 このあと、いろんな徳島の風景を切り取りに行かれました。
 が、マスターがコーヒーを入れたポットを持って追いかけて
 行ったのは言うまでもなく・・・
 いろんな意味で放送が楽しみです。

300の顔を持つ男 ご来店!!!」,カフェ・ケストナー

 飲んでいただいた「パナマ・ドンパチ・ゲイシャ」
 香りも味もコーヒーじゃないみたいだけど、コーヒーなんです。
 番組の趣旨に合うコーヒーがあって本当に良かったです。

見ていただけましたでしょうか?」,カフェ・ケストナー

品種

品種はゲイシャ(Geisha)です。

生産量はおよそ1.5トン。他より樹高が高くなります。収穫は梯子をかけてします。比較的大粒な実がゆっくりと時間をかけて熟します。わたしどものゲイシャは特徴的なシトラス系の「ゲイシャ・フレーバー」も豊かですが、ボディの豊かさも特長だといわれます。わたしたちの農園は収穫時期、日当たりもよく乾燥しますので、健康的な引き締まったボディ感が得られます。いずれにせよ、「ゲイシャ」というだけにとどまらない総合的な「コーヒー感」に優れた味わいを目指しています。

Don Pachi Estate

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

カフェ・ケストナー パナマ ドンパチ ゲイシャ

パナマ ドンパチ ゲイシャ ウォッシュト

パナマ ドンパチ ゲイシャ ウォッシュト

アールグレイティーのような非常にクリーンなフレーバーとすっきりとした味わいが印象的です。後に残らず、綺麗な印象のゲイシャです。

パナマ ドンパチ ゲイシャ ブレンド

パナマ ドンパチ ゲイシャ ブレンド

柑橘系の酸味が広がり、後味に甘さが残ります。ウォッシュトよりもボディ感と甘さのある味わいが印象的です。




スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事