スターバックス リザーブ®:ボリビア クシロ ファーム ジャバ

スターバックス リザーブ®のボリビア クシロ ファーム ジャバです。スターバックスは言わずと知れた世界的なコーヒーチェーンです。スターバックス リザーブ®は一部限定店舗でのみ取り扱われる希少なコーヒー豆です。お店で飲むこともできますが、豆を購入することもできます。お店ではクローバーというスターバックス独自の抽出マシーンで淹れたコーヒーを飲むことができます。

ボリビア クシロ ファーム ジャバ

ボリビア

ボリビア(Bolivia)は、南アメリカの共和国です。北東をブラジル、南をアルゼンチン、南東をパラグアイ、南西をチリ、北西をペルーに囲まれた内陸国です。憲法上の首都はスクレ(Sucre)ですが、実際上の首都はラパス(La Paz)です。

アンデス山脈はボリビア西部にまたがり、3つの主要地域を形成しています。西部の山岳地帯の高地とアルティプラーノ(Altiplano、2つかそれ以上の山脈の間に広がる標高の高い平坦な高原地帯)、東部の山の斜面にある亜熱帯のユンガス地域(Los Yungas)と温帯の渓谷、そして、リャノ (llano)またはオリエンテ (Oriente)と呼ばれる北部と東部に広がるアマゾン熱帯の低地です。

ボリビアは金・銀・錫・石油・天然ガス・リチウムなどの豊富な天然資源を持っていますが、かつて「黄金の玉座に座る乞食」と形容されたように、ラテンアメリカで最も開発が低く貧しい国です。この深刻な貧困国にとって、経済、社会、そして環境の持続可能性を支える質の高い製品を生み出すのに必要なインフラストラクチャや技術を開発することが問題となっています。

ボリビアのコーヒーの歴史は、ブラジルからコーヒー農園の黒人奴隷が逃亡したときに苗木を持ち込んだのが始まりです。ボリビアのコーヒー生産はラパスの北東にあるユンガス(Los Yungas、地元のケチュア語で「暖かい谷」の意味)の農村地域に集中しており、そこでボリビアの約95%のコーヒーが生産されます。ユンガス地方のマイクロクライメット(微気候)、高い標高(1,400-2,100m)、肥沃な土壌、温暖な気候は高品質なコーヒー生産に最適です。他のコーヒー生産地域にはサンタクルス(Santa Cruz)、ベニ(Beni)、 コチャバンバ(Cochabamba)、タリハ(Tarija)、パンド(Pando)があります。

ボリビアコーヒーの歴史

ボリビアのコーヒー生産は1880年代にさかのぼります。ボリビアでは長年にわたり、ほとんどのコーヒー農園は裕福な大規模土地所有者によって所有されていました。ボリビア政府は1991年の土地改革によって、大部分の大規模土地所有を収用し、それらを農村の23,000の農家に再分配しました。1〜8ヘクタールの小さな区画が再分配され、ボリビアのコーヒーの85〜95%を生産しています。そこで栽培される品種のほとんどが有機栽培のアラビカ種です。

ボリビアコーヒー業界全体では、28の民間企業がコーヒー輸出貿易の70%以上を支配しています。残りの30%は、ボリビアの17のコーヒー協同組合によって取引されています。民間部門と協同組合部門の両方がボリビアコーヒー委員会であるコボルカ(Comite Boliviano del Cafe(Cobolca))のメンバーです。ボリビアのコーヒーのほとんどは、アメリカ、ドイツ、その他のヨーロッパ諸国、ロシア、日本に輸出されています。

ボリビアでは2004年からカップ・オブ・エクセレンス(Cup of Excellence)が始まり、ボリビアコーヒーの認知度を高めましたが、ボリビアコーヒーは世界で最も高い標高と最も低い緯度で生産されるため、この国で生産される様々なコーヒーはまだ市場に充分に紹介されていません。

ボリビアは、高い標高、肥沃な土壌、定期的な雨期など、高品質のコーヒー生産のためのすべての条件が揃っています。しかし、険しい地形とインフラや技術の欠如により、収穫後の品質管理は困難な課題となっています。ボリビアコーヒーはかつてはブレンドにのみ適した低品質のコーヒー生産国と考えられていましたが、現在、コーヒー産業の変革に取り組んでいます。

ボリビアの高品質なコーヒー生産は、アメリカが麻薬戦争の一環としてボリビアのコーヒー生産を支援したことが始まりです。アメリカからの開発援助によって、コーヒー農家の近くに精製加工施設が設立されるようになりました。それまでコーヒー生産者は、自分たち農園でコーヒーチェリーをパルピング(Pulping、果肉除去)してから、それをコーヒー生産地域から遠く離れたところにある集中処理所に運んでいました。まだ乾燥していないコーヒー豆は、山を通り抜ける長い曲がりくねった道で様々な高度や気候条件で運ばれるため、極端に変化する気温にさらされることになり、ダメージを受けていました。しかし、精製加工施設が農家の近くに設立されることによって、運送の手間と労力がなくなり、コーヒー豆が傷むことなく、精製することができるようになりました。

ボリビアのコーヒー生産量の減少

ボリビアのコーヒー生産量、Melbourne Coffee Merchantsより

しかし、ボリビアのコーヒー生産量は年々減少しています。2006年の年間輸出は約8万5000袋で、 2010年約7万袋でした。(これはブラジルの1つの大農園の年間生産量に相当します)。 2014年には年間輸出3万袋にまで半減しました。

ボリビアのコーヒー生産量の減少、TeleSUR Englishより

この減少に寄与するいくつかの要因があります。 1つは、コーヒー生産はボリビアで伝統的に栽培されるコカと競合していることにあります。コカは一年中収穫でき、儲けやすいため、農家はコーヒー栽培よりもコカ栽培を選びます。しかし長期的に見ると、コカ畑はコミュニティと土地に壊滅的な影響を与えます。手付かずのままの熱帯雨林はコカ栽培のために違法に破壊され、そしてシェードツリーの欠如は侵食に繋がる大きな問題を起こします。コカ生産者が作物を強くするために殺虫剤を過剰に使用すると、土壌も時間の経過とともに不毛になります。そこには他に何も育てることができないので、その土地は放棄されます。

コーヒー生産を支援し促進する中央組織が存在しないことも、ボリビアのコーヒー貿易の活力を脅かしています。グアテマラやブラジルのような他のコーヒー生産国とは異なり、ボリビアのコーヒー生産者は政府や国の農業団体からの支援を受けていません。歴史的には、アメリカの麻薬戦争の一環として、コカの代替作物としてコーヒー栽培が支援されていました。しかし、先住民族出身のエボ・モラレス(Evo Morales)が大統領になると、彼はアメリカによる支援を止めました。それは彼が元コカ生産者で、アメリカ帝国主義の象徴であるコーヒー生産よりも、ボリビアの伝統的な農産物としてコカ栽培を推進しているためです。

クシロ ファーム

ペドロ・ロドリゲス氏のインタビュー、Market Lane Coffeeより

ボリビア クシロ ファーム(Kusillo farm)はラパス県(La Paz)ユンガス地方(Los Yungas)南部カラナビ(Caranavi)に位置しています。カラナビは人口約50,000人のユンガス地方最大の都市です。ペルーとボリビアにまたがる古代湖、3,890mの天空に近いチチカカ湖(Titicaca)周辺の都市の一つです。

クシロ ファームの位置するカラナビは、ボリビアのコーヒーの大部分が生産される地域で、アンデス山脈の北東山麗にあたる標高の高い地域です。農園の標高は1,445mです。

この農園はペドロ・ロドリゲス氏(Pedro Rodriguez)の運営するブエナビスタ エステートの一部です。ブエナビスタ エステートのコーヒーは、スターバックス リザーブ®で取り扱いがあります。

ブエナビスタ エステートについては以下の記事を参照してください。

クシロについて

クシロの踊りとライミ・ボリビアの音楽、Ritmos Bolivianosより

農園名の「エル・クシロ(El Kusillo)」は、ボリビアの伝統舞踏でトリックスターの役割を果たす道化師からその名前が取られています。

アイマラ族(Aymara)のコミュニティやラパス周辺では、ボリビアの伝統舞踏を見ることができますが、クシロはパッチワークで構成された派手な衣装や面白おかしく誇張されたマスクを被り、踊り手たちの間をアクロバティックに飛びまわります。

ラパスのフィエスタ・デル・グラン・ポデール(スペイン語:Fiesta del Gran Poder、大きな力の祭典(英語:Festival of the Great Power)という意味)オルロのカーニバル(スペイン語:Carnaval de Oruro、英語:Carnival of Oruro)の大規模な祭典では、カラフルに着飾ったクシロが登場します。

クシロはアイマラ族の民話と結び付けられて考えられ、ある人はいたずら好きな猿と、他の人はトリッキーな狐と同一視します。

ボリビアのコーヒー袋、アグリカフェ ホームページより

ボリビアの生豆は、クシロの衣装のように色鮮やかなストライプ模様の袋に入れられ、出荷されます。

品種

品種はジャバ種(Java)です。この品種は19世紀初頭にエチオピアから当時オランダ領であったジャバ島に導入されたことから、この名が取られています。

ジャバ種は現地の農家からフランスの種子会社であるヴィルモラン社(Vilmorin company)を介してカメルーンに渡りました。この品種がアフリカ土着のコーヒー実炭疽病(Coffee Berry Disease (CBD))に耐性があることから、約20年間の選抜を経て、1980-90年頃カメルーンでの栽培のためにリリースされました。

1991年にコスタリカに入り、現在では中南米でも栽培されていますが、この品種を栽培している農園は少なく、希少性の高い品種です。

クシロ農園では、このジャバ種とカツーラ種(Caturra)の2品種を栽培しています。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed、湿式)です。ウォッシュトは収穫したコーヒーチェリーをパルピング(pulping、果肉除去)し、発酵と水洗い後、パーチメント(Parchment)を乾燥させ脱穀する方法です。ウォッシュトでは水洗いするためキレイな味わいに仕上がります。

繊細でフローラルな香りに、風味豊かな洋ナシを思わせる味わいと、ハチミツのような甘みが感じられるコーヒー

スターバックス ホームページより

洋梨のような芳醇な香りと甘味があり、この甘味はハチミツのようにも感じられます。

スターバックス リザーブ®のボリビア クシロ ファーム ジャバ

STARBUCKS RESERVE®とは

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックスホームページより

※ラベルデザイン

このカードのバックにデザインされている光輝く道は、古くから世界中で栽培されてきたジャバ種が辿ってきた長い歴史を表しています。そして、このコーヒーが栽培された農園でシェードツリーとして強い日差しからコーヒーの木を守るバナナの木と果実を描いています。また、帆を張った小舟を通じて、このコーヒーが産地から世界中に届けられる旅路を表現しています。そして、満開に花を咲かせたコーヒーの木で、このコーヒーのもつフローラルな香りを表しました。

スターバックスホームページより

焙煎

スターバックスは、コーヒーをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。こちらのボリビア クシロ ファーム ジャバはスターバックスミディアムローストであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアムロースト

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

ジャバ種は細長く、比較的大粒なのが特徴です。

スモーキーなフレーバーがあり、焙煎がうまくっていないように思います。洋梨のような味わいやハチミツのような甘味はありますが、スモーキーなフレーバーに上書きされてしまっています。

<参考>

「ISSUE 70」,Bolivian Express<http://www.bolivianexpress.org/magazines/70>2019年12月14日アクセス.

「Java」,World Coffee Research<https://varieties.worldcoffeeresearch.org/varieties/java>2019年12月14日アクセス.




Twitterでフォローしよう

おすすめの記事