カフェ ランバン:エチオピア イーストハラー4 ナフィシフィ

今回はカフェ ランバンのエチオピア イーストハラー4 ナフィシフィの紹介です。実店舗は北海道札幌市にある自家焙煎珈琲店です。パナマ エスメラルダ ゲイシャや、エリーゼブルー、コピ・ムサンなど、世界的にも希少なコーヒーを飲むことができる喫茶店です。

エチオピア イーストハラー4 ナフィシフィ

エチオピア

エチオピアは東アフリカに位置する内陸国です。北をエリトリア、東をソマリア、南をケニア、北西をスーダン、北東をジプチに囲まれています。首都はアディスアベバです。また、かつてエチオピアはアビシニアと呼ばれていました。エチオピアコーヒーの主要な産地として、コーヒーの名の由来といわれるカファ地方、南部のシダマ地方、東部山岳地帯のハラー地方があります。国土のほとんどは高地にあたり、年間平均気温が13℃で涼しい気候です。

エチオピアはグレート・リフト・バレー(Great Rift Valley、大地溝帯)の入り口にあたり、北東の紅海から南西に向かって国土を半分に割るようにグレート・リフト・バレーが貫いています。グレート・リフト・バレーの西と東で、コーヒーノキのタイプに違いが見られます。

「モカ」という冠がつくコーヒーは、イエメン南西部サナア州バニー・マタル(マタリ)地方で生産される「モカ・マタリ」に代表されるイエメン産、エチオピア東部ハラール州で生産される「モカ・ハラール」に代表されるエチオピア産の二つがあります。この「モカ」という呼び名は、イエメンの紅海に面した西海岸の港町「モカ」から由来しています。イエメンの山岳地帯で収穫されたコーヒーは「モカ」に集められ、イスラム諸国、ヨーロッパへと輸出されていきました。

「モカ」の特徴は、「モカ臭」と呼ばれる独特の発酵臭です。また、コーヒー豆の形や大きさも不揃いで、最高グレードでも欠点豆が多いです。イエメン・モカは麝香を思わせる芳醇な香り、コクのなかに酸味を感じさせる複雑な味わいが他の豆にはない特徴です。それに対して、エチオピア・モカはコクは控えめで、さわやかな味わいと酸味が特徴です。イエメン産のコーヒーは数種類しかなく、収穫量も少ないです。それに比べてエチオピア産は数千種類あり、収穫量も多いです。

イースト ハラー4 ナフィシフィ

エチオピア イースト ハラー4 ナフィシフィの生産されるハラール(Harar)はエチオピア東部のハラリ州の都市です。エチオピア高原の東の丘の上にあり、海抜1900mと高い標高、火山灰土壌、昼夜の寒暖差の大きい気候が、コーヒー栽培にふさわし環境を生み出しています。ハラールは7世紀から11世紀の間につくられた都市で、エチオピア正教という独特のキリスト教信仰を持つキリスト教国のエチオピアの中で、イスラム色の強い都市です。ハラールは16世紀頃までエチオピアとは独立した都市であり、領土を巡る争いに備えるために作られたジュゴルと呼ばれる高さ5m城壁に囲まれています。ハラールには87のモスクが存在し、16世紀から19世紀前半にかけてはイスラームにおける第4の聖地とも考えられていました。当時は禁断の町であったハラールに最初に足を踏み入れたヨーロッパ人は、大英帝国の冒険家、リチャード・バートン卿(Sir Richard Francis Burton)です。後に商人となったフランスの詩人アルチュール・ランボー(Arthur Rimbaud)もこの町に滞在しています。

ハラール滞在中のランボー、Wikipediaより

エチオピア イースト ハラー4 ナフィシフィ(Ethiopia East Harrar 4 Nafisifi)は、ハラーホース(Harrar Horse)のコーヒーブランドで最もよく知られているハラリ地区(Harari)の伝説的な家族経営の農園で生産されています。ハラーホースのコーヒーは、数十年にわたって姿を消していました。このロットを調達した ナフィシフィー(Nafisifi)の共同設立者であるラシッド氏(Rashid Abdullahi)は、ハラーホースのブランドを有名にしたソマリアの王モハメド・アダラヒ・オグサディー氏(Mohamed Adullahi Ogsadey)の甥です。オグサディー氏は2006年に自動車運転中に心臓発作で亡くなります。さらにエチオピアコーヒーは2008年春に残留農薬が検出されて以来、輸入量が激減し、一時日本の市場から姿を消しました。この残留農薬問題も重なって、エチオピア イースト ハラー4 ナフィシフィはしばらくの間姿を消します。今回紹介するエチオピア イースト ハラー4 ナフィシフィは消滅してしまった伝説のハラーです。ラシッド氏はハラーの過去の栄光を取り戻そうと、20年以上を費やしてきました。 ラシッド氏はそれにふさわしいチェリーを選別し、徹底的な乾燥を実現するためのベッドプロジェクトを実施しました。

モハメド・アダラヒ・オグサディー氏

ハラーはエチオピア西部のハラー地区で一般的な品種です。木に力があり、生産性が高いですが、病気にかかりやすいのが特徴です。 モカハラーは、豆の大きさによって3つの規格に分けられています。

  1. ボールドグレイン(Bold Grain)
  2. ロングベリー(Long berry)
  3. ショートベリー(Short berry)

この中でボールドグレインが最高品質です。ボールドグレインは大粒の豆が2度に渡って選別されたものです。高品質で、数量が少ないため高級品として取引されています。モカハラーではロングベリーが一般的な品質規格です。通常モカハラーと呼ばれるものはロングベリーの規格です。

エチオピアのコーヒー豆は、欠点豆の混入率によって格付けされています。

グレード300g中の欠点の数
G10~3個
G24~12個
G313~27個
G428~45個
G546~90個

等級には欠点豆の混入率によって、グレード1~8までに分けられています。 日本に輸入されているのはグレード5以上のもので、 湿式タイプはグレード2に格付けされています。 湿式タイプで代表的なものが、イルガチェフェで、 乾式タイプの代表的なものにモカハラーがあります。

エチオピアコーヒーは脂肪分が多く、割れやすいため、欠点豆が出来やすい特徴があります。こちらのエチオピア イースト ハラー4 ナフィシフィはグレード4なので欠点豆の混入が多めです。

乾燥方法はドライベッドでの天日乾燥です。エチオピアで上げ底のベッドで乾燥工程を始めたのはオグサディー氏です。その当時は、ほとんどのエチオピアのナチュラル(乾式)は、イルガチェフェにおいてさえ、セメントパティオの厚い層でまだ乾燥していました。そして、それまでハラールでは(そして、現在でもほとんどの場所でそうです、コーヒーノキの間の泥の上でコーヒーチェリーを乾燥させるのがスタンダードな方法でした。

味の特徴は完熟ブルーベリーとコンコードワインのフレーバーが特徴です。ハラーホースといえばブルーベリーの代名詞のような存在です。歴史を背負ったコーヒーなので、コーヒー好きの方は一度は飲んでおくべきコーヒーだと思います。

カフェ ランバンのエチオピア イースト ハラー4 ナフィシフィ

イルガチェフェなどで有名なエチオピア、その中でも最高級品として取引されるのがこのハラー地区で収穫された「モカハラー」です。完熟ブルーベリーやコンコードワインのようなフレーバーを持っています。

カフェ ランバンホームページより

カフェ ランバンでは、コーヒー豆の焙煎度を選ぶことができますが、こちらのエチオピア イースト ハラー4 ナフィシフィは浅煎り(ライトロースト)、中煎り(ミディアムロースト)、深煎り(フレンチロースト)から選択できます。

焙煎

焙煎:ライトロースト(8段階中1番目)

最も浅煎りです。ライトローストでは香りもコクも引き出すことができないので、ライトローストのコーヒーはほぼ存在しません。

カフェ ランバンでは浅煎りでも、充分に香りが引き出されています。その他の苦味、コクなどがないため、香りの印象がダイレクトに伝わっています。

通常はコーヒーを粉の状態で買うと、酸化が速くなるのでオススメできませんが、カフェ ランバンの浅煎りはお店で挽いてもらった粉の状態で買うことをオススメします。

こちらはライトローストです。欠点豆若干あります。

ブルーベリー系のフレーバーが綺麗に出ています。通常のモカよりもぶどう系の味わいです。

焙煎

焙煎:ミディアムロースト(8段階中3番目)

中浅煎りです。ちょうど基準となる焙煎度です。1ハゼが終わったぐらいの焙煎度です。酸味が強く、苦味は弱いです。焙煎する最初の段階の時にちゃんと水分抜きを行わないと、渋みが目立って、飲みにくくなります 。コーヒー豆の品質が味にわかりやすく表現される焙煎度合いです。高級豆はこのミディアムローストが多いです。

こちらは中煎りです。お店で挽いてもらった状態です。粉の粒がきれいです。

引き続きブルーベリーのようなフレーバーが印象的です。浅煎りよりもフレーバーの印象は落ちますが、酸味、甘味、コクのバランスが良くなっています。コンコードワインのような甘味が出ています。

焙煎

焙煎:フレンチロースト(8段階中7番目)

フランス式の極深煎りです。2ハゼ(ピチピチという音)の終わりぐらいの焙煎度です。カフェオレやウィンナーコーヒー・エスプレッソなどに向いています。
酸味はほとんどなく苦味が強く感じられます。苦味、コクに加えて厚みが出てきます。コーヒー豆の色はほ黒に近いこげ茶で、油が滲みます。エスプレッソやクリームを加えて飲むフランスやイタリアのコーヒー向きの焙煎です。

欠点豆若干あります。通常のフレンチローストよりも浅煎りです。

引き続きブルーベリーのようなフレーバーが印象的です。酸味、甘味、苦味、コクのバランスがいいです。深煎りなので苦味がありますが、甘味が引き立っているので、気になりません。通常のコーヒーに近い印象です。

総合評価

ブルーベリーのフレーバーとコンコードワイン のような甘みが、他のエチオピアコーヒーにはない印象です。

注文はこちらから。

*記事は投稿時時点の情報です。詳しい在庫状況はホームページからご確認ください。

<参考>

「Back on the Horse」,Royal Coffee<https://royalcoffee.com/back-on-the-horse/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事