工房 横井珈琲:ペルー サン・ペドロ

工房 横井珈琲 ペルー サン・ペドロです。

工房 横井珈琲(YOKOI COFFEE)は、1996年に創業した北海道札幌市西区発寒に本店を置くスペシャルティコーヒー専門店です。オーナーは、横井 力(よこい ちから)です。

ペルー サン・ペドロ

スポンサーリンク

サン・ペドロ

サン・ペドロ(San Pedro)は、ペルー(Peru)クスコ県(Cusco Department)カルカ州(Calca Province)ヤナティレ(Yanatile)に位置する農園です。

農園主はミゲル・ロハス・ウアマニ(Miguel Rojas Huamaní)です。

ミゲルは、バジェ・インカ(Valle Inca)という協同組合の一員です。バジェ・インカは、2014年に設立されたペルー南部のカルカ州、特に遠隔地のヤナティレ(Yanatile)とラレス(Lares)の協同組合です。当初、バジェ・インカは少量生産で品質的に苦労していましたが、今ではペルー全土で最も大きなベンダーの1つとなり、品質の高いコーヒーを作り出しています。

リーダーのホセ・プルデンシオ・サエンス・ヴァルガス(Jose Prudencio Saenz Vargas)はカルカ州出身で、銀行の融資担当者だった経験を生かしてバジェ・インカの経営に携わっています。バジェ・インカとその周辺のコミュニティは、平均して1人あたり2から3ヘクタールの小規模農家を抱えています。設立当初はコーヒー生産に携わったことがありませんでしたが、農家の安定を促進するために高い価格を支払い、地域全体の健全性を高め、そうすることでこれらの地域では、常に高品質なコーヒーを生産することに成功しています。

品種

品種はブルボン(Bourbon)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

工房 横井珈琲 ペルー サン・ペドロ

ペルー サン・ペドロ

ミゲル・ロハス・ウアマニさんは、ペルーのクスコ県カルカのヤナティレ渓谷で15 年以上にわたってコーヒーを作っています。彼は、コーヒーや果物、トウモロコシを栽培してきた豊かな歴史を持つサン・ペドロ園を親族から入手しました。
ミゲルさんはとても熱心かつ情熱的な人柄で、楽しみながら、自身の事業をより良くしようと取り組んでいます。彼の一番の目標は、国内のコーヒーの品評会で優勝すること、そして国際的に認めてもらえるようになることです。

ミゲルさんはバジェ・インカというコーペラティブ生産組合の一員です。
かつてこの地域の生産者たちは、地元の仲介業者に安価でコーヒーを売っていましたが、その状況を変えようと立ち上げられたのがバジェ・インカ組合です。組合の主脳陣や生産者たちは、苦労をしながらも品種や生産性を向上させてきました。
その甲斐もあり、現在では同組合はペルー国内でも 規模の大きい売り手の一つとなり、信頼のおける高品質コーヒーを生産しています。

工房 横井珈琲

非常にクリーンなチョコレートフレーバーと柑橘系の酸味、ふくよかで厚みのある口当たりが印象的です。ブルボンの特徴が非常に綺麗に表現された味わいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事