スターバックス リザーブ®:サンドライドウガンダレッドチェリー

今回はスターバックス リザーブ®のサンドライド ウガンダ レッドチェリーの紹介です。スターバックスは言わずと知れた世界的なコーヒーチェーンです。スターバックス リザーブ®は一部限定店舗でのみ取り扱われる希少なコーヒー豆です。お店で飲むこともできますが、豆を購入することもできます。お店ではクローバーというスターバックス独自の抽出マシーンで淹れたコーヒーを飲むことができます。

サンドライド ウガンダ レッドチェリー

ウガンダは東アフリカに位置する共和国です。東はケニア、南にタンザニア、南西にルワンダ、西にコンゴ、北に南スーダンと、コーヒー生産国と国境を接してます。首都はカンパラ(Kampala)です。カンパラは「カモシカの土地」を意味します。イギリス連邦に加盟しています。南に白ナイル川の始まるヴィクトリア湖があります。世界第2の淡水湖で、チャーチルの著書では「アフリカの真珠」と形容されています。

ウガンダは人口の約80%が農業を営む農業国です。コーヒー、綿花、紅茶が主な生産物で、輸出品として外貨を稼ぐ手段となっています。綿花は20世紀初頭に栽培が奨励されたウガンダでもっとも重要な作物で、おもに鉄道に沿って栽培地が広がり、カンパラ周辺から東部テソ地域やキョーガ湖の北部にまで普及しました。紅茶は西部のトロ王国の首都であったフォート・ポータル(Fort Portal)近辺や、ヴィクトリア湖北岸のジンジャ (Jinja)が主要な産地です。コーヒー、と綿花の栽培は小規模農家によって行われ、紅茶の栽培はプランテーションによて行われます。現在ウガンダでは、輸出品の95%をコーヒーが占めており、300万人がコーヒー産業で生計を立てています。

ウガンダのコーヒーは古くからブガンダ王国の主体となったガンダ族によって生産されていました。彼らによって生産されていたのはロブスタ(正式にはカネフォラ種)です。ウガンダはロブスタの発見地であると言われています。ウガンダのブガンダ(ウガンダ中南部にあった国)には血盟の儀式の際にロブスタ(カネフォラ種)のコーヒー豆を噛む習慣があり、1862年にウガンダに入り込んだ英軍士官ジョン・ハニング・スピーク(John Hanning Speke)の手記にはコーヒーを噛んで利用したと記されています。1898年にベルギーの植物学者エミール・ロラン(Emile Laurent)によってベルギー領コンゴでロブスタ種が再発見された後、ロブスタ種の栽培が始められました。ロブスタ種は当初風味の悪さから市場で敬遠されていたが、栽培のしやすさ、耐病性、価格を武器にして世界中に広まっていきます。

1900年代初頭にエチオピア、マラウイからウガンダにアラビカ種がもたらされました。ウガンダのコーヒーは1920年代に商品化が進み、1960年代にはアフリカで第3位の生産量を誇るようになりました。ロブスタ種はガンダ地域などの低丘陵地で、アラビカ種はキゲジやエルゴン山で栽培されていますが、アラビカ種のほうが良質なため、近年ウガンダではロブスタ種からアラビカ種への転換が進められています。スターバックスが調達するコーヒー豆はアラビカ種のみで、サンドライド ウガンダ レッドチェリーもアラビカ種です。

サンドライド ウガンダ レッドチェリーは、ウガンダ西部、コンゴ民主共和国との国境に位置するルウェンゾリ山地(Ruwenzori Mountains)で栽培されているコーヒーです。キリマンジャロ山、ケニア山と同じく、赤道直下で万年雪をいただく高山で、ウガンダのルウェンゾリ山地国立公園、コンゴのヴィルンガ国立公園が世界遺産に登録されています。ルウェンゾリ山地はいくつかの条件が揃うと、この地域の山々の頂が月の輪のように輝くことから、月の山(Mountains of the Moon)と呼ばれています。

ルウェンゾリ山地では小規模生産者たちがコーヒーを生産し、彼らが生産したコーヒーを精製加工、管理するいくつかの協同組合があります。サンドライド ウガンダ レッドチェリーは95の小規模生産者たちによって生産され、収穫は完熟実のみを手摘みするため、「レッドチェリー」と名付けられました。

収穫した完熟実は、高床式の乾燥棚に広げられ、約15-20日間乾燥させます。乾燥の間、均一に乾かすために頻繁に裏返されます。

品種はやケニアのSLシリーズ、SL-14とSL-28です。1903年には、ケニアのカベテ(Kabete)に東アフリカ初の本格的なコーヒー研究所となるスコット研究所(Scott Laboratories)が設立されます。スコット研究所は世界中から入手した様々な品種を改良し、ケニアに特徴的な品種を輩出していきます。SLシリーズはこのスコット研究所から生まれた品種です。SLシリーズはウガンダのアラビカ種生産でよく用いられる品種です。

品種SL-28は、ケニアで最も高品質と言われる品種のひとつです。SLはスコット研究所(Scott Laboratories)の頭文字で、ここで集めた種苗コレクションの中から選抜した品種(Scott Laboratories selection)に付けられます。SLの品種群は「SLシリーズ」と呼ばれています。SL-28はSLシリーズの28番目の品種です。SL-28は1935年にスコット研究所で選抜された品種で、1931年にA.D. Trenchがタンザニアに趣いた際、タンガニカ地方の北部(現在のタンザニア、モンジュール地方付近)で採取した耐乾性のフレンチミッション(Tanganyika DR cultivar. DRはDrought Resistantの略)を起源とすると言われています。そのため、中~高地に適合した耐乾性ですが、耐病性は持たない品種です。大粒の揃った豆で、その優れた品質から現在でも好んで栽培されている品種です。

SL-14はSLシリーズの14番目の品種で、SL-28と同じく1931年にタンガニカ地方の北部由来のブロンズチップ・ブルボンから選別され、耐乾品種として研究開発された品種です。低地栽培に適していていて、ブルボンから選別されたため、丸い形をしています。

精製方法はナチュラルです。

味はチェリーやストロベリーのような風味が特徴です。チョコレートのようなコクがあり、全体的にバランスの良い味わいです。

同じウガンダの乾式コーヒーであるサンドライド ウガンダ シピ フォールズと比較すると、サンドライド ウガンダ シピ フォールズはライムやレモンのような明るい酸味があり、サンドライド ウガンダ レッドチェリーはチェリーやストロベリーのような風味があります。両方ともにミディアムボディのチョコレートのようなコクがあります。

STARBUCKS RESERVE®とは

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックスホームページより

こちらが商品説明のカードです。コーヒーについて詳しい説明が書いてあります。

※ラベルデザイン
完璧に熟したコーヒーチェリーだけを摘み取ることが、この素晴らしいコーヒーの礎となります。完璧に赤く熟したチェリーを見つけて摘み取る作業は、忍耐、教育、そして多大で懸命な労働を要します。このように細心の注意を払ってコーヒーを選りすぐることで、ウガンダはスペシャルティコーヒーの生産地として認知されるようになり、生産者達の生活の質も向上しました。このカードのアートワークは、鮮やかな色彩によってコーヒーチェリーの成長過程を表現しています。
また、輝きを加えることで、摘み取られる準備が整ったチェリーの赤色を強調しています。

スターバックスホームページより

100gと250g単位で売っています。こちらは100gです。

スポンサーリンク

焙煎

スターバックスは、コーヒーをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。こちらのサンドライド ウガンダ レッドチェリーはスターバックスミディアムであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアム

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

欠豆、貝殻豆など、欠点豆が若干あります。よく見るとSL-28の大粒豆と、SL-14の丸い豆が確認できます。

スポンサーリンク

全体のバランスが良く、チェリーやストロベリーのような風味が印象的です。ウガンダのアラビカ種栽培を支援する目的で購入されることをオススメします。





Twitterでフォローしよう

おすすめの記事