サタデイズ・チョコレート:トリニダード・トバゴ 80 オルティノーラ
スポンサーリンク

サタデイズ・チョコレート トリニダード・トバゴ 80 オルティノーラです。

サタデイズ・チョコレート(SATURDAYS CHOCOLATE)は、2015年に創業した北海道札幌市のビーン・トゥ・バー・チョコレート専門店です。

トリニダード・トバゴ 80 オルティノーラ

オルティノラ・エステート社

オルティノラ・エステート社(Ortinola Estates Ltd.)は、トリニダード・トバゴ(Trinidad and Tobago)トゥナプナ=ピアコ地域自治体(Tunapuna–Piarco Regional Corporation)セント・ジョゼフ(Saint Joseph)に位置する農園です。トリニダード北部山脈の熱帯雨林に囲まれた緑豊かなマラカス・バレー(Maracas Valley)に位置しています。

18世紀後半、スペイン領セント・ジョセフの町がまだ島の首都であった時代に、植民地からの土地供与によって造成されたこの農園は、その後1890年代のカカオ・ブームにより、世界的に有名なイギリス・バーミンガムの菓子メーカー、キャドベリー・ブラザーズ(Cadbury Bros.)が運営するカカオ農園として繁栄しました。

オリジナルのオルティノラ・エステートは、134.5ヘクタール(約430エーカー)の広大な敷地に広がっていた。1797年にトリニダードがイギリスに占領される前、マラカス・バレーのスペイン人入植者たちはタバコの栽培と販売で生計を立てていました。1700年から1820年代にかけて、砂糖、コーヒー、タバコは次第に姿を消し、代わってカカオがマラカス・バレーの主要作物となりました。カカオは、小さな農園や農民によってごく小規模に栽培されていました。

オルティノラ・エステートは、その多様な所有者のおかげで豊かな歴史を持っています。地元の古文書資料によれば、オルティノラ・エステートの最初の所有者はC・リグアル(C. Rigual)です。リグアルは、1832年にこの農園を所有し、34人の奴隷を雇っており、当時マラカスでは比較的大きな組織でした。

19世紀の最初の30年間は、トリニダードの農園主にとって激動の時代でした。1807年に終了した奴隷貿易から、トリニダードはほとんど利益を得ることができませんでした。島の砂糖産業は発展途上で、労働力はプランテーションのニーズに応えるには不十分でした。トリニダードのプランターにとって次の打撃となったのは、1834年に奴隷解放法が成立し、奴隷労働者が法的に自由になったことでした。オルティノラは、この時は新しい所有者、チプリアーノ・チプリアーニ(Cipriano Cipriani)が経営していました。リグアルからチプリアーニに経営が変わった時期は、カカオ・プランターにとって特に困難な時期であり、このことがリグアルに裕福なチプリアーニへの売却を促した可能性があります。1835年、奴隷の補償請求により、オルティノラ・エステートはチプリアーノ・チプリアーニが所有し、彼の管轄下に36人の奴隷がいました。このことは、公簿によってさらに裏付けられ、この地所はチプリアーニとアンドレ(Andre)と名乗る紳士との共同経営であったこと、また、この農園には31人の徒弟がいたことが記録されています。これらの資料から、チプリアーニ家はトリニダードの裕福な名家であったことがわかります。ジョン・アンソニー・チプリアーニ(John Anthony Cipriani)は、ナポレオンの専制支配から逃れてジェノヴァからトリニダードに到着しました。彼はソフィア・リュータード(Sophia Lieutard)と結婚し、二人の息子、セバスチャン・チプリアーニ(Sebastian Cipriani)とチプリアーノ・チプリアーニをもうけました。セバスチャンはその後、ガラシア系移民のドン・マタス・マヤン(Don Matas Mayan)の曾孫の娘と結婚し、その息子はセント・ジョセフ市長となりました。

1851年と1867年には、セバスチャンは多言語植民地でフランス語、スペイン語、イタリア語の公式通訳を務めたと記録されています。チプリアーノ・チプリアーニは多くの職業に就いていました。彼は弁護士であり、亡くなった夫ジョン・アンソニーの財産をめぐる土地紛争事件で母ソフィア・チプリアーニ(Sophia Cipriani)の代理人を務めました。また、1836年の条例、すなわち「トリニダード植民地の道路と橋の建設、修理、維持に関する条例」に従い、チプリアーノ・チプリアーニは長官に任命されました。さらに、チプリアーノは土地の所有者でもあり、「1821年1月1日から1824年12月31日の間に抗告裁判所に提出された訴訟の報告書」には、彼の所有地の労働力に関する苦情が数多く提出されています。

奴隷解放後の数十年間、マラカス・バレーは主に自給自足の農業が中心でした。1840年代から1850年代にかけて、植民地行政が砂糖産業の救済と年季奉公労働者の輸入に力を注いだため、カカオへの関心が低下したためと考えられます。登記簿謄本には、オルティノラは1867年に裁判所を通じてハイポライト・ボルデ(Hypolite Borde)の所有となり、ジョン・ストーン(John Stone)が正式な譲受人となったと記録されています。トリニダード・ロイヤル・ガゼット(Trinidad Royal Gazette)には、ジョン・ストーンが通常土地問題を監督する俸給判事であったと記録されています。1867年から1880年まで、地元の歴史的記録はオルティノラ・エステートについて再び沈黙を守っていましたが、1870年代末から1880年代初頭にかけてのカカオ・ブームの時期に、この農園の名前が再浮上しました。この頃、ヨーロッパを拠点とする大都会諸国は、拡大する製菓産業の需要を満たすため、西インド植民地からカカオを採取しようとしていました。トリニダードでは、イギリス・バーミンガムのキャドベリー・ブラザーズが、1897年に2つの農園、ラ・マーセド(La Merced)とマラカス・バレー(Maracas Valley)を購入しました。キャドベリー・ブラザーズがこれら2つの農園を購入する以前にも、1880年頃からカカオ栽培の可能性を求めて、オルティノラ・エステートが、C・テナント・アンド・カンパニー・リミテッド(C.Tennant and Company Limited)によって買収されていたことが、記録資料から明らかになっています。この会社は後にテナンツ・エステート(1928年)社(Tennants Estates (1928) Ltd.)(1920年代の合併と再建を経て)と呼ばれ、クリストファー・グレイ・テナント卿(Lord Christopher Gray Tennant)(グレンコンナー男爵(Baron Glenconner)とも呼ばれた)が取締役の一人でした。テナンツ・エステートが島中に多くの広大な土地を所有していたことは、上記の1920年代の合併・再建契約書に記載された所有地一覧から明らかで、そのほとんどの農園は砂糖農園だったようですが(テナンツはスコットランドで蒸留所を所有していた)、オルティノラはカカオとコーヒーの農園であり、キャドベリー・ブラザーズとテナンツ・エステートの合弁会社でした。

プランテーション・グレート・ハウス(2001年から2003年にかけて修復され、現在も残っている)は1890年代に建てられ、キャドベリー・ブラザーズのマネージャー、J・P・ベイン(J.P. Bain)が住んでいました。初期のカナダ長老派宣教師ジョン・モートン(John Morton)牧師の妻サラ・モートン(Sarah Morton)の日記によると、1897年、モートン牧師は馬車でマラカス・バレーを訪れ、その日の夜遅くオルティノラ・エステートを訪れ、「オルティノラ・エステートにあるメサーズ・キャドベリーのマネージャー、J・P・ベイン氏の家で聖餐式を行った」。J・P・ベインは「ココア・ベイン(Cocoa Bain)」とも呼ばれ、経験豊かなカカオ・プランターとして知られていたようです。彼は引退後も、1900年代までグレート・ハウスに住んでいたようで、後に娘のジャネット・スタンホープ・ラヴェル(Janet Stanhope Lovell )と夫のジョン・ラヴェル(John Lovell)が続きました。テナンツ・エステート(1928年)社は、1960年代にオルティノラを売却し、1967年には現在もエステートを所有・管理している地元で法人化された会社に帰属することになりました。現在、1700年代後半から1800年代前半にかけての、このエステートの当初の所有者を特定するための研究が続けられています。そのような土地所有者の国籍(スペイン人、イタリア人、フランス人、またはイギリス人)が分かれば、「オルティノラ」という名前の意味も分かるかもしれません。

品種

品種はトリニタリオ(Trinitario)です。

サタデイズ・チョコレート トリニダード・トバゴ 80 オルティノーラ

トリニダード・トバゴ 80 オルティノーラ

トリニタリオ種が生まれたトリニダードトバゴのカカオ豆。
世界有数のカカオ研究所であるカカオリサーチセンター(CRC)があり
世界でも有数の高品質カカオを産出している。
.
トリニダード島の北部山地に位置するオルティノーラ農園産のカカオ豆。
英国植民地時代の前からカカオが栽培されていた由緒あるプランテーションです。
.
現在はCRCの元研究員が農園を監修。
山から湧き出る豊富な清水が流れる恵まれた環境で最高のカカオを育てています。
.
今回のロットのカカオは、繊細な白ワインや白ブドウのようなフレッシュさ、フローラルなアロマが特徴。
ハーブ、ココアのようなスパイス香も感じられミルキーなコクがある。
.
その繊細さを丁寧に表現するために120℃という比較的低い温度で焙煎。
カカオ豆と北海道の甜菜糖だけでカカオ分80%のハイカカオで仕上げました。
.
ハイカカオでありながらカカオ特有の苦さはなく、繊細なアロマが伝わってきます。
トリニタリオ種のカカオそのままを食するようなイメージで食してほしい。

サタデイズ・チョコレート

深みのあるカカオ感の奥に、繊細な甘味と酸味が広がります。味わい深い奥行きのあるカカオ感が印象的です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事