丘の上珈琲(珈琲考房):エクアドル ガラパゴス諸島 サン・クリストバル島 エル・カフェタル・サン・クリストバル農園 ブルボン

丘の上珈琲(珈琲考房) エクアドル ガラパゴス諸島 サン・クリストバル島 エル・カフェタル・サン・クリストバル農園 ブルボンです。

丘の上珈琲(珈琲考房)は、北海道夕張郡にある自家焙煎珈琲店です。

丘の上珈琲

エクアドル ガラパゴス諸島 サン・クリストバル島 エル・カフェタル・サン・クリストバル農園 ブルボン

スポンサーリンク

エル・カフェタル・サン・クリストバル農園

"Galápagos - EL CAFETAL - hacienda el progreso - SAN CRISTÓBAL - ecuador",NAVEGANDO POR EL MUNDO 2019年9月2日.

エル・カフェタル・サン・クリストバル農園(Hacienda El Cafetal San Cristobal)は、エクアドル(Ecuador)ガラパゴス諸島(英語:Galápagos Islands、スペイン語:Islas Galápagos)サン・クリストバル島(San Cristóbal (Chatham) Island)に位置しています。

Hacienda El Cafetal San Cristobal

エル・カフェタル・サン・クリストバル農園は、約500ヘクタールの広大な面積を誇るサン・クリストバル島最大のコーヒー農園です。500ヘクタールのうち、約300ヘクタールでコーヒーが栽培されています。この300ヘクタールのうち、積極的な管理の下にあるのは約243ヘクタールです。

農園の標高は150m - 350mですが、特殊なマイクロクライメイトにより、標高500m - 1,200mに相当する環境です。標高1,350mにあるエル・フンコ(El Junco)湖のミネラル豊富で新鮮な水を豊富に利用できる環境にあります。

プロカフェ株式会社(Productora de Café Galapagos PROCAFE S.A.)

エル・カフェタル・サン・クリストバル農園は、エクスピゴ株式会社(Expigo S.A.)の子会社であるプロカフェ株式会社(Productora de Café Galapagos PROCAFE S.A.)(以下、プロカフェ)の所有農園です。

プロカフェは、ガラパゴス諸島コーヒー生産の先駆者です。代表はウィルソン・ゴンザレス・デュシェ(Wilson Gonzalez Duche)氏です。

ゴンザレス氏は、1990年にマニュエル・J・コボス(Manuel J. Cobos)の「エル・カフェタル」を発見し土地を取得、農園を再建しました。エル・カフェタル・サン・クリストバル農園の「エル・カフェタル」は、コボスの「エル・カフェタル」からその名前が取られています。

プロカフェはその後、サンタ・クルス島(Santa Cruz (Indefatigable) Island)にもコーヒー生産を拡大しました。

認証

プロカフェは、ガラパゴスコーヒーの原産地証明(Galapagos Coffee Certificate of Origin)、USDAオーガニック(USDA Organic)、KiWi BCS、バード・フレンドリー(Bird Friendly)、シェード・グロウン認証(Shade-Grown Certification)を取得しています。

品種

苗床

品種はブルボン(Bourbon)です。

現在サン・クリストバル島では、コボスによって持ち込まれたアンティーク・ブルボン(古いブルボン)が栽培されています。これまで品質改良されることなく今に至っているため、純粋種としての希少価値の高いコーヒーです。

サン・クリストバル島は3つあるいは4つの複合する火山からなり、それらの火山は現在すべて活動を停止しています。サン・クリストバル島では、火山灰の肥沃な土壌、豊かな海風、孤島特有の日射といった大陸から隔離された独特の環境で、シェードツリーを利用した有機栽培が行われています。

精製方法

精製

精製方法はフリー・ウォッシュト(Fully Washed)です。

手摘みで収穫されたコーヒーチェリーはミルに運ばれ、水が張られた巨大なプラスチック製の容器に入れられ、水に沈まず浮かび上がった不良豆を取り除きます。

さらに木製の選別用のテーブルで不良豆を選別した後パルピング(果肉除去)し、先ほどのプラスチック製の容器で10時間から12時間発酵させます。その後、水洗し、乾燥させます。

乾燥させた豆は、エクアドル本土のグアヤキル(Guayaquil)に送られます。輸送中の湿度とグアヤキルの気候を考慮して、豆は水分含有量11%まで乾燥させます。

スポンサーリンク

丘の上珈琲(珈琲考房) エクアドル ガラパゴス諸島 サン・クリストバル島 エル・カフェタル・サン・クリストバル農園 ブルボン

エクアドル ガラパゴス諸島 サン・クリストバル島 エル・カフェタル・サン・クリストバル農園 ブルボン

ブレンドしたかのような、バランスの取れた味わい。
中庸になるよう水分を飛ばして焙煎すると、コクがあり豊かなコーヒーに仕上がります。大粒で見た目にも美しく、まさに自然が作り出したブレンドといえます。

丘の上珈琲

焙煎

丘の上珈琲は、コーヒーを中煎りで焙煎しています。取り扱いのコーヒーはすべてハイローストからシティロースト程度で焙煎され、それぞれの豆の特性に合わせて焙煎度合を調整しています。

焙煎 出典:丘の上珈琲

ガラパゴスは、丘の上珈琲(珈琲考房)の取り扱うコーヒーの中では、中庸のバランスのとれた味わいです。

中粗挽き

抽出

ドリップのコツ
「【丘の上珈琲】コーヒー淹れ方講座」,丘の上珈琲 2017年10月12日.

味 出典:丘の上珈琲

ハーバル(ラベンダーやローズマリーやセージなどハーブのような香りのこと)な清涼感のある爽やかなフレーバー、パイナップルのような酸味、チョコレートのようなボディが印象的です。ハーブのような清涼感のある爽やかなフレーバーが支配的ですが、酸味、苦味、甘さのバランスのとれたコーヒーです。

<参考>

"Early Colonisation",Discovering Galapagos<https://www.discoveringgalapagos.org.uk/discover/human-history/permanent-settlement/early-colonisation/>

"Ecuador Galapagos San Cristobal - El Cafetal Organic",Cropster Hub<https://hub.cropster.com/store/listings/7990>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

無農薬農園のコーヒー飲み比べセット 100g×3
価格:3200円(税込、送料別) (2020/1/15時点)






スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事