コスタリカ カフェ ドン・カイート

コスタリカ カフェ ドン・カイート

スポンサーリンク

カフェ ドン・カイート

カフェ ドン・カイート(Café Don Cayito)は、コスタリカ(Costa Rica)サン・ホセ州(San José Province)ドータ・カントン(Dota Canton)のコーヒー会社です。コーヒー生産地域としては、タラス(Tarrazú)に区分されます。

オーナーは、ルイス・リカルド・カルデロン・マドリガル(Luis Ricardo Calderón Madrigal)です。

カルデロン家は、代々コーヒー生産者一家で、地元の精製業者にコーヒーを販売していました。2009年、ドータ・カントンのサンタ・マリア(Santa María)にロス・アンヘレス(Los Ángele)というマイクロミルを設立し、より高品質のコーヒーを生産しようと決意しました。そして、2011年にカップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Excellence)で第1位に輝いたことにより、国際市場で有名な存在となりました。

2013年に近隣から農園を購入し、カイート・ブレネス(Cayito Brenes)として知られていた彼らの曽祖父リカルド・カルデロン(Ricardo Calderón)に敬意を表し、「ドン・カイート(Don Cayito)」と名付けました。ドン・カイートは、2018年のカップ・オブ・エクセレンス(CoE)で第1位に輝き、現在ロス・アンヘレス マイクロミルを代表する農園となっています。

カフェ ドン・カイートの所有農園は、標高1,650m - 2,100mの高地にあり、大西洋の気候から作物を保護しますが、太平洋から海風を受けるため、日中の日照時間が長くなります。

カルデロン家は、一家全員がコーヒー生産の様々な部門で働いています。リカルド・カルデロンの弟のオマール・カルデロン・マドリガル(Omar Calderón Madrigal)は、グラニートス・デ・アルトゥーラ・デル・オルティス マイクロミル(Granitos de Altura del Ortiz Micromill)のオーナーです。

品種

カフェ ドン・カイートでは、カツーラ(Caturra)、カツアイ(Catuai)、ティピカ(Typica)、SL-28、ゲイシャ(Geisha)などが栽培されています。

カップ・オブ・エクセレンス(CoE)

カフェ・ドン・カイートは、コスタリカ カップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Excellence)において、2011年にラ・エストレージャ(La Estrella)のカツアイ(Catuai)のウォッシュト(Washed)が90.38点を獲得し第1位、2012年にラス・ヌベス(Las Nubes)のカツアイ(Catuai)のウォッシュト(Washed)が88.43点を獲得し第5位、2014年にラ・グラナディージャ(La Granadilla)のカツアイ(Catuai)のウォッシュト(Washed)が88.67点を獲得し第9位、2015年にエル・ベンダバール(El Vendabal)のカツアイ(Catuai)のウォッシュト(Washed)が86.68点を獲得し第21位、2017年にドン・カイート(Don Cayito)のゲイシャ(Geisha)のウォッシュト(Washed)が90.35点を獲得し第3位、2018年にドン・カイートのゲイシャ(Geisha)のハニー(Honey)が91.29点を獲得し第1位、2019年にドン・カイートのゲイシャ(Geisha)のウォッシュト(Washed)が91.02点を獲得し第2位、2020年にドン・カイートのゲイシャ(Geisha)のウォッシュト(Washed)が89.55点を獲得し第3位に入賞しました。

カフェ ドン・カイート Café Don Cayito:https://real-coffee.net/category/coffee-origin/central-america/costa-rica/tarrazu/cafe-don-cayito

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事