Definitive.:パナマ レリダ  トレフ SL-34 ラバード ベスト・オブ・パナマ 2022年 バラエタルス部門 第6位

Definitive. パナマ レリダ トレフ SL-34 ラバード ベスト・オブ・パナマ 2022年 バラエタルス部門 第6位です。

Definitive.は、スペシャルティコーヒーロースターのCoffee with 4 Elementsが、パナマ専門のスペシャルティコーヒーの輸入業者であるBRISA & TIERRAと提携したオンラインショップです。

パナマ レリダ トレフ SL-34 ラバード ベスト・オブ・パナマ 2022年 バラエタルス部門 第6位

スポンサーリンク

フィンカ・レリダ

フィンカ・レリダ(Finca Lérida)は、フィンカ・レリダ ホテル・ブティック & コーヒー・プランテーション(Finca Lérida Hotel Boutique & Coffee Plantation)が経営するコーヒー農園とホテル事業です。

フィンカ・レリダ ホテル・ブティック & コーヒー・プランテーション(Finca Lérida Hotel Boutique & Coffee Plantation)は、レリダ・コーヒー・エステート(Lérida Coffee Estate)として、パナマ(Panama)チリキ県(Chiriquí Province)ボケテ地区(Boquete District)にコーヒー農園を展開しています。

フィンカ・レリダについては、以下の記事を参照してください。

レリダ トレフ SL-34 ラバード

フィンカ・レリダは、レリダ・エステート(Lérida Estate)、エスペレンドローサ・エステート(Esplendorosa Estate)、エル・サルト・エステート(El Salto Estate)、フローラ・エステート(Flora Estate)、アメリア・エステート(Amelia Estate)の5つの農園からなっています。

レリダ トレフ SL-34 ラバード(Lerida Tollef SL 34 Lavado)は、フローラ・エステートで栽培されたSL-34のウォッシュト(Washed)精製です。コーヒーチェリーは標高1,550mで完熟した状態で収穫された後、レリダ・エステートに運ばれ、水洗後、16日間高床式ベッドで乾燥されました。このロットは今年が生産初年度ですが、ベスト・オブ・パナマ(BoP)に出品できるだけの十分な収穫がありました。

品種

品種はSL-34です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

ベスト・オブ・パナマ 2022

レリダ トレフ SL-34 ラバード(Lerida Tollef SL 34 Lavado)は、2022年のベスト・オブ・パナマ(BoP)(Best of Panama)のバラエタルス(Varietals)部門で91.5点を獲得し第6位に入賞しました。

ロット品種プロセススコア重量入札単位入札合計数件名最高入札者
V-06SL 34Washed91.5100lbs$0.50$48.50/lb$4,850.00Lerida Tollef SL 34 LavadoLeuchtfeuer Coffee
Best of Panama - Auction 2022

2022年10月7日(日本時間)に行われたオークションで、1ポンドあたり48.50米ドルで、ドイツのロイフトフォイヤー・コーヒー(Leuchtfeuer Coffee)によって落札されました。

スポンサーリンク

Definitive. パナマ レリダ トレフ SL-34 ラバード ベスト・オブ・パナマ 2022年 バラエタルス部門 第6位

パナマ レリダ トレフ SL-34 ラバード ベスト・オブ・パナマ 2022年 バラエタルス部門 第6位

Producer Cupping Notes:Peach, mandarine, floral, sweet, chocolate and oranges.
Lerida Tollef SL 34 Lavado

ピーチやチェリーのような果実感のある甘さと酸味、シルクのように滑らかで非常にクリーンな口当たりが印象的です。SLの凝縮感のある酸味が穏やかで、ピーチやチェリーのような果実感を生んでいます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事