スターバックス リザーブ®:インドネシア スマトラ ワハナ エステート

スターバックス リザーブ® インドネシア スマトラ ワハナ エステートです。

スターバックス リザーブ®(STARBUCKS RESERVE®)は、スターバックスの一部限定店舗でのみ取り扱われる限定コーヒーです。

スマトラ ワハナ エステート

スポンサーリンク

ワハナ・エステート

ワハナ・エステート(Wahana Estate)は、インドネシア(Indonesia)スマトラ島(Sumatra)北スマトラ州(North Sumatra)ダイリ県(Dairi Regency)シディカラン(Sidikalang)ラエ・マンクール(Lae Mungkur)に位置するスマトラ島で唯一の単一農園です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スターバックス リザーブ®のスマトラ ワハナ エステートは、スターバックスでは初のスマトラ島のウォッシュトコーヒーとして、2013年に提供されました。

スターバックスは、世界のコーヒー生産各国にコーヒー生産の品質向上と責任ある栽培方法を支援する目的で、ファーマーサポートセンターを開設しています。インドネシアでは、2016年にスマトラ島のべラスタギにファーマーサポートセンターを開設しました。

スポンサーリンク

スターバックス リザーブ® インドネシア スマトラ ワハナ エステート

スターバックス リザーブ®とは

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックス

スマトラ ワハナ エステート

※ラベルデザイン
スマトラ島のコーヒーと聞いて思い浮かべるのは、スパイシーで大地のような、大胆な風味でしょう。この特別なコーヒーは、スマトラ島では革新的な湿式加工法で作られました。このデザインでは、イノベーションを続けるワハナ農園の姿が表現されています。

スターバックス
スマトラ ワハナ エステート

焙煎

スターバックスは、コーヒーをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。スマトラ ワハナ エステートはスターバックスダークローストであると思われます。

焙煎:スターバックスダークロースト

しっかりとしたコクと深みのある力強い風味が特長。

明るいハーブのようなフレーバーとオレンジやレモンのような酸味が印象的です。ウォッシュト精製のため、クリーンな味わいに仕上がっています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事