カフェ・ブルー:ジャマイカ ブルーマウンテン・コーヒー・ダーク・チョコレート
スポンサーリンク

ジャマイカ ブルーマウンテン・コーヒー・ダーク・チョコレート

スポンサーリンク

カフェ・ブルー ブルーマウンテン・コーヒー・ダーク・チョコレート

ブルーマウンテン・コーヒー・チョコレートのパッケージ

カフェ・ブルー(Café Blue)は、2005年にシャープ家(Sharp Family)によって設立されたジャマイカ(Jamaica)のカフェ経営会社です。カフェ・ブルーは、ジャマイカでいくつかのカフェを経営しています。

ブルーマウンテン・コーヒー・ダーク・チョコレート(BLUE MOUNTAIN COFFEE DARK CHOCOLATE)は、カフェ・ブルーが製造しているチョコレートです。日本未発売です。

ジャマイカは、世界の23のカカオ生産国のうちの1つです。カフェ・ブルーのチョコレートには、ジャマイカ中部と西部の約3,000の小規模農家が生産しているカカオが使用されています。

チョコレートとコーヒーは、フード・ペアリング(食べ合わせ)の相性に優れています。「コーヒーとダークチョコレートはなぜ相性ぴったりなのだろうか」というニュース記事によると、コーヒーは「味覚の甘味感受性は高める一方、苦味の感受性は低下させる」そうです。

 デンマークのオーフス大学の研究チームは、コーヒーと甘味の関係を調べる実験をした結果、コーヒーが味覚の甘味感受性は高める一方、苦味の感受性は低下させることが分かったと明らかにした。研究チームは156人の実験参加者を対象にコーヒー(エスプレッソ基準)を飲む前後に嗅覚と味覚作用にどのような変化が起きるのか調べた。実験の結果、嗅覚はコーヒーを飲む前後で何の変化もなかった。一方、味覚では明らかな差があった。実験参加者らはコーヒーを飲んだ後に甘味に少し敏感になり、苦味には鈍感になった。これは苦味が甘味の感知能力を抑制すると知られていたこれまでの研究とは異なる結果だ。例えば以前の研究では、コーヒーに入っているカフェインとキニーネが甘味受容体の活性を抑制することが明らかになったことがあると研究チームは紹介した。

コーヒーとダークチョコレートはなぜ相性ぴったりなのだろうか」,HANKYOREH 2020年4月24日.

カフェ・ブルー ジャマイカ ブルーマウンテン・コーヒー・ダーク・チョコレート

左 ブルーマウンテン No.1 クライスデール ナチュラル 右 ブルーマウンテン・コーヒー・ダーク・チョコレート
ブルーマウンテン・コーヒー・ダーク・チョコレート

このチョコレートは、商社のアタカ通商のプレゼント企画で配られたチョコレートです。カカオ含有量57%のダークチョコレートです。

ダークチョコレートの濃厚なボディをベースに、スモーキーなフレーバーとスパイシーな味わいが広がります。大人な味わいの中に、ほのかな甘味を感じるチョコレートです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事