スターバックス リザーブ®:エチオピアケイオンマウンテンファーム

今回はスターバックス リザーブ®のエチオピア ケイオン マウンテン ファームの紹介です。スターバックスは言わずと知れた世界的なコーヒーチェーンです。スターバックス リザーブ®は一部限定店舗でのみ取り扱われる希少なコーヒー豆です。お店で飲むこともできますが、豆を購入することもできます。お店ではクローバーというスターバックス独自の抽出マシーンで淹れたコーヒーを飲むことができます。

スターバックス リザーブ®のエチオピア ケイオン マウンテン ファーム

エチオピアは東アフリカに位置する内陸国です。北をエリトリア、東をソマリア、南をケニア、北西をスーダン、北東をジプチに囲まれています。首都はアディスアベバです。エチオピアは200以上の言語を話す70以上の民族グループを持っています。

エチオピアはナイル一帯の高原地帯に位置するアフリカ最大の国の一つです。エチオピアには高温と海抜マイナス100mを切るアファール盆地があるダナキル砂漠と海抜4,600mのセミアン・マウンテンズまでの険しい地形が広がっています。かつてエチオピアはアビシニアと呼ばれていました。エチオピアコーヒーの主要な産地として、コーヒーの名の由来といわれるカファ地方、南部のシダマ地方、東部山岳地帯のハラーががあります。

また、エチオピアはグレート・リフト・バレー(Great Rift Valley、大地溝帯)の入り口にあたり、北東の紅海から南西に向かって国土を半分に割るようにグレート・リフト・バレーが貫いています。

コーヒーがいつ発見されたのかについては多くの説がありますが、エチオピアでの発見伝説は1671年レバノンの言語学者ファウスト・ナイロニが著書「眠りを知らない修道院」で紹介した山羊飼カルディが有名です。

「アラビアである山羊飼が、山羊が寝ずに一晩中跳ね回っているのに困って、修道士に相談に行った。修道士は山羊が何か特効のある草木を食べたに違いないと周辺を探すと、食い荒らされた赤い木の実を発見した。そして、その実を持ち帰り、ゆでた汁を飲むと、それが眠気を払うものと気がついた。修道士はこの効用を夜の祈りに利用することを思いつき、毎日これを飲むと、眠ることなく夜通し祈り続けることができた。その後、徐々に他の健康への効用も知られるようになり、その地の人々の間に浸透していった」。この赤い木の実がコーヒーであるという説です。

スターバックス リザーブ®のエチオピア ケイオン マウンテン ファームを生産するケイオン マウンテン農園(Kayon Mountain Coffee Farm)は、社会的、環境的責任を果たし最高品質のコーヒーを生産することを目的として2012年に設立されました。ケイオン マウンテン農園はエチオピアの首都アディスアベバ(Addis Ababa)から約500キロメートル離れたエチオピア最大の州であるオロミア州(Oromia)の南部、グジ地区(Guji)に位置しています。 オロミア州の州都はアダマです。グジ地区はシダモ地区とゲデオ地区に隣接していて、多くの金山がある地域です。グジ地区にある有名なコーヒー農園にシャキソ農園があります。

グジ地区は伝統的にイルガチェフェ群ほど有名なコーヒーを生産していませんでした。クジ地区のコーヒーは長年の間シダモ地区のコーヒーを一緒に輸出され、低い評価を受けていました。しかし、長年のロビー活動の後、エチオピア政府はグジ地区に独自の地理的区別を与えました。

ケイオン マウンテン農園はアト・エスマエル(Ato Esmael)と彼の家族が所有しています。「ケイオン」とは「ゴール(目標)」という意味で、その名の通りケイオン マウンテン農園は栽培から輸出までのコーヒーのプロセスを管理しています。この農園はこの地域原産の自然林の木陰(シェードツリー)にある肥沃な砂粘土質の土壌を特徴としています。農園の半分でコーヒーを栽培し、残り半分はシェードツリーを栽培しています。また、この農園のコーヒーの木々は比較的若く、定期的に剪定しています。剪定によってコーヒーノキの生育や結実を調整することができ、コーヒーの品質を長期的に確保することにつながりますが、その間収穫ができなくなるため、とても忍耐が必要な作業です。また農園では動物の糞が肥料として使われ、ドイツの会社BCS ECO GARANTIE PLの有機基準によって証明されるような有機農法が採用されています。コーヒーチェリーは地元の村の人々によって10月から2月に収穫されます。

エチオピアで栽培されるコーヒーの大半は首都アジスアベバのECX(エチオピアコーヒー取引所)で売買されています。また、小規模農園で収穫されたコーヒーは、その他の数多くの農園で栽培されたコーヒーと混ぜ合わされ、ウォッシングステーションや協同組合といったコミュニティで扱われるのが一般的です。しかし、ケイオン マウンテン農園はエチオピアのコーヒー農園としては珍しい単一農園で、栽培したコーヒーを独自で加工し、販売できる設備を持っています。これにより、ケイオン マウンテン農園はプライベートブランドとして自分たちの生産したコーヒーを販売することができます。

ケイオン マウンテン農園は2015年に湿式加工場や果肉除去機を設けて、自分達でコーヒーを輸出することができる環境を整え、コーヒーチェリーを加工し生豆にしてから市場に運ぶことができるようになりました。ケイオン マウンテン農園は現在では年間およそ300トンのコーヒーを生産しています。

ケイオンで生産されたコーヒーチェリーの多くはナチュラルプロセス(高床式ベッドで乾燥、発酵される)で精製されますが、このロットは湿式(ウォッシュト)です。低品質の豆を水洗によって分離し、高品質の豆を12〜24時間発酵させた後、2〜3週間高床式ベッドで乾燥させます。品質を落とさないために乾燥時間は長く、豆は定期的に手で回されて欠点の発生を防ぎます。この段階では、不良豆も手作業で選別され、ほぼ完璧なコーヒー豆に仕上がります。

味の特徴はシダモ産のコーヒーに似ていますが、フレーバーが独特です。ジャスミンのような香味、ラベンダーのようなフレーバーが特徴です。シダモ産のような明るい酸味を併せ持ち、ミディアムボディで、後味すっきりしています。

STARBUCKS RESERVE®とは

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。(スターバックスホームページより)

スターバックス リザーブ®を購入すると、商品説明のカードを挟んだこちらの用紙がもらえます。

こちらが商品説明のカードです。コーヒーについて詳しい説明が書いてあります。

※ラベルデザイン
このラベルのデザインは、世界中に共有できるような高品質のコーヒーを作りたいというケイオン マウンテン農園の思いをモチーフにしています。波形を描く縁取りのような模様は生産者の情熱を表し、濃い色合いの模様ではコーヒーの品質を高めるシェードツリーを表しています。これらの模様を組み合わせることで、ケイオン マウンテン農園のコーヒーへの誇りと情熱を表現しています。

スターバックスホームページより

初回購入時にコーヒーパスポートがもらえます。

中にコーヒーの基本情報(味わい方、ロースト方法、加工法、コーヒーの淹れ方など)と、スターバックスのコーヒーについての情報が載っています。中身が充実しているので、コーヒーパスポートをもらうためだけでもスターバックス リザーブ®を購入する価値があると思います。

スターバックス リザーブ®のページもあり、こちらに商品を購入するともらえるスタンプを貼って、コーヒーについての感想が書き込めるようになっています。

100gと250g単位で売っています。こちらは100gです。

スポンサーリンク

焙煎

スターバックスは、コーヒーをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。こちらのエチオピア ケイオン マウンテン ファームはスターバックスミディアムであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアム

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

欠豆、貝殻豆など、欠点豆が若干あります。

スポンサーリンク

ジャスミンやラベンダーのハーブのようなフレーバーと、エチオピア豆に特徴の柑橘系の明るい酸味が特徴です。コーヒーというよりハーブティーのようなフレーバーを持っていて、スターバックス リザーブ®の中でもフレーバーが非常に特徴的なコーヒーです。





Twitterでフォローしよう

おすすめの記事