ブルーボトルコーヒー:ホンジュラス サンタ バーバラ ホブニール カセレス

ブルーボトルコーヒー ホンジュラス サンタ バーバラ ホブニール カセレスです。

ブルーボトルコーヒー(Blue Bottle Coffee)は、2002年にジェームス・フリーマン(James Freeman)が創業したアメリカ合衆国のコーヒー会社です。

ホンジュラス サンタ バーバラ ホブニール カセレス

スポンサーリンク

ホブニール カセレス

ホブニール・カセレス(Jobneel Caceres)とファニー・イエセリア・モレノ(Fanny Yesselia Moreno)夫妻は、ホンジュラス(Honduras)サンタ・バーバラ県(Santa Bárbara Department)エル・シエリト(El Cielito)のコーヒー生産者です。

ホブニールは、1998年までは家族と一緒に、米、トウモロコシ、コーヒーの栽培に従事していました。その年の後、あるプログラムを通じてバハマに出稼ぎに行き、翌年には国に戻り、友人の勧めでサンタ・バーバラのエル・シエリトにあるいくつかの土地を知りました。そこに22エーカーの土地(ほとんどが森林保護区)を低価格で購入し、すぐに1.4ヘクタールでコーヒーの播種を始めました。2001年、彼には収入源がなく、コーヒーもまだ発展途上だったため、彼はアメリカ合衆国に渡り、7年間過ごしました。その間、彼の父親であるドン・エクストレベルト・カセレス(Don Extreberto Caceres)が農園を管理していました。

一方、ファニーは農家の出身で、生まれた時からコーヒーとともに育ち、コーヒーの水洗や乾燥などの作業をしていました。ホブニールがコーヒーの播種を始めた頃は、家事労働に力を入れていましたが、ホブニールがアメリカ合衆国に旅立つと、彼女は仕事を探して彼について行きました。

2006年、ドン・エクストレベルトは、農園「シエリト・リンド(Cielito Lindo)」のコーヒーがスペシャルティコーヒーとしての可能性を秘めていることを息子に伝え、2007年のホンジュラス カップ・オブ・エクセレンス(CoE)に参加して91.75点を獲得し第2位に入賞し、同年、「バース1(Birth 1)」と「バース2(Birth 2)」の土地を購入しました。

ホブニールとファニーは、2008年に帰国し、3人の共同事業として精力的に活動を始めました。彼らのコーヒーは、ホンジュラス カップ・オブ・エクセレンス(CoE)において、数多くの受賞歴を誇っています。

品種

品種はカチモール(Catimor)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

ブルーボトルコーヒー ホンジュラス サンタ バーバラ ホブニール カセレス

ホンジュラス サンタ バーバラ ホブニール カセレス
ホンジュラス サンタ バーバラ ホブニール カセレス

ホブニール・カセレス氏と妻のファニー・イエセリア・モレノ氏は、これまで数多くのカップ・オブ・エクセレンス賞を受賞しています。ホンジュラスだけでなく、中米で最も有名な生産者の一人です。
サンタ・バーバラ山の高台に位置するこの農園は、冷たく湿った気候が特徴で、あえてコーヒーチェリーにストレスを与えることができ、ホンジュラスの典型的な甘くてナッツのような風味とは異なる、美しく複雑なコーヒーを生み出しています。
カティモール種はカトゥーラとティモール(ロブスタとアラビカの交配種)を掛け合わせた品種で、丈夫で病気にも強いですが、味がきつくなる傾向があります。しかし、サンタ・バーバラの極端な気候とホブニールの専門知識により、驚くほどクリーンでハーブの香りを感じさせ、熟練したウォッシュド加工により万華鏡のような味と香り、そしてしっかりとした骨格を持つ一杯に仕上げることができました。

ブルーボトルコーヒー

おいしいコーヒーの淹れ方

フレーバー:ブラウンシュガー、グレープフルーツ、ドライストロベリー

ブルーボトルコーヒー

ブラウンシュガーのような甘さと凝縮感のある酸味が印象的です。冷めてくると、酸味の印象が支配的になります。ボディが薄く、味が若干ぼやけて感じます。



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事