アントワヌ・イニャス・メラングの「コーヒーハウス」:コンスタンティノープルとボスフォラス海峡の絵画のような旅
"INTÉRIEUR D'UN CAFÉ PUBLIC sur la place de Top-hané",Voyage pittoresque de Constantinople et des rives du Bosphore(Wikipediaより)
"INTÉRIEUR D'UN CAFÉ PUBLIC sur la place de Top-hané",Voyage pittoresque de Constantinople et des rives du Bosphoreより

「トプハーネにあるカフェの内部」と題したアントワーヌ・メランのこの19世紀初期の版画は、伝統的な店構えの大規模なコーヒーハウスを非常にうまく描いている。客たちは、大広間の周囲に据えられたすばらしい装飾の長椅子に座っている。広間の中央には噴水がある。ここに描かれた客たちは、初期のヨーロッパの旅行家たちが記録した社会の屑であるどころか、かなりの人物のようにみえる。しかし、この点については、画家の想像力がどれほどはたらいているか実際にはわからない

ラルフ・S・ハトックス(1993)『コーヒーとコーヒーハウス』,斎藤富美子・田村愛理訳,同文舘.p104
スポンサーリンク

アントワヌ・イニャス・メラング(Antoine-Ignace Melling)

アントワヌ・イニャス・メラング(Antoine-Ignace Melling,1763-1831)はドイツのバーデン、カールスルーエ生まれの画家、建築家、航海者。彼はオスマン帝国のセリム3世(Selim III)の帝国建築家であり、ナポレオン(Napoléon)の妻であったフランス皇后ジョセフィーヌ(Josephine)の風景画家であった。

セリム3世,Voyage pittoresque de Constantinople et des rives du Bosphoreより

彼はセリム3世の帝国建築家であった18年間に、オスマン帝国の様々な場所を観察し、描写した。上の版画はコンスタンティノープル(現在のイスタンブール(Istanbul))のトファネ(Top-Hané)にあった「コンスタンティノープルで最も美しいもののうちの一つである」コーヒーハウス(カフェハネ)を描いたものである(オスマン帝国へのコーヒーの導入は、旦部幸博(2017)『珈琲の世界史』,講談社現代新書.p73-75「オスマン帝国への伝播」を参照されたい)。

トファネとはコンステンティノープルにあった区画のことで、ボスフォラス海峡に面している。現在はトファネ噴水(Tophane Fountain)が観光スポットとなっている。

上の版画は有名な版画であり、コーヒーの様々な本の挿絵に使われている。『オール・アバウト・コーヒー(ALL ABOUT COFFEE)』を書いたことで有名なウィリアム・H. ユーカーズ(William H. Ukers)が、1948年に出版した『ザ・ロマンス・オブ・コーヒー(THE ROMANCE OF COFFEE)』の原著30ページにもこの挿絵が使われており、「COFFEE IN CONSTANTINOPLE」という見出しで、コンスタンティノープルのコーヒーに関する説明がある(日本語訳は三冊分冊で出版されている)。

メラングはこのコーヒーハウス(カフェハネ)以外にも、オスマン帝国の様々な版画を残している。彼の記録は『コンスタンティノープルとボスフォラス海峡の絵画のような旅(Voyage pittoresque de Constantinople et des rives du Bosphore)』にまとめられており、その図版でそれらの版画を見ることができる。

上の版画はコンスタンティノープルの地図

メラングの『コンスタンティノープルとボスフォラス海峡の絵画のような旅』に、上の版画「公共カフェの内部、トファネの場所に関して(INTÉRIEUR D'UN CAFÉ PUBLIC, SUR LA PLACE DE TOP-HANÉ. )」に関する記述がある。

以下がその翻訳である(そのまま訳すと意味のわかりにくい箇所は括弧内で説明を加えている)。

ちなみに、メラングの以下の著述は、ラルフ・S・ハトックス(1993)『コーヒーとコーヒーハウス』,斎藤富美子・田村愛理訳,同文舘.を併せて読むと、より理解が進むはず。

あるいは、ヤマンラール水野美奈子「コーヒーと世界遺産 Vol.10」,全日本コーヒー協会にも、この版画とイスタンブール(コンスタンティノープル)のコーヒー文化に関する情報がある。

スポンサーリンク

公共カフェの内部、トファネの場所に関して(INTÉRIEUR D'UN CAFÉ PUBLIC, SUR LA PLACE DE TOP-HANÉ. )

Il est de l'essence d'un gouvernement despotique que les sujets se communiquent peu leurs réflexions et leurs sentiments.

主体が彼らの考えや彼らの感情をほとんど伝えないことが専制政府の本質である。

Cependant l'introduction des cafés dans l'Empire Ottoman est assez ancienne, et c'est des Turcs que nous tenons un genre de réunion qui ajoute quelque chose à l'agrément de nos mœurs ; mais ce plaisir, qui est pour nous bien près d'être une superfluité, est nécessaire pour varier un peu la monotone existence d'un peuple qui n'ose braver les sévères défenses du prophète contre l'usage du vin.

それにもかかわらず、オスマン帝国へのコーヒーの紹介は非常に古く、私たちの心地よい習慣*1に何かを付け加える一種の集会を開催するのがトルコ人である(トルコ人の集会によって私たちの文化はさらに良いものになる);しかしこの喜びは、私たちにとっては重要なものではないが、ワインの使用に対する預言者の厳しい禁則に勇気を奮わない人々の退屈な存在を少し変えるためには必要なものである。

Si les contraventions à cette loi religieuse sont fréquentes, elles sont du moins clandestines.

もしこの宗教的な法の違反が頻繁に発生すれば、それら(違反)は少なくとも秘密とされる。

Des hommes qui s'introduisent furtivement et en petit nombre dans les cabarets tenus par les Grecs , ne peuvent inquiéter l'autorité : leur ivresse même est accompagnée d'un sentiment de honte et de crainte, et non de cette vive exaltation d'esprit qui s'augmente en se propageant.

ギリシア人が経営する少数のキャバレーにこっそりと忍び込む男たちは、権威を恐れさせることはできない(法の違反をしても、大した問題にはならない):酔っぱらい自体は、恥と怖れの感情を伴っており、増加し広まるこの精神の活発な高揚を伴ってはいない(酔っ払うことによって気が大きくなるのではなく、むしろ悪いことをしたという恥と怖れの感情を抱く)。

Dans les mœurs orientales, tout se dirige vers le calme et l'indolence; la rêverie même y ressemble à un long assoupissement : chacun semble se tenir en garde contre des émotions violentes; quand on les éprouve, on craint de les laisser paroitre; sous le masque d'une gravité imperturbable, on dissimule les plaisirs qu'on reçoit ; mais ces plaisirs sont bien médiocres chez un peuple qui préfère à tout la tranquillité.

東洋の礼儀作法では、すべてが平穏と怠惰に向かっている; 空想でさえ長いまどろみのようである:誰もが激しい感情に対して警戒しているようだ; 人がそれら(激しい感情)を感じる時、 それら(激しい感情)を見せることを恐れているように見える;無関心な厳粛さの仮面の下で、それらを受け取る喜びを秘める。 しかし、これらの喜びは、すべての平穏を好む人々の間ではとても下品なものである。

Les fréquentes révolutions de Constantinople dérangent peu cet état monotone , d'abord parcequ'elles ne sont le plus souvent opérées que par des corps militaires, et ensuite parceque les plus violentes et les plus soudaines catastrophes n'empêchent pas de retomber bientôt dans un calme apathique.

コンスタンチノープルの頻繁な革命は、この退屈な状態をほとんど邪魔しない。第一にはそれら(革命)は軍隊によってしか最も頻繁に実行されず、次に最も暴力的で最も突然の大惨事がすぐに無関心な平穏に落ち着くのを妨げないためである(一般市民は革命などの惨事に関係せず、何かが起きてもすぐに平穏を取り戻す)。

Ce que nos spectacles offrent de plus touchant et de plus vif, conviendroit mal à un peuple qui se plaît dans sa langueur; les tableaux animés des passions l'importuneroient au lieu de le toucher : c'est assez pour lui de contempler les insipides jeux des baladins.

私たちの光景がより感動的でより活気を与えてくれることは、その倦怠のなかで楽しんでいる人々には都合が悪いだろう。 愛のある賑やかな光景は、人々を感動させる代わりに人々を悩ませる。人々にとっては道化のつまらない遊びを眺めるので十分である。

Rien de plus borné chez eux que les plaisirs de la table; s'ils paroissent les goûter un peu vivement, c'est dans quelques parties de campagne : les hommes opulents ne s'y font suivre que par des esclaves qui ont leur plus intime confiance.

それらのなかでテーブルの喜び以上に制限されたものは何もない;彼らがそれらを少し生き生きと味わっているようなら、それは田舎のどこかででのことである:裕福な男性たちは最も親密で信用のある奴隷と一緒にしか田舎に行くことがない。

Les plus beaux sites de la nature agissent sur leur imagination ; leur cœur a besoin de plus d'épanchement : c'est alors qu'ils éprouvent , en dépit de la loi du prophète, combien le vin est le pere de la cordialité.

自然の最も美しい場所は想像力に基づいて行動する。 彼らの心はもっと打ち明ける必要がある。そうして彼らは、預言者の法にもかかわらず、どれほどワインが親密に会話することの父であるかを経験する。

Mais, dans l'intérieur de Constantinople, rien ne présente l'image de ces banquets où, parmi nous, la gaieté circule si rapidement, quand la froide étiquette et une triste magnificence ne viennent pas la glacer.

しかし、コンスタンチノープルでは、冷たい礼儀作法と悲しみの壮麗がそれ(賑やかさ)を凍てつかせないときに、私たちの間で、賑やかさがとても速く循環する、これらの饗宴のイメージを伝えるものは何もない(食事が賑やかになっても、人々は礼儀作法を思い出すことで、すぐにトーンダウンする。なので、賑やかな食事のイメージを伝えるものは何もない)。

Une seule chose embellit les repas et les festins des Turcs, c'est qu'ils se ressentent de l'hospitalité antique.

トルコ人の食事と饗宴を飾る一つのことは、彼らが古代のおもてなしの精神にいまだに従っているということである。

Le pauvre est souvent admis à la table de l'homme qui jouit d'une grande fortune ou d'une grande puissance; cette fortune, cette puissance, il peut la perdre un jour; bientôt il pourra ressembler au malheureux qui se présente à lui.

貧しい人はしばしば大きな財産や大きな力に恵まれている人のテーブルに入ることを許される。 この幸運、この力、彼はある日それを失うかもしれない;すぐに彼は彼に自己紹介をする不幸な人々に似てしまうかもしれない。

Dans un pays où les plus brillantes distinctions n'ont qu'un éclat éphémère, la pauvreté est à couvert du mépris, si elle est exempte de vice et de bassesse.

最も輝かしい差別が束の間の輝きでしかない国では、貧困は軽蔑から守られている、それが悪習と卑劣を取り除くのであれば。

Un humble solliciteur se présente chez un homme en place, chez un riche négociant ; s'il est admis dans l'appartement à l'heure du diner, le maitre de la maison lui dit, avec autant de bienveillance que de simplicité : Asseyez-vous, prenez place.

ある賤しい懇願者がふさわしい男の家、裕福な商人の家に現れる;もし彼が夕食の時間に家にいることを許されているなら、簡素であるのと同じくらいの慈悲をもって、その家の主人は彼に向かって言う:「どうぞ、席に着きなさい」。

Ce mot est une invitation.

この言葉は招待である。

Aucune des personnes de la maison ne s'offense de voir ce convive inconnu.

家の中のいかなる人たちも、この未知の客人を見て怒ることはない。

Le premier mets qu'on apporte se nomme le Djorba ; c'est un potage assez semblable aux nôtres.

最初に持ち運ばれる料理は「ジョルバ」という名前である;それは私たちのものとよく似たポタージュである。

Le maître y touche le premier : ce genre de civilité, si contraire à nos usages, révèle les habitudes d'un peuple soupçonneux.

主人が最初にそれに手を付ける:この種のマナーは、私たちの用途に反するなら、怪しい人々の習慣を明らかにする。

Le djorba est le seul mets que l'on mange avec une cuiller : il faut bien le dire, c'est avec les doigts que tous les convives dépècent les viandes et portent les aliments à la bouche.

「ジョルバ」はスプーンで食べる唯一の料理である:言わなければならないこと、それはすべての客人が肉を切り分け、食べ物を口に運ぶのは指でもってであるということである。

Les plats arrivent successivement et toujours l'un après l'autre: le dernier est le Pilavv, ou riz à la turque, mets fort en usage à Marseille, et depuis quelque temps connu à Paris.

料理は続々とやって来る、常に次々と:最後は「ピラッウ」である、またはトルコのライス、マルセイユで使用される料理で、しばらくしてパリで知られた。

On ne boit qu'après le repas fini.

食事が終わるまで飲まれない。

Chacun prend sa part, avec sa cuiller, dans un large bole de sorbets.

大きな鉢のシャーベットを、スプーンで、みんなで分け合う。

On voit bien qu'il n'y a pas dans une telle distribution du festin de quoi provoquer une conversation fort animée.

そのような饗宴の配膳には、とても賑やかな会話を誘発するものはないことがよく見て取れる。

Et de quoi les Turcs pourroient-ils s'entretenir avec une vivacité comparable à celle de notre conversation?

そして、トルコ人は私たちの会話のそれに匹敵する活力で何について会話できたのか?

La crainte et le respect leur interdisent des questions politiques ; depuis long-temps ils n'ont plus de dissentions religieuses : l'esprit de secte n'a jamais exercé chez eux de grands ravages.

恐怖と尊敬は彼らに政治的問題を禁じる;長い間、彼らはもはや宗教的な軋轢がない:宗派の精神が彼らの間に大きな破壊を行使したことは決してなかった。

Une religion fondée sur le fatalisme ne leur permet de parler des catastrophes les plus tragiques qu'avec une morne indifférence.

運命論に基づいた宗教は、彼らが陰気な無関心を伴った最も悲劇的な大惨事について話すことを彼らに許さない。

L'isolement de leurs familles, les cloitres de leurs harems, rendent chez eux le scandale assez rare.

彼らの家族、彼らのハレムの閉ざされた孤立は、スキャンダルが彼らの家に戻ってくることをとても稀なものにする(ハレムでのスキャンダルを誰も知らない)。

Les jeux grossiers, les tours de force et d'adresse, qui leur tiennent lieu de toute sorte de spectacle, ne leur laissent qu'un faible souvenir.

あらゆる種類の催し物に取って代わる、低俗な遊び、離れ業や手品は、彼らにわずかな記憶しか残さない。

Leur littérature est trop peu fixe et trop stérile pour devenir un sujet d'entretien.

彼らの文学はあまりに硬直しており、議論の話題になるにはあまりに不毛である。

Aussi, même chez les grands, on ne voit jamais de cercles.

また、大邸宅の中でも同様に、集まりは決して見られない。

Si, dans les cafés , la scène n'est pas beaucoup plus animée, elle est du moins plus diversifiée, et prête beaucoup à l'esprit d'observation.

もし、カフェで、この光景があまり賑やかになっていないなら、カフェは少なくとも多様化されており、多くの見聞の精神を引き起こす。

On a soin de les établir dans des lieux dont la vue est très pittoresque, et particulièrement sur les bords de la mer.

その光景は非常に絵に描いたように美しい場所で、特に海岸でそれらを確立するために注意が払われる。

Ceux qui entrent font ordinairement un salut avec la main.

入る人は通常、手で挨拶をする。

Les dames turques n'y paroissent jamais; les dames étrangères y sont admises.

トルコの婦人は決してそこに現れない;外国の婦人はそこにいるのを許可される。

Les fidèles Musulmans laissent rarement entrevoir l'impression que la beauté de ces dames peut produire sur leurs sens et sur leur imagination.

(忠実な)イスラム教徒が、これらの婦人たちの美しさが彼らの感覚と想像力を通じて生み出すことができるという印象を垣間見ることは稀である。

Les cafés sont des lieux de franchise pour tous ceux qu'ils appellent infidèles ; aucun d'eux n'y est jamais insulté.

カフェはそれらを不誠実と呼ぶすべての人にとって特権的な場所である;彼らの誰も決してそこで侮辱されることはない。

Ces lieux partagent ce privilège avec les mosquées, les bains publics, et les boutiques des barbiers.

これらの場所はこの特権をモスク、公衆浴場、そして理髪店と共有している。

Suivant le plus ou moins d'apparence de ceux qui se présentent dans un café, on leur apporte des pipes plus ou moins distinguées.

カフェで自己紹介する人々の見た目の異なった階層に応じて、異なった階層で区別されたパイプが彼らによって持ち込まれている。

L'attention de toute l'assemblée se porte ordinairement sur des conteurs chargés de la divertir.

集会全体の注目は通常娯楽を担当する語り手に向けられる。

C'est ainsi qu'ont dû naître les contes si agréablement merveilleux des Mille et une Nuits, des Mille et un Jours.

これが、「千夜一夜物語」、「千一日物語」のとても愉快で素晴らしいお話が生まれなければならなかった方法である。

Ces conteurs ont souvent une élocution prompte, abondante, et assez fleurie : ils procedent d'abord par un court dialogue dans lequel ils se portent une espèce de défi ; l'un doit enchérir sur ce que l'autre pourra dire de plus gai et de plus merveilleux.

これらの語り手はしばしば、迅速で豊富な語り方で、充分に華やかである:最初に、彼らはある種の挑戦を感じて短い対話を行う;一方が他方がより陽気で、より素晴らしいと言うかもしれないものに関して高い評価を付けなければならない。

Comme ils sont fort éloignés de s'interdire des sujets obscenes, ce défi les entraîne bientôt hors des bornes de la décence; ils l'outragent encore plus par leurs gestes que par leurs discours.

彼らは淫らな主題を自らに禁じることにはほど遠いので、この挑戦はすぐに彼らを良識の範囲の外に連れて行く。 彼らは語りよりも身振りによってそれをさらに侮辱する。

Mais à l'immobilité des assistants, à leur contenance grave et recueillie, vous diriez qu'on traite les sujets les plus édifiants.

しかし、助手役の不動性、彼らの深刻で沈黙した表情で、あなたは最も教養のある主題が扱われていると言うだろう。

Les conteurs ne sont jamais interrompus; personne ne rougit de rivaliser avec eux.

語り手が中断することは決してない;誰も彼らと争うことを恥じらわない。

Un dévot voyageur raconte tous les périls qu'a courus sa caravane dans le voyage de la Mecque; un autre, ce qu'il a vu dans la Perse et dans l'Inde.

敬虔な旅行者は、メッカの旅で彼のキャラバンがくぐり抜けたすべての危険を語る;別の人は、彼がペルシャとインドで見たことを。

On passe généralement les exagérations et les mensonges à des hommes qui n'annoncent d'autre prétention que celle d'amuser; mais il n'est pas d'usage de raconter ce qu'on a vu chez les infidèles : on paroitroit profane dans de tels récits.

通常、楽しませること以外に他の潤色を交えない男性たちへ誇張と嘘が伝えられる;しかし、異教徒たちの家で見たことを語ることは慣例ではない:そのような物語は不敬であるように見える。

Ces histoires merveilleuses sont à-peu-près les seuls sujets dont on s'entretient dans les cafés : les matières politiques sont bannies des conversations.

これらの素晴らしい物語はカフェで話し合われるほとんど唯一のものである:政治的な問題は会話から追い出されている。

Autrefois, lorsque les têtes des graves Musulmans étoient échauffées par le tabac et les vapeurs du café, les affaires publiques devenoient l'objet des plus vives discussions; d'indiscrets nouvellistes pénétroient jusque dans les mystères du sérail; et les révolutions les plus violentes étoient souvent préparées dans ces assemblées tumultueuses.

かつては、イスラム教徒の生真面目な頭がタバコとコーヒーの湯気によって温められたとき、公的な事柄が最も活発な議論の主題になった;軽率なニュースは、セレイル(オスマン帝国の家庭で妻や側室が利用する隔離された場所、セラグリオとも)の神秘にまで浸透する;そして最も暴力的な革命はしばしばこれらの騒騒がしい集会で準備された。

Des lois sévères et quelques exemples sanglants ont proscrit des passe-temps si dangereux.

厳しい法律と血なまぐさいいくつかの例はそのような危険な娯楽を締め出した。

On substitue quelquefois aux conteurs de fables, des danseurs et des musiciens.

作り話の語り手、踊り手、音楽家は時々入れ代わる。

A Constantinople, les citoyens de la classe moyenne ne se réunissent que dans les cafés, où ils affluent à toutes les heures du jour.

コンスタンティノープルで、中産階級の市民はカフェにしか集まらない、また彼らは1日1時間ごとに殺到する。

Les propriétaires de ces établissements n'épargnent rien pour les rendre agréables au public.

これらの施設の所有者は彼らを公共で喜ばせるために何も援助しない。

Quelques uns sont exposés en plein air, sous des treilles ou des berceaux de verdure éclairés pendant la nuit avec beaucoup de goût et une sorte de magnificence.

幾人かは屋外で、素晴らしい味と一種の壮麗な夜の間に照らされた緑のゆりかごのぶどう棚の下で、身をさらす。

Celui que nous avons sous les yeux est un des plus beaux de Constantinople : il est situé près de l'échelle de Top-hané, vis-à-vis la pointe du sérail.

私たちの眼前にあるものはコンスタンティノープルで最も美しいもののうちの一つである:それはトファネの範囲の近く、セレイルの岬の向かい側に位置している(セレイルの岬は現在サライブルヌ(Sarayburnu)と呼ばれている)。

コンスタンティノープルの「セレイルの岬」,Kartpostal Kolleksiyonumより

On découvre au travers des vitrages une partie des jardins et édifices du palais, le port de Constantinople, la côte d'Asie, et les Isles des Princes; et la vue se prolonge jusqu'à l'embouchure de l'Hellespont.

窓ガラスを通して宮殿の庭園や建築の一部、コンスタンティノープル港、アジアの海岸、プリンス諸島の一部が見られる; そしてその景色はヘレスポント(現在はダーダネルス海峡(Dardanelles)と呼ばれている)の開口部まで延びている。

Au milieu de la salle est un bassin d'où jaillit une eau vive qui répand une agréable fraîcheur.

部屋の中央には泉水があり、そこから心地よい新鮮さを広げる生き生きとした水が噴き出す(メラングの絵画の中央)。

泉水(噴水)、版画の該当部分

Ce tableau peut donner une idée de l'aspect que présente ordinairement un café turc, où se rassemblent des individus de professions, de mœurs, et de nations différentes: ils sont rangés sur des sofas, et des domestiques sont occupés à les servir.

この絵画はさまざまな職業、習慣、国の人々が集うトルコのカフェでいつも呈される外観のアイデアを与えることができる:彼らはソファの上で、彼らに仕える使用人が配置される。

Le premier qu'on voit à gauche est un Derviche; il est coiffé d'un long bonnet de feutre qui distingue sa profession: auprès de lui est une pipe à la persienne, formée de manière que la fumée, avant d'arriver à la bouche, traverse un bocal de verre plein d'eau, où elle se purifie et se rafraîchit, et ensuite circule dans un long tuyau de maroquin.

左側に見られる最初の人がダーヴィッシュ(スーフィーの修道僧)である;彼は彼の職業を区別する長いフェルトのボンネット(帽子)を被っている:彼のそばにペルシャのパイプがあり、それは煙が、口に到達する前に、水で満たされたガラスの瓶を通過し、そこで煙が浄化と冷却し、そしてそれから長いモロッコのパイプで循環するように設計されている(絵画の下の部分がこの箇所)。

長い帽子の人物がダーヴィッシュ,版画の該当箇所

Il faut, pour faire usage de cette pipe, être doué d'une grande force de poumons.

このパイプを使用するためには、大きな肺活量の才能が必要である。

Les Derviches qui hantent les cafés, les lieux publics, et les maisons des grands, appartiennent à des ordres moins révérés des fidèles Musulmans que ceux qu'on nomme Tourneurs et Mangeurs de feu, dont les mœurs sont plus réservées et plus austères.

カフェ、公共の場所、大邸宅に出没するダルヴィーシュたちは、習慣がより控えめでより厳格な「旋舞者(スーフィー教の旋舞の踊り手)」や「火を食べる人々」と呼ばれる人々よりも、(忠実な)イスラム教徒のあまり敬意を払われていない命令(秩序)に属している。

ダルヴィーシュ(1860年代),Wikipediaより

On aperçoit au fond de la salle un autre Derviche ; il est assis auprès de deux Arméniens qui jouent aux échecs; il les regarde d'un air farouche et dédaigneux.

部屋の奥には他のダルヴィーシュが目に入る;彼はチェスをする2人のアルメニア人のそばに座っている;彼は彼らを無愛想で不遜な態度で見ている(下の絵画の左二人がチェスをするアルメニア人、一番右が彼らを不遜な目で見るダルヴィーシュ)。

左二人がチェスをするアルメニア人、一番右が彼らを不遜な目で見るダルヴィーシュ,版画の該当箇所

Les Musulmans qui observent envers les Infidèles étrangers, et sur-tout envers les Européens, tous les égards de l'hospitalité, conservent une invincible antipathie pour ceux qui habitent les états du Grand-Seigneur : ils ne peuvent les considérer comme compatriotes , quoique depuis trois siècles et demi ils vivent dans le même climat et sous les lois du même souverain.

おもてなしの精神のあらゆる敬意を払い、外国の異教徒に、特にヨーロッパ人に、注視するイスラム教徒は、大貴族の州に住む人々に対するどんなことにも打ち勝つことのない反感を保つ:彼ら(イスラム教徒)は彼ら(大貴族の州に住む人々)を同国の人のようにみなすことはできないが、ともかく3世紀半より以前から、彼らは同じ風土と同じ主権の法律の下で暮らしている。

Un Effendi, ou homme de lettres, est assis à côté du premier Derviche.

エフェンディ(上流階級の学者)、または著述家は、最初のダルヴィーシュの隣に座っている。

Les Effendis se distinguent par un turban d'une forme particulière, et par une écritoire qu'ils portent à la ceinture.

エフェンディスは、特別な形のターバンと、ウェストに着用する文具箱によって区別されている(下が最初のダルヴィーシュの隣に座っているエフェンディ)。

ダルヴィーシュの隣に座っているエフェンディ,版画の該当箇所

Viennent ensuite quatre marins, dont le premier est un officier, et le suivant un écrivain de bord.

次に4人の船員が来る。最初の船員は士官で、次の船員は航海の記録係である。

ソファーに座っている4人の船員(手前の人物は除く),版画の該当箇所

Après le second Derviche, sont rangés un autre marin, un Bostandgi, et un Effendi qui termine le cercle.

二人目のダルヴィーシュの後は、もう一人の船乗り、ボスタンジ(オスマン帝国の護衛への一種、「庭師」の意味で、主にスルターンの宮殿と敷地の警護する役割を担った)、そしてこの一周(部屋を囲むソファーの円)を終えるエフェンディの順に分けられる

左から船乗り、ボスタンジ、エフェンディ,版画の該当箇所
版画の人物の職業であるボスタンジは一番左、中央はコンスタンティノープルのギリシャ人漕ぎ手、右がトルコ人漕ぎ手、Chevalier Auguste de Henikstein「Bostandgi. Rameurs du G. Seigneur. Bateliers grecs à Constantinople. Batelier turc (1825) 」,Wikipediaより

Un Aga est au bas de l'estrade : on le reconnoit à son costume et au poignard qu'il porte à la ceinture; il salue le maitre du café en portant la main sur sa poitrine.

アガ(オスマン帝国の軍の司令官の称号)は壇の下にいる:彼は彼の衣装と彼が彼の胴回りに身につけているポワニャール(短剣)によって認識される;彼は手を胸に当ててカフェの主人に挨拶している。

手前左がカフェの主人、右がアガ,版画の該当箇所
アガ、版画の該当箇所

On voit ce dernier, coiffé d'un long bonnet, assis à gauche sur une banquette, et fumant sa pipe : il est de la nation des Lazes, habitants des côtes méridionales de la mer Noire, aux environs de Trébisonde.

最後に、長い帽子を被り、長椅子の左に座って、パイプを吸っているのが見える:彼は、トレビゾンド(現在のトラブゾン)周辺の、黒海の南海岸の住民である、ラズの国の人である(ラズ人はトルコ東北部からジョージア国の西部に住んでいる民族)。

C'est un peuple grossier, tout adonné à la pèche et au cabotage, et qui fournit à la marine de Constantinople un grand nombre de matelots.

それは釣りとカボタージュ(岬から岬に至る間の海岸に沿って航海すること)に専心する、粗野な人々であり、コンスタンティノープルの海軍に多数の水夫を輩出している。

ラズ人,版画の該当箇所

L'artiste a représenté un homme de la même nation dans celui qui apprête le café, ministère important qui n'est confié qu'à des mains habiles.

この画家は、コーヒーを準備する人を同じ国の男性で表現しており、熟練した手にしか委ねられない重要な部分である。

Dans les maisons opulentes, un domestique est exclusivement chargé de cet emploi.

豪華な家では、使用人がもっぱらこの仕事の責任を負う。

Les Turcs sont de grands consommateurs de café; ils le prennent brûlant, et se plaisent à en savourer le parfum : c'est une marque de politesse que d'en offrir aux étrangers dont on reçoit la visite.

トルコ人はコーヒーの大きな消費者である; 彼らはそれを熱い状態で飲み、その香りを味わうことを喜ぶ:来訪者として迎える外国人にそれを提供することは礼儀正しさの印である。

スポンサーリンク

註とメモ

*1 ここのagrémentとは、おそらくagréableの意味。

「ジョルバ(Djorba)」はチョルバ(Chorba)のスープ(ポタージュ)のことかもしれない。オスマン帝国とキリスト教連合艦隊の戦いが行われたチュニジアのジェルバ島(Djerba)と綴りが似ているが、関係があるかわからない。

「ピラッウ(Pilavv)」はピラフ(フランス語:Pilaf)のことである。トルコ語では"Pilav"と綴られるが、ここでは"Pilavv"と綴られている。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事