カフェ ランバン:エルサルバドル サンタテレサ農園 温泉パカマラ

カフェ ランバンのエルサルバドル サンタテレサ農園 温泉パカマラです。実店舗は北海道札幌市にある自家焙煎珈琲店です。パナマ エスメラルダ ゲイシャや、エリーゼブルー、コピ・ムサンなど、世界的にも希少なコーヒーを飲むことができる喫茶店です。

エルサルバドル サンタテレサ農園 温泉パカマラ

スポンサーリンク

エルサルバドル

エルサルバドル(El Salvador)は中米に位置する共和制国家です。北西にグァテマラ、北と東にホンジュラスと国境を接しており、南に太平洋が面していて、中米では大西洋岸を持たない唯一の国です。

エルサルバドルは「救世主」と言う意味で、単にサルバドルと呼ばれることもあります。エルサルバドルは総面積21,040.79平方kmとパナマ、ベリーズを含む中米7か国の中で最も小さい面積のなかに、火山が20以上もある火山国です。エルサルバドルは中米の日本と呼ばれるほど火山と温泉が多く、火山灰の土壌と水質は栄養分豊富でコーヒー栽培には適した環境です。標高600m以上の高原が大半を占めているため、熱帯性気候にもかかわらず内陸部は温暖な気候です。

首都はサン・サルバドル(San Salvador)です。標高600m-900mのなだらかな傾斜地で、低所得者層は旧市街(セントロ地区)住んでおり、治安が悪いです。高所得者層は標高の高いところに住んでいます。

エルサルバドルはかつては一大コーヒー生産大国で、国立コーヒー研究所(Instituto Salvadoreño de Investigaciones del Cafe、略称ISIC)という当時ブラジル、コロンビアの研究所と並ぶ世界屈指のコーヒーの研究所がありました。コーヒーハンターとして知られるホセ(Jose.)・川島良彰氏が唯一の研究生として留学していた研究所です。

エルサルバドルはかつては世界4位の生産量を誇るコーヒー大国でしたが、内戦、さび病の流行を経て衰退してしまいました。2013年にエルサルバドルではコーヒー栽培の大敵であるサビ病の病気の流行により、エルサルバドルのスペシャルティコーヒーの生産量が激減しました。現在はさび病の被害から着実に回復しています。コーヒー大国としての復活の望まれる国の一つです。

エルサルバドルのコーヒーの歴史については以下の記事を参照してください。

スポンサーリンク

サンタ・テレサ農園

エルサルバドル サンタテレサ農園、アタカ通商 商品ページより

サンタ・テレサ農園(Santa Teresa Estate)は、エルサルバドル最西部、グアテマラ国境付近のアウアチャパン県(Departamento de Ahuachapán)アタコ市(Ataco)に位置しています。アンティグアから車で2時間、サン・サルバドルから車で1時間です。アワチャパンには間欠泉と天然温泉が涌き出ていて、観光スポットとなっています。アタコ市はナワ族のナワトル語で「陽気な春と豊かな火山性土壌の土地」を意味します。その言葉の通り、理想的な山岳気候、肥沃な火山性土壌、そして良質な温泉水が、サンタ・テレサ農園のコーヒーをユニークなものとしています。

サンタ・テレサ農園は1875年にテラス・モラン氏(Teresa Moran)の父親によって買い取られたのが始まりです。この農園は世界で唯一、間欠泉と天然温泉の湧水地を持つコーヒー生産地です。サンタ・テレサ農園はバトレス家(Batres Giammattei Family)が所有する7つの農園の中で一番大きい農園です。農園主はバトレス家の6代目のマルコ氏(Marcos Antonio Batres Bendix)です。

品種

品種はパカマラ種(Pacamara)です。1950年代にエルサルバドルで発見されたブルボンの突然変異種パーカス(Pacas)とブラジルで生まれたティピカの突然変異種マラゴジペ(Maragogype)の交配種で、エルサルバドルコーヒー研究所(スペイン語:Instituto Salvadoreño para Investigaciones del Café、英語:Salvadorean Institute for Coffee Research)によって最初に開発されました。「コーヒーハンター」のホセ(Jose.)・川島良彰氏が留学していたコーヒー研究所です。パカラマを世界で最初に栽培した農園はエルサルバドルのモンテ・カルロス農園です。

パカマラには赤いコーヒーチェリーのレッドパカマラ(Red Pacamara)と、黄色いコーヒーチェリーのイエローパカマラ(Yellow Pacamara)もあります。スクリーンS18+が95%以上を占める非常に大粒の豆です。

サンタ・テレサ・ミル

エルサルバドル サンタ・テレサ農園 温泉パカマラの特徴はそのユニークな精製方法にあります。バドレス家の持つサンタ・テレサ・ミル(Santa Teresa Mill)は水洗に間欠泉を利用する世界で稀な精製工場です。サンタ・テレサ・ミルの天然湧水は有名なエル・ザポテ温泉(El Zapote)を源泉にしています。この温泉の湧き水は現地では長年にわたり長寿の水として地元の人たちに飲まれていて、アウアチャパンの観光スポットとして人気を博しています。

このサンタ・テレサ・ミルは地熱エネルギーの使用に関する企業家活動のカテゴリーで「2003年国立環境賞(the 2003 National Environmental Award )」、2006年には「2006年中央アメリカ環境革新賞(the 2006 Central America Award for Environmental Innovation)」を受賞しました。

このミルではマッキノン(Mackinon)とジョン・ゴードン(John Gordon)のデパルパー(果肉除去機)を使用し、温泉水で水洗後、自然発酵させます。廃水はより速く蒸発ができる地熱沈殿タンクに運ばれます。乾燥は天日乾燥か地熱を利用した乾燥機が用いられます。

精製方法

温泉パカマラのロゴ、アタカ通商 商品ページより

精製方法は85℃の温泉水を2インチのパイプで温泉プールに引き込み、標高別の6つのプールに流し込み、精製します。最後の6番目のプールは32~34℃にまで冷却されています。パドレス家の所有するサンタ・テレサ・ミルの温泉水で水洗されたコーヒーに、ロス・ノガレス農園(Los Nogales Estate) 温泉ブルボン、エル・マドリアード農園(El Madriado Estate) 温泉ブルボン、モンテレイ農園(Monteray Estate) 温泉ピーベリー 、モンテクリスト農園(Montecristo Estate) 温泉ゲイシャなどがあります。

サンタテレサ農園の温泉、アタカ通商 商品ページより

温泉水の成分は以下の通りであり、この温泉の含む臭化カリウムがコーヒーに甘味をもたらすと言われています。

温泉水の成分についてph 度 8.02 アルカリ飲料水
カルシウム24.19mg/リットル
マグネシウム4.84mg/リットル
臭化カリウム24.63mg/ リットル(コーヒー成分に甘味を加える力あり)
ナトリウム24.63mg/リットル
硫酸塩92.85mg/リットル
クロルロス19.22mg/リットル
ニトラトス0.50mg/リットル 窒素系
ニトリトス0.40mg/ リットル 窒素系

「アタカ商会ホームページより」

スパリゾート

サンタテレサ農園のスパリゾート

サンタ・テレサ農園は、地熱によるコーヒーのドライミルと精製に利用した温泉排水の浄化、温泉水とコーヒー豆外皮を材料とした有機肥料などが評価され、2003年エルサルバドル環境賞を受賞し、2006年には中米環境革新賞を受賞しています。現在、サンタテレサ農園はコーヒー生産だけではなく、30に及ぶ温泉プール、コテージやレストランを造設し、エコツーリズムプロジェクトを推進しています。

味の特徴はバニラのような甘いフレーバーと柔らかな甘味が特徴です。温泉水による精製によって味わいが非常に柔らかくなり、温泉水に含まれる臭化カリウムが甘味をもたらします。

スポンサーリンク

カフェ ランバンのエルサルバドル サンタテレサ農園 温泉パカマラ

サンタテレサ農園は間欠泉と沸き立つ温泉に囲まれた世界でも稀有なコーヒー農園です。一世紀以上にわたって、バトレス家によって所有されています。
サンタテレサ農園で作られる珈琲は冷却された温泉水で精製されています。この温泉の湧き水は現地では長年にわたり長寿の水として地元の人たちに飲まれています。

カフェ ランバンホームページより

カフェ ランバンでは、コーヒー豆の焙煎度を選ぶことができますが、こちらのエルサルバドル サンタテレサ農園 温泉パカラマは浅煎り(ライトロースト)、中煎り(ミディアムロースト)、深煎り(フレンチロースト)から選択できます。

浅煎り(ライトロースト)

バニラのようなほのかな甘味とフレーバーのとても柔らかい味わいのコーヒーです。

中煎り(ミディアムロースト)

バニラのような柔らかな甘味とフレーバーが印象的な、とてもクリーンな味わいのコーヒーです。

深煎り(フレンチロースト)

バニラのような甘味がある柔らかい口当たりのようなコーヒーです。深煎りでも苦味はあまり感じられず、クリーンな味わいです。

<参考>

「温泉パカマラ サンタテレサ 2018」,ATC Specialty Coffee<http://www.specialtycoffee.jp/beans/2159.html>2019年11月15日アクセス.

「86.11」,Alliance For Coffee Excellence<https://allianceforcoffeeexcellence.org/directory/86-11-3/>2019年11月15日アクセス.

「89.34」,Alliance For Coffee Excellence<https://allianceforcoffeeexcellence.org/directory/89-34-2/>2019年11月15日アクセス.

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事