サザコーヒー:パナマ バンビート・エステート・コーヒー アバランチ・オブ・フレーバーズ ベスト・オブ・パナマ 2021年 ゲイシャ ウォッシュト部門 第1位

パナマ バンビート・エステート・コーヒー アバランチ・オブ・フレーバーズ ベスト・オブ・パナマ 2021年 ゲイシャ ウォッシュト部門 第1位

スポンサーリンク

バンビート・エステート・コーヒー

"Bambito Estate Coffee",Bambito Estate Coffee 2021年7月21日.

バンビート・エステート・コーヒー(Bambito Estate Coffee)は、パナマ(Panama)チリキ県(Chiriquí Province)ティエラ・アルタス地区(Tierras Altas District)セロ・プンタ(Cerro Punta)に位置する農園です。

農園主はラファエル・アマール・シットン(Rafael Amar Sittón)です。

バンビート・エステート・コーヒーは、1900年代からシットン家(Sittón Family)によって所有されていました。1945年にアルベルト・シットン・リオス(Alberto Sittón Rios)が、彼の父親から農園を買い取りました。アルベルトの娘であるイツァ・シットン(Itza Sittón)は、ラファエル・アマールと結婚し、彼らに農園経営が引き継がれました。現在はシットン家の第4世代と第5世代によって引き継がれています。

農園面積15ヘクタールのうち、10ヘクタールでコーヒーが栽培されています。残りの5ヘクタールは森林です。標高は1,660m - 1,800mです。2つの国立森林公園の間にあり、東から西に2つの山の尾根が交差し、2つのマイクロクライメイト(微気候)を作り出します。そして、これらの尾根は夏の北風からコーヒーノキを保護します。

農園には、独自のグリーンハウスとカッピング・ルームがあり、コーヒーノキの遺伝の保護や品質管理が行われています。

品種

品種はゲイシャ(Geisha)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

バンビート・エステート・コーヒーには、ミルの水源となる2つの湧水があります。

ベスト・オブ・パナマ 2021年

アバランチ・オブ・フレーバーズ(Avalanche of Flavors)は、2021年のベスト・オブ・パナマ(BoP)(Best of Panama)のゲイシャ ウォッシュト(Geisha Washed)部門で93.5点を獲得し第1位に輝きました。

バンビート・エステート・コーヒーは、2020年のベスト・オブ・パナマ(BoP)のゲイシャ ウォッシュト部門でも93.5点を獲得しており、第3位に入賞しています。

スポンサーリンク

サザコーヒー パナマ バンビート・エステート・コーヒー アバランチ・オブ・フレーバーズ ベスト・オブ・パナマ 2021年 ゲイシャ ウォッシュト部門 第1位

アバランチ・オブ・フレーバーズ

ジャスミンのような非常に繊細で甘いフローラルフレーバーが豊かに花開き、少し時間をおいて鼻の奥に抜けるようなフレーバーが後から追ってきます。冷めてくるとベルガモットやレモングラスのような柑橘系の酸味が生まれますが、鼻の奥に抜けるようなフレーバーが長く続くため、温度帯によるフレーバーの変化はあまりない印象を受けます。

去年のベスト・オブ・パナマのロットと似て、ジャスミンのようなフレーバーが支配的で持続的なゲイシャです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事