カフェ ランバン:エチオピア イルガチェフェ G1 ナチュラル 春輔

カフェ ランバン エチオピア イルガチェフェ G1 ナチュラル 春輔です。

カフェ ランバン(Café RANBAN)は、北海道札幌市にある自家焙煎珈琲店です。

エチオピア イルガチェフェ G1 ナチュラル 春輔

スポンサーリンク

春輔

エチオピア イルガチェフェ G1 ナチュラル 春輔は、エチオピア(Ethiopia)南部諸民族州(SNNPR)(Southern Nations, Nationalities, and People's Region)ゲデオ地方(Gedeo Zone)イルガチェフェ群(Yirgacheffe Woreda)ハル住民自治組織(Haru Kebele)とスケ住民自治組織(Suke Kebele)で栽培されたコーヒーです。コーヒー生産地域としては、イルガチェフェ地域(Yirgacheffe Area)に区分されます。

この地域のほとんどの農家は1ヘクタール未満の土地を所有しており、サツマイモ、マンゴー、アボカドなどの自給作物を栽培しています。コーヒーは裏庭の換金作物として栽培されています。コーヒーは重要な収入源ですが、小規模なため最低限しか栽培されません。この地域で栽培されるコーヒーのほとんどはオーガニックですが、農家には、化学肥料、農薬、除草剤を散布する資金がなく、認証もありません。

収穫されたコーヒーチェリーは、プリムローズ・サービス・プロバイダー株式会社(Primrose Service Provider P.L.C)(以下、プリムローズ)のミルに持ち込まれます。プリムローズは、持ち込まれた1kgあたりのコーヒーチェリーに市場価格よりも高い金額を支払い、高品質のコーヒーチェリーを持ち込む農家にはインセンティブが支払われるため、通常よりも高い品質が保証されます。

ロット名の「春輔(ハルスケ)」は、ハル住民自治組織(Haru Kebele)とスケ住民自治組織(Suke Kebele)から付けられています。

品種

品種はエチオピア在来種です。

ゲデオ地方の固有種から派生した740110と74112の品種が、かなりの割合で含まれている可能性が高いと考えられています。

精製方法

精製方法はナチュラル(Natural)です。

収集されたコーヒーチェリーは、少なくとも1日に1回はミルに運ばれ、そこで比重選別後、アフリカン・ベッドで乾燥されます。水分含有量12%になるまで、定期的に攪拌します。

スポンサーリンク

カフェ ランバン エチオピア イルガチェフェ G1 ナチュラル 春輔

エチオピア イルガチェフェ G1 ナチュラル 春輔

当店初のイルガチェフェナチュラル春輔が入荷しました。ハル地区のスケ村のナチュラルということで春輔という名前です。品質管理が徹底された高品質のイルガチェフェです。

カフェ ランバン

カフェ ランバンでは、コーヒーの焙煎度を選ぶことができます。エチオピア イルガチェフェ G1 ナチュラル 春輔は、浅煎り(ライトロースト)、中煎り(ミディアムロースト)、深煎り(フレンチロースト)から選択できます。

浅煎り(ライトロースト)

浅煎り(ライトロースト)

イルガチェフェ特有の華やかなフレーバーとモカ特有の発酵臭が相まったフレーバーが印象的です。イルガチェフェのナチュラルらしい味わいです。

中煎り(ミディアムロースト)

中煎り(ミディアムロースト)

イルガチェフェ特有の華やかなフレーバーとモカ特有の発酵臭が相まったフレーバーが印象的です。浅煎りよりもボディ感が増して、バランスの取れた味わいに仕上がっています。

深煎り(フレンチロースト)

深煎り(フレンチロースト)

明るいモカフレーバーと濃厚なボディ、とろみのある口当たりが印象的です。深煎りはエチオピア・モカらしい味わいがするコーヒーです。

<参考>

「イルガチェフェG-1 ナチュラル 春輔」,ATC Specialty Coffee<https://www.specialtycoffee.jp/beans/2465.html>

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事