上島珈琲焙煎所:グァテマラサンタクララ農園ゲイシャ

今回は上島珈琲焙煎所のグァテマラ サンタ・クララ農園 ゲイシャの紹介です。こちらは1932年(昭和7年)創業の老舗、上島珈琲貿易株式会社のお店で、呼称はMUC(マック)。マックコーヒーと呼ばれています。コーヒーメーカーで、実店舗はありません。創業者の上島勝はUCCの上島忠雄の兄に当たりますが、UCCとの間に資本関係はありません。

グァテマラ サンタ・クララ農園 ゲイシャ

グァテマラはシェラ・マドレ山脈が縦横に走っている中米北部の国です。シェラ・マドレ山脈はメキシコの北西から南東にかけて連なる大山脈で、北はロッキー山脈に続き、南端に位置するのがグアテマラです。グァテマラは火山国で、グァテマラコーヒーの多くは山脈の斜面で栽培されています。標高1,300m~2,000mの高い標高、降雨量の多い肥沃な火山灰土壌で、高品質なコーヒーの栽培に恵まれた環境です。気象は、太平洋側と大西洋側のそれぞれの熱帯性気候に影響されます。

グァテマラには狭い国土に8つの代表的な産地があり、山脈を挟んで気象条件が違うため、それぞれに特徴が異なります。首都のグァテマラシティの近くにあるのがアンティグア地区、国を囲むようにしてあるのがフライハネス地区、アカテナンゴ地区、サンマルコス地区、アティトラン地区、ウエウエチナンゴ地区、コバン地区、ヌエボ・オリエンテ地区の8つです。これら8つの地域は1960年に設立されたグァテマラ国内の7万5000以上のコーヒー生産者を代表する民間組織アナカフェ(Anacafe)によって認定されたコーヒー生産地で、このなかでもグァテマラ サンタ・クララ農園を生産するサンタ・クララ農園のあるアンティグア地区は、歴史的に優れた生産者が多く、品質も高いため、古くからグァテマラの優良産地として認められてきました。

アンティグア地区(Antigua)は、標高は1500メートル、首都グァテマラ・シティからほど近くにあるスペイン植民地時代の面影が残るコロニアル様式の美しい都市です。アンティグア地区は1527年に設立され、かつてスペイン植民地政府の重要な場所でした。アンティグアの歴史地区は、1979年に世界遺産に登録されました。アグア火山とアカテナンゴ火山、フエゴ火山、3つの火山に囲まれた盆地で、これらの火山がもたらした火山灰の肥沃な土壌は、高品質なコーヒー栽培に最適です。標高が高く、酸とコクが他の産地よりもしっかりしています。アンティグアのコーヒーは、かつてはドイツを中心とするグルメコーヒーとして消費されてきましたが、その後アメリカを中心とするスペシャルティコーヒー産業の発展により、アメリカで消費されるようになりました。毎年安定して高品質のコーヒー栽培が維持される稀有な産地ともいえます。

ラ・アンティグア・グアテマラは「古いグァテマラ」を意味し、その名が示すとおり、その古くからの歴史と美しい街並みを誇るグァテマラの古都です。アンティグアは18世紀にキューバの宣教師によってコーヒーがもたらされ、1880年代にグァテマラで最初のコーヒー栽培が始まりました。アンティグアとしてのコーヒーは1939年に認定されました。2000年には34のコーヒー農園が集まり、アンティグアコーヒー協会(APCA)が設立され、アンティグアの原産地呼称を守り、偽物の流通を防ぐために、本物のグァテマラ・アンティグアにはジェニュイン・アンティグアの認証されます。 また、アナカフェの支援するプロジェクトによって、各農園の生産者情報(トレーサビリティ)がデータベース化されています。

サンタ・クララ農園(Santa clara)はグァテマラ サカテペケス県(Sacatepequez)アンティグア地区南西部アグア山(Agua)の南斜面に位置しています。アンティグアはサカテペケス県の県都です。標 高1,550~1,880mの高地にあり、年間降水量は1,200mmと豊富で、年間平均気温24°Cと高品質なコーヒー生産には最適な環境です。農園主はリカルド・セラヤ氏(Ricardo Zelaya)です。彼はサンタ・クララ農園の他に、アンティグア地区にサン・アウグスティン農園(San Agustín、キリスト教神学者アウグスティヌスと同名)、ハウハ農園(Jauja)、プエルタ・ヴェルデ農園(Puerta Verde)ヌエボ・オリエンテ地区にカリサル農園(Carrizal)の5つの農園を持つグァテマラでは有名なコーヒー生産者で、アナカフェの総裁も務めています。ヌエボ・オリエンテ地区のカリサル農園以外は、それぞれの農園がCoEなどのコンペティション入賞の経験を持つ優れた農園です。その中でもサンタ・クララ農園はCoE入賞の常連で、リカルド氏が運営する農園の中でも代表的な農園です。このサンタ・クララ農園 ゲイシャもグァテマラCoE2018で第24位入賞、カッピングスコア87.07点を獲得しました。

セラヤ家は歴史あるコーヒー生産一家として有名です。1908年にリカルド氏の祖父がアンティグア渓谷でコーヒー栽培を始めたのが最初で、リカルド氏の祖父が購入した様々な土地が現在のセラヤ家が持っているコーヒー農園となりました。リカルド氏の祖父に続く世代の家族は、コーヒー農園に囲まれて育ち、コーヒーの品質と生産に尽力し、グアテマラからの最初にコーヒーを輸出した農家の一つとなりました。

リカルド氏は4代目で、彼は1989年までにアメリカのフロリダ大学とホンジュラスのサモラノ農科大学で農学の学位を取得し、今日に至る農園の改革を始めました。リカルド氏はサンタ・クララ農園を拡張し、精製処理設備、カッピングルームの増強を行いました。また、シェードツリーを多用した環境保全型農業の実践、水洗処理工程で排出される汚水の浄化し、水の再利用を積極的に行なっています。精製の過程で発生する果肉や薄皮は燃料や肥料に利用されます。ピッカーの子供たちのための奨学金制度があり、サンタ・クララ農園内に設立された学校では、約70人の子供たちが学んでいます。

また、リカルド氏の従兄弟であるルイス・ペドロ・セラヤ・ジュニア氏(Luis Pedro Zelaya Jr)もまたコーヒー生産者であり、彼の農園はリカルド氏の農園のすぐそばにあります。

品種は区画毎に管理され、ブルボン(Bourbon)、カトゥアイ(Catuai)、カツーラ(Caturra)、ビジャサルチ(Villasarchi)、ブルボンシト(Bourboncito)、近年ではゲイシャとパカマラの栽培も始めました。この豆はゲイシャで、エスメラルダ農園によって優れた香味を持つとして一躍有名となった品種です。

グァテマラのコーヒー豆は標高により7等級に分けられます。

ストリクトリー・ハードビーン(SHB)標高1,350m以上
ハードビーン(HB)標高1,200~1,350m
セミハードビーン(SH) 標高1,050~1,200m
エクストラ・プライムウォッシュト(EPW)標高900~1,050m
プライムウォッシュト(PW)標高750~900m
エクストラ・グッドウォッシュト(EGW)標高600~750m
グッドウォッシュト(GW)標高600m以下   

こちらのコーヒー豆は標高1,350m以上で生産された豆を使用しているので、ストリクトリー・ハードビーン(SHB)の格付けです。

味はアンティグア産のコーヒーに特徴の爽やかな酸味と甘味、チョコレートのようなコクがあります。また、ゲイシャに特徴の花や香水のようなフレーバーを併せ持っていますが、サンタ・クララ農園では近年になってゲイシャの栽培を始めたので、ゲイシャフレーバーは弱いです。

グアテマラのアンティグア渓谷の南斜面に位置する歴史的な農園で、コーヒーは標高1550~1890mで栽培されています。この地域では、スペシャルティコーヒーを栽培することに適した火山性土壌となっています。

サンタクララは4代目リカルドセラヤの管理下にあり、彼の細やかな農園管理によってカップオブエクセレンスで入賞した銘柄となっています。

透明感のある液質の中に、柑橘系果実を連想させるフレーバーがほのかに香り、甘い余韻が秀逸なコーヒーです。グアテマラ産の中でも特に上質なこのコーヒーをじっくりとお楽しみください。

上島珈琲焙煎所商品説明より
スポンサーリンク

焙煎

焙煎に関する記載は見当たりませんでしたが、シティロースト程度だと思います。

スポンサーリンク

焙煎

焙煎:シティロースト(8段階中5番目)

中深煎りです。2ハゼ(ピチピチという音)が始まったぐらいの焙煎度です 。日本人が好む焙煎度合いです。別名ジャーマンローストともいいます。

酸味と苦味がともに突出せず、バランスよく飲める焙煎度です。

欠点豆ありません。ゲイシャに特徴の小粒の豆です。ゲイシャの焙煎としては、深煎りであると思います。

スポンサーリンク

チョコレートのような甘味とコクがあり、深めの煎りなので苦味が強めです。ゲイシャに特徴的な花や香水のようなフレーバーと酸味はほのかに感じられます。サンタ・クララ農園のゲイシャは近年になって栽培が始められたためか、まだゲイシャフレーバーが弱く、前面に出てくることがありません。

上島珈琲焙煎所のコーヒーはこちらから。






Twitterでフォローしよう

おすすめの記事