加藤珈琲店:エチオピアモカ・ラデュース

加藤珈琲店 エチオピアモカ・ラデュースの紹介です。加藤珈琲店は楽天市場では澤井珈琲店と並ぶ大手です。実店舗は愛知県名古屋市にあります。

加藤珈琲店 エチオピアモカ・ラデュース

エチオピアは東アフリカに位置する内陸国です。北をエリトリア、東をソマリア、南をケニア、北西をスーダン、北東をジプチに囲まれています。首都はアディスアベバです。また、かつてエチオピアはアビシニアと呼ばれていました。エチオピアコーヒーの主要な産地として、コーヒーの名の由来といわれるカファ地方、南部のシダマ地方、東部山岳地帯のハラー地方があります。国土のほとんどは高地にあたり、年間平均気温が13℃で涼しい気候です。

「モカ」という冠がつくコーヒーは、イエメン南西部サナア州バニー・マタル(マタリ)地方で生産される「モカ・マタリ」に代表されるイエメン産、エチオピア東部ハラール州で生産される「モカ・ハラール」に代表されるエチオピア産の二つがあります。この「モカ」という呼び名は、イエメンの紅海に面した西海岸の港町「モカ」から由来しています。イエメンの山岳地帯で収穫されたコーヒーは「モカ」に集められ、イスラム諸国、ヨーロッパへと輸出されていきました。

「モカ」の特徴は、「モカ臭」と呼ばれる独特の発酵臭です。また、コーヒー豆の形や大きさも不揃いで、最高グレードでも欠点豆が多いです。イエメン・モカは麝香を思わせる芳醇な香り、コクのなかに酸味を感じさせる複雑な味わいが他の豆にはない特徴です。それに対して、エチオピア・モカはコクは控えめで、さわやかな味わいと酸味が特徴です。イエメン産のコーヒーは数種類しかなく、収穫量も少ないです。それに比べてエチオピア産は数千種類あり、収穫量も多いです。

エチオピアはグレート・リフト・バレー(Great Rift Valley、大地溝帯)の入り口にあたり、北東の紅海から南西に向かって国土を半分に割るようにグレート・リフト・バレーが貫いています。グレート・リフト・バレーの西と東で、コーヒーノキのタイプに違いが見られます。シダモは東側の南部グループに位置付けられます。東側のコーヒーノキは人工的に栽培されたものがほとんどで、自生のコーヒーノキは見られません。

エチオピアモカ・ラデュースはエチオピア西部のレケンプティ、南部のシダモ産(Sidamo)のコーヒー豆のブレンドです。

モカ・レケンプティは、エチオピアの有名なコーヒー産地のひとつであるウォレガ地区(Wollega)で生産される豆です。ウォレガ地区は、エチオピア西部のスーダンとの国境に位置する標高3,200mのマウントウェレル山の山麓に位置します。ナチュラルのモカで、フルーティーできれいな香味と風味、良質な酸味と甘味が特徴です。モカのなかでは飲みやすい豆だと思います。

モカ・シダモはエチオピア南部のシダマ地方で生産されたコーヒー豆です。モカ特有の甘い香味と風味、上品な酸味とコクが特徴です。エチオピアモカのなかでも最もポピュラーで、香りつけのためにブレンドにも使用されることが多い豆です。

この珈琲豆はフルーティで上品な香りのエチオピアモカです。

自然栽培にて赤い実だけを丁寧に手摘みで収穫し、昔ながらのナチュラル製法で精選された珈琲豆です。モカの名産地レケンプティ、シダモ地区産のコーヒーを厳選致しました。

自然製法なので見た目は不揃いですが、素敵な風味です。モカ特有のフルーティで上品な香りと風味を存分に楽しむことができます。

香り:★★★☆
コク:★★☆☆
甘味:★★☆☆
苦味:★☆☆☆
酸味:★☆☆☆

『加藤珈琲店ホームページより』

焙煎

焙煎:シティロースト(8段階中5番目)

中深煎りです。2ハゼ(ピチピチという音)が始まったぐらいの焙煎度です 。日本人が好む焙煎度合いです。別名ジャーマンローストともいいます。

酸味と苦味がともに突出せず、バランスよく飲める焙煎度です。

欠豆、貝殻豆など、欠点豆が多く見られます。モカはもともと欠点豆の多い品種なので、欠点豆を取り除かないと、雑味が多くなり、味が落ちます。

レケンプティ産のモカ特有のフルーティな香りと風味がします。モカ特有の香りが特徴ですが、高品質なモカと比べると香りは劣ります。甘味、苦味、酸味は主張せず、飲みやすいです。

セットがオススメです。

 

 

 

 

 

単品はこちらから。

 

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2kg入・モカラデュースセット/(500g×4袋)/珈琲豆
価格:2158円(税込、送料無料) (2018/5/2時点)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事