カフェテナンゴ:コスタリカ ピエ・サン ホワイトハニー

カフェテナンゴ コスタリカ ピエ・サン ホワイトハニーです。

カフェテナンゴ(Cafetenango)は、2008年に創業した東京都世田谷区の中米スペシャルティコーヒー専門店です。店主の栢沼 良行(かやぬま よしゆき)が直接現地の農園に赴き、信頼関係を築いた農園からコーヒーを買い付けています。

コスタリカ ピエ・サン ホワイトハニー

スポンサーリンク

ピエ・サン

ピエ・サン(Pie San)は、コスタリカ(Costa Rica)サン・ホセ州(San José Province)タラス・カントン(Tarrazú Canton)に位置する農園です。コーヒー生産地域としては、タラス(Tarrazú)に区分されます。

ピエ・サンは、ベネフィシオ ラ・リア(Beneficio La Lía)の所有農園の1つです。

ピエ・サンは、モンへ兄弟が2013年に購入した農園です。標高1,830m以上、10ヘクタールの面積で、多品種栽培を行っています。

品種

品種はレッド・カツアイ(Red Catuai)です。

コスタリカでは標高の高い場所ではカツーラよりもカツアイが多く植えられているようです。
カツーラ種は、標高が上がると生産性がだんだんと落ちると言われます。
しかしカツアイ種は、高い場所でも良く実を付けるそうです。

コスタリカの農園を見ていると、確かに高い場所に行くほどカツアイ種の作付割合が高くなるような気がします。

カフェテナンゴ

精製方法

精製方法はホワイトハニー(White Honey)です。

摘み取ったチェリーを、果肉除去機にかけて果皮と果肉をざっくりと取り除いた後に、デスムシラヒナドーラ(ミューシレージリムーバー)にかけて、果肉をさらに取り除いてアフリカンベッド(網棚)で乾燥させる。

最近のコスタリカにおいては、メカニカルウォッシュトやフリーウォッシュトと同じ意味で「ホワイトハニー」という言葉が使われることも多い。コスタリカのコーヒー用語は、シッパー、生産者によってバラバラで統一感が無く、生産者ごとに理解をしていく方が正確です。

カフェテナンゴ
スポンサーリンク

カフェテナンゴ コスタリカ ピエ・サン ホワイトハニー

コスタリカ ピエ・サン ホワイトハニー
コスタリカ ピエ・サン ホワイトハニー

ホワイトハニーの柔らかい甘さとすっきりとした飲み口が印象的です。繊細で綺麗な味わいが印象的です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事