スターバックス リザーブ®:エクアドル エル アウアカ

スターバックス リザーブ® エクアドル エル アウアカです。

スターバックス リザーブ®は、スターバックスの一部限定店舗でのみ取り扱われる限定コーヒーです。

エクアドル エル アウアカ

スポンサーリンク

エクアドル

エクアドル(Ecuador)は南米西部の国です。北にコロンビア、東と南にペルーと国境を接し、西は太平洋に面しています。エクアドル本土から西に約900~1,000km離れた位置に、大西洋に浮かぶエクアドル領土のガラパゴス諸島(Islas Galápagos)があります。一般的にはあまり知られていませんが、ガラパゴスでもコーヒーが栽培されています。

エクアドルと言う国名は、「赤道」を意味しています。首都のキト(Quito)が位置する標高2,850m付近の中央の高地に、赤道が通っていることがその名の由来です。

エクアドルはアンデス山脈の険しい地形によってそれぞれの地方が隔てられているため、それぞれの都市の独立心が強い国です。エクアドルの独立後、ラ・シエラの人口が集中し、植民地行政の中心地で首都となるキトではメスティーソ(スペイン語:Mestizo、白人とラテンアメリカ先住民の混血の人々)が力を持っていました。他方で、エクアドルの独立で主導権を握ったクリオーリョ(スペイン語:Criollo、スペイン領植民地で、スペイン人を親に持つ現地生まれの人々)はカカオの輸出で力をつけたラ・コスタの主要な港で最大の新興都市グアヤキル(Guayaquil)で富裕層を形成していました。この2つの都市の間に対立があったため、どちらの名前でもない「エクアドル(赤道)」が国の名前として選ばれました。

エクアドルは1822年にコロンビアの一部としてスペインから独立し、1830年にコロンビアからも独立しました。しかし、長い植民地時代を経たため、現在では、先住民は人口の7%に過ぎません。わずかに採掘できる石油とバナナ、カカオ、コーヒーなどの農産物が産業の中心です。

エクアドルは南北約1,000kmにわたって走るアンデス山脈によってその国土を、海岸地方のラ・コスタ(La Costa)、中央アンデス地方のラ・シエラ(La Sierra)、東部熱帯低地のエル・オリエンテ(El Oriente)という3つの気候区に分けることができます。エクアドル ピチンチャ ボルケーノが生産される北部のピチンチャ県(Pichincha Province)は、ラ・シエラに分類されます。

ラ・シエラ

ラ・シエラは、標高もさまざまで、アンデス気候と亜熱帯気候を併せ持っています。ラ・シエラは標高6,310mでエクアドルの最高峰チンボラッソ山(Chimborazo)をはじめ、4,000m-6,000m級の22もの万年雪を頂いた山々を有しています。活火山が多く、パラモ(Paramo)と呼ばれる乾燥した草地が点在します。低地には、熱帯雲霧林をたたえる山がひろがります。1日のうちに四季が訪れると言われるほど昼夜の寒暖差が激しく、日中は22℃前後まで上がります。このように高い標高、火山性の肥沃な土壌、昼夜の寒暖差の激しい気候が高品質のコーヒー栽培に適した環境です。かつてアンデスのフィレンツェと呼ばれていたように、年間を通して春のような気候が特徴です。雨季は10-5月、6-9月が乾季にあたります。

エクアドルのコーヒー生産

エクアドルにコーヒーが導入されたのは、19世紀半ばのことです。最初にコーヒーが植えられたのはマナビ県(Manabi Province)です。エクアドルはカカオの生産で有名で、1920年代後半にカカオが病気に侵されるまでは、コーヒ生産は大きな産業ではありませんでした。

エクアドルの経済は主に石油に依存しており、経済に対して農業の占める割合は、他のコーヒー生産国のようには大きくありません。またエクアドルでは、コーヒーの生産量よりも輸入量のほうが多く、国内のソリュブル・コーヒー(Soluble Coffee、インスタントコーヒー)の需要を満たすために、ベトナムから安価なロブスタ種を多く輸入しています。

エクアドルの隣国のコロンビアやペルーは高品質なコーヒーの生産国として知られていますが、現在エクアドルで生産されているコーヒーの多くはロブスタ種です。高品質なスペシャルティコーヒーの生産国としてはこれからに期待されます。

エクアドルで生産されるアラビカ種コーヒーの有名産地として、南部のロハ県(Loja Province)、太平洋に面した西部のマナビ県が挙げられます。

ガラパゴス諸島のコーヒー

エクアドル領のガラパゴス諸島では、ドン・マニュエル・J・コボス(Don Manuel J Cobos)がサン・クリストバル島(Isla San Cristobal)にフランス領ポリネシアから輸入したブルボンが、品種改良や他の品種と交雑することなく今に至るまで生き残っており、アンティーク・ブルボンとして栽培されています。

ガラパゴス諸島のコーヒーについては、以下の記事を参照してください。

スポンサーリンク

エル アウアカ

エクアドルのコーヒー産地 出典:Cafe Importsより

エル アウアカ

エクアドル エルアウアカは、エクアドル南部のロハ県セロ・エル・アウアカ(Cerro El Ahuaca)の周辺地域、プヤンゴ・カントン(Puyango Canton)とカルバス・カントン(Calvas Canton)で生産されたコーヒーです。

この地域のコーヒー生産者は、小規模農家で収穫量も少ないため、希少なコーヒーです。

品種

品種はティピカ(Typica)、カツーラ(Caturra)、ブルボン(Bourbon)、パーカス(Pacas)です。これらはエクアドルで栽培が盛んなアラビカの品種です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed、湿式)です

。ウォッシュトは収穫したコーヒーチェリーをパルピング(Pulping、果肉除去)し、発酵と水洗後、パーチメント(Parchment)付きコーヒー豆を乾燥させ脱穀する方法です。ウォッシュトでは水洗するため、クリーンな味わいに仕上がります。

セロ・エル・アウアカは苔や木々に覆われた2つの頂を持った緑豊かな山で、この土地の「肺」に例えられます。セロ・エル・アウアカから流れ出す大小の河川が、コーヒーの栽培と精製に必要とされる綺麗な水をもたらします。

キャラメルのような甘いフレーバーを持っています。

スポンサーリンク

スターバックス リザーブ® エクアドル エル アウアカ

STARBUCKS RESERVE®とは

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックス ホームページ

エクアドル エル アウアカ

※ラベルデザイン
このデザインは、セロ エル アウアカ周辺の土地の特性を象徴する「調和」から着想を得ています。この土地に暮らす動物や植物、気候や土地が繋がり、一体となる様子が鮮やかな色使いと躍動的な形で表現されています。

スターバックス 商品ページ
エクアドル エル アウアカ

焙煎

スターバックスは、コーヒーをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。

エクアドル エル アウアカはスターバックスミディアムであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアム

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

キャラメルのような甘いフレーバーが印象的です。ミディアムボディで中庸のすっきりとした味わいです。わずかにスパイシーさが感じられます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事