カフェ ランバン :ペルー トキイロ・コンドルとブルーコンドル

カフェ ランバンのトキイロ・コンドルとペルー・コンドルです。カフェランバンは、実店舗が北海道札幌市にある自家焙煎珈琲店です。

ペルー トキイロ・コンドルとブルー・コンドル

スポンサーリンク

ペルー

ペルー(Peru)は南アメリカ大陸西部に位置する国です。南米大陸西部に位置し、チリとエクアドルの間に1,285,220平方キロメートルの国土を有しています。首都はリマ(Lima)です。

ペルーは南北へ走るアンデス山脈からジャングルに覆われたアマゾン川流域の密林地帯まで、変化に富んだ地形と気候を有しています。地形は西部の沿岸地方(コスタ)、高く険しいアンデス中央部(シエラ)、アマゾン流域の東部の低地のジャングル(サルバ)に分けられ、ペルーのこれらの地形と気候は密接に関連しています。

西部のコスタは乾燥した砂漠の海岸砂漠気候地帯、中央部のシエラは寒暖差のあるアンデス山岳気候地域、サルバは熱帯のアマゾン熱帯気候地域です。

ペルーのコーヒー輸出は、世界的なコーヒー供給の約2%を占めています。ペルーのコーヒーは、伝統的な手法で栽培された高品質のアラビカ種として世界的な評価を得ています。

ペルーのコーヒー栽培は1700年代のスペイン植民地時代に始まりました。インカ帝国の中心地であったペルーは、スペイン植民地時代を経て、1821年に独立しました。ペルーには11万人以上のコーヒー栽培者がおり、彼らのほとんどは先住民であり、第2言語としてスペイン語を話します。

ペルーのコーヒー農家は、電気や水道などを有していない2-3ヘクタールの小規模農家です。かつてコーヒー農園のほとんどが大規模農園でしたが、1968年から始まったペルー革命の農地改革法(1969年)で大土地は分割されたため、現在はコーヒー生産者のほとんどが小規模農家です。

コーヒー農家は5月から9月にかけて、完熟したコーヒーチェリーを手摘みで収穫し、ペルーに伝統的な小さなマイクロウエットミル(Micro-Wet-Milling)で精製します。コーヒーを処理した後、ほとんどのコーヒー農家は、コーヒーを徒歩またはラバで最寄りの町に持ち帰ります。移動時間は、30分から8時間に及ぶこともあります。

コーヒーの小規模農家は休みの日になると、広場で自分たちの生産したコーヒーを売って、生活必需品を買って帰ります。これらの広場のコーヒー市場において、不幸な、しかしあまりにも一般的なことは、農家は個人でコーヒーを販売するしかないことです。

個人のコーヒー農家は信頼性が低く、自らコーヒーを管理するスペースがなく、また共同のスペースもないため、販売できる量にも限りがあります。このため一般的に低価格を受け入れるしかありません。またコーヒー農家が遠隔地になればなるほど、コーヒーは混合されて取引されます。このそれぞれの農家が分離され組織化されていない取引システムでは、コーヒーの生産履歴を追跡することが困難です。また、ペルーでは長い間、コーヒーは重量で売買されていたため、高品質のコーヒーを生産するという考えがありませんでした。中間業者は、コーヒー袋に砂と水を投げ込むことによって重量を増やすことさえありました。

ペルーでは近年になり、小規模協同組合が組織され、コーヒーの国際的な公正取引と流通の有機的なネットワークを組織して、コーヒー産業の成長を促進しています。ペルーの10万人以上の小規模農家の推定25-25%が現在、この協同組合に属しています。

これらの協同組合は、1986年に設立されたアメリカのフェアトレード会社であるイコール・エクスチェンジ(Equal Exchange)などのパートナーと協力して、世界第1位のオーガニック・コーヒーの生産国であるメキシコに次いで、フェアトレード認定コーヒーの第2位の供給国となりました。

より高く安定的なコーヒーの価格は、ペルーの協同組合組織を強化し、コーヒー農家に利益と安定した収入をもたらしました。またコーヒー農家は協同組合への参加することによって、生産手段の所有と管理の方法を学び、そしてトレーニングや農家同士の交流を通じて共有される学習プロセスによって、コーヒー生産者としての協同のアイデンティを獲得できるようになりました。

スポンサーリンク

ペルー トキイロ・コンドルとブルー・コンドル

アルト・カハマルカ・コーヒー生産者組合

ペルー ブルーコンドル(Blue Condor)は、ペルー北部カハマルカ州(Departamento de Cajamarca)のエクアドル国境に近いチリノス(Chirinos)で生産されます。標高標高1,750-1,900mのアンデス高地の気候と、この地域の粘土質に腐葉土が混ざった恵まれた肥沃な土壌は、高品質のコーヒー生産にふさわしい環境です。

生産者、アタカ通商より

ペルー ブルーコンドルは、アルト・カハマルカ・コーヒー生産者組合(スペイン語:Caficultores ALTO Cajamarca)という協同組合によって生産されたコーヒーです。アルト・カハマルカ・コーヒー生産者組合の8名の生産者に限定したマイクロ・ロットです。

品種

品種はティピカ(Typica)、ムンド・ノーボ(Mundo Novo)、カツーラ(Caturra)、ブルボン(Bourbon)、パチェ(Pache)、カツアイ(Catuai)の混合ロットです。これらはペルーでよく栽培されている品種で、特にティピカはペルーの栽培品種の約70%を占めています。

精製方法

精製方法はフル・ウォッシュト(Washed)、ウェット・ファーメンテーション(Wet Fermentation、水槽内での発酵)が26時間行われます。

それぞれの生産者によってウェット・ミル(Wet Mill)、パルピング(果肉除去)からパーチメントの乾燥までが処理されたあと、CAC ブルガ・グランデによってドライミルがなされ、最終的に輸出規格まで仕上げられます。

アタカ通商とペルー スペシャルティ・コーヒー

「ブルー・コンドル(BLUE CONDOR)」と「トキイロ・コンドル(Toki-iro CONDOR)」は、アタカ通商取り扱いのペルーのスペシャルティ・コーヒーのブランドです。他にも、「ホワイト・コンドル(WHITE CONDOR)」が取り扱われています。

これらはすべて、アルトカハマルカ・コーヒー生産者組合の同じ生産者によって生産されたコーヒーで、それぞれロットが異なります。

Fragrance of ripe fruits. Aroma of intense chocolate. Taste like orange, apple and plum. Complex coffee, intense creamy body, bright acidity.  Score: 85.25 points

Blue Condor」,アタカ通商より

Fragrance of ripe fruits. Aroma of chocolate. Taste like nuts, orange, apple and plum. Medium body. Delicate acidity. Score: 84.25 points

White Condor」,アタカ通商より

柑橘系の明るく爽やかなフレーバーと繊細な酸味が特徴です。

スポンサーリンク

カフェ ランバンのペルー トキイロ・コンドル

昨年好評だった「ブルーコンドル」に続き今年は新しく「トキイロコンドル」が入荷しました。ジューシーな柑橘系のフレーバーで浅煎りでも深煎りでもおすすめです。

カフェ ランバン ホームページより

こんにちは。Cafe ...

Café RANBANさんの投稿 2020年6月26日金曜日

カフェ ランバンでは、コーヒーの焙煎度を選ぶことができます。ペルー トキイロ・コンドルは浅煎り(ライトロースト)、中煎り(ミディアムロースト)、深煎り(フレンチロースト)、極深煎り(イタリアンロースト)から選択できます。

浅煎り(ライトロースト)

オレンジやアップルのような柑橘系の明るく爽やかなフレーバーと繊細な酸味が印象的です。多品種混合ですが、クリーンな味わいです。

中煎り(ミディアムロースト)

明るく爽やかな柑橘系のフレーバーと酸味が印象的です。スッキリとしたクリーンな味わいです。

深煎り(フレンチロースト)

深煎りになると、柑橘系の繊細な味わいとチョコレートのようなコクのバランスの取れたコーヒーに仕上がります。

極深煎り(イタリアンロースト)

極深煎りになると、チョコレートのようなコクが支配的な味わいに柑橘系のフレーバーがほのかに香ります。

カフェ ランバンのペルー ブルー・コンドル

珍しいペルーのコーヒーが入荷しました。オレンジ、アップル、プラムのような鮮やかな酸味とクリーミーなボディ感があります。

カフェ ランバン ホームページより

カフェ ランバンでは、コーヒーの焙煎度を選ぶことができます。ペルー ブルー・コンドルは浅煎り(ライトロースト)、中煎り(ミディアムロースト)、深煎り(フレンチロースト)から選択できます。

浅煎り(ライトロースト)

青リンゴやマスカットのような爽やかな酸味と甘いフレーバーが印象的です。多品種混合ですが、クリーンな味わいです。

中煎り(ミディアムロースト)

青リンゴやマスカットのような爽やかな酸味と甘いフレーバーが印象的です。浅煎りよりもバランスが良くなっていますが、苦味よりも酸味に優れています。

深煎り(フレンチロースト)

青リンゴやマスカットのような爽やかな酸味と甘いフレーバーのバランスが良いです。深煎りですが苦味は少なく、とてもキレイな味わいです。

<参考>

「トキイロコンドル」,ATC Specialty Coffee<https://www.specialtycoffee.jp/beans/2366.html>

「ブルーコンドル」,ATC Specialty Coffee<http://www.specialtycoffee.jp/beans/2216.html>

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事