サザコーヒー:エクアドル品評会 ターサ・ドラーダ 2020

このページのコンテンツ

ターサ・ドラーダ 2020

スポンサーリンク

ターサ・ドラーダ 2020

「Taza Dorada 2020」,Gobierno Provincial de Sucumbíos 2020年9月11日.

ターサ・ドラーダ(Taza Dorada)は、全エクアドルコーヒー輸出業者協会(ANECAFÉ)(スペイン語:Asociación Nacional de Exportadores de Café del Ecuador)が主催するエクアドルのコーヒーの品評会です。

ターサ・ドラーダは2007年に始まりました。アラビカ種(Taza Dorada Arábigo)部門は、2020年で14回目の開催となりました。

JURADO INTERNACIONAL CONCURSO TAZA DORADA-ARÁBIGO 2020

8ケ国から13人の国際審査員が選ばれ、日本からはサザコーヒーの鈴木 太郎氏とワタルの関根 伸慈氏が選ばれました。

審査で余ったコーヒーが、数量限定で販売されました。

エクアドル品評会が行われ、サザコーヒーにおいてもカッピングを行いました。

順位が発表されましたので、上位商品と鈴木太郎セレクトをセットにしテイスティングを体験できるセットをご用意しました。

サザコーヒー 商品ページより
スポンサーリンク

公式結果

RESULTADOS OFICIALES
RESULTADOS OFICIALES

ターサ・ドラーダ 2020では、90点を超えたコーヒーが2ロット出ました。

Score History for Taza Dorada Arabica

ターサ・ドラーダは、年々出品ロットの点数が上がっています。

スポンサーリンク

授賞式

授賞式

TDA-027 アシエンダ・ラ・フロリダ ティピカ アナエロビコ・ラバード(Hacienda LA FLORIDA Tipica Anaeróbico Labado)

ラミロ・コロネル(Ramiro Coronel)

TDA-027は、アシエンダ・ラ・フロリダ(Hacienda LA FLORIDA)のティピカの嫌気性発酵のウォッシュト精製です。90.59点を獲得し第1位に輝きました。

アシエンダ・ラ・フロリダは、ロハ県(Loja Province)ソソランガ・カントン(Sozoranga Canton)に位置する農園です。農園主はラミロ・コロネル(Ramiro Coronel)氏です。

アシエンダ・ラ・フロリダは、ティピカのカーボニック・マセレーション・ウォッシュト精製が89.66点を獲得し第5位に、カツカイのカーボニック・マセレーション・ウォッシュト精製が89.54点を獲得し第6位に、カツカイのカーボニック・マセレーション・ナチュラルが87.56点を獲得し第15位に入賞しました。

TDA-027 アシエンダ・ラ・フロリダ ティピカ アナエロビコ・ラバード

一口目にピーチのような芳醇な甘さを持つフレーバーが広がりますが、すぐにフレーバーが消え、少し酸味のある味に変化します。非常にクリーンな味わいです。

嫌気性発酵を用いたコーヒーの多くに、このフレーバーが持続しないという印象があります。

TDA-032 カフェ・インデラ ゲイシャ ナチュラル(Café Indera Geisha Natural)

マヌエル・ロメロ(Manuel Romero)

TDA-032は、カフェ・インデラ(Café Indera)のゲイシャのナチュラル精製です。90.19点を獲得し第2位に入賞しました。

カフェ・インデラは、ロハ県(Loja Province)チャグアルパンバ・カントン(Chaguarpamba Canton)に位置する農園です。農園主はマヌエル・ロメロ(Manuel Romero)氏です。

TDA-032 カフェ・インデラ ゲイシャ ナチュラル

レモンのような強い酸味を持つゲイシャフレーバーが印象的です。鼻の奥に抜けるようなフレーバーがあり、酸味の印象が強いコーヒーです。

TDA-009 フィンカ・クルス・ロマ ティピカ-シドラ ラバード(Finca Cruz Loma Tipica-Sidra Lavado)

ガロ・モラレス(Galo Morales)

TDA-009は、フィンカ・クルス・ロマ(Finca Cruz Loma)のティピカ-シドラのウォッシュト精製です。84.94点を獲得し第3位に入賞しました。

フィンカ・クルス・ロマは、ピチンチャ県(Pichincha Province)キト・カントン(Quito Canton)に位置する農園です。農園主はガロ・モラレス(Galo Morales)氏です。

TDA-009 フィンカ・クルス・ロマ ティピカ-シドラ ラバード

柑橘系の明るい酸味とチョコレートのようなコクが印象的です。特徴的なフレーバーは感じられませんが、クリーンな味わいのコーヒーです。

TDA-019 カフェ・インデラ ゲイシャ ハニー(Café Indera Geisha Honey)

マヌエル・ロメロ(Manuel Romero)

TDA-019は、カフェ・インデラ(Café Indera)のゲイシャのハニー精製です。89.72点を獲得し第4位に入賞しました。

カフェ・インデラは、ゲイシャのナチュラル精製で第2位に入賞しています。

TDA-019 カフェ・インデラ ゲイシャ ハニー

レモンのような明るい酸味とまろやかな甘さを持つ口当たりが印象的です。非常にクリーンな味わいです。

TDA-032と同様に酸味の印象が強く、そこにまろやかさと甘さが加わっています。

TDA-023 アシエンダ・ラ・フロリダ ティピカ マセラシオン・カルボニカ・ラバード(Hacienda LA FLORIDA Tipica Maceración Carbónica Labado)

ファブリシオ・コロネル(Fabricio Coronel)

TDA-023は、アシエンダ・ラ・フロリダのティピカのカーボニック・マセレーション・ウォッシュト精製です。89.66点を獲得し第5位に入賞しました。

TDA-023 アシエンダ・ラ・フロリダ ティピカ マセラシオン・カルボニカ・ラバード

甘酸っぱいフレーバーが豊かに広がります。発酵臭が若干感じられますが、クリーンな味わいです。

TDA-002 アシエンダ・ラ・フロリダ カツカイ マセラシオン・カルボニカ・ラバード(Hacienda LA FLORIDA Catucai Maceración Carbónica Labado)

ファブリシオ・コロネル(Fabricio Coronel)

TDA-002は、アシエンダ・ラ・フロリダのカツカイのカーボニック・マセレーション・ウォッシュト精製です。89.54点を獲得し第6位に入賞しました。

TDA-002 アシエンダ・ラ・フロリダ カツカイ マセラシオン・カルボニカ・ラバード

一口目はスパイシーでわずかに野菜のような味がします。冷めてくると酸味のある味わいに、わずかに発酵臭が感じられます。どちらかというと変わった味のするコーヒーです。

TDA-029 フィンカ・ラ・フロリダ カツーラ-ブルボン-ティピカ ラバード(Finca La Florida Caturra-Bourbon-Tipica Lavado)

ヴィタリアーノ・メリーノ(Vitaliano Merino)

TDA-029は、フィンカ・ラ・フロリダ(Finca La Florida)のカツーラ-ブルボン-ティピカのウォッシュト精製です。89.44点を獲得し第7位に入賞しました。

フィンカ・ラ・フロリダは、サモラ・チンチペ県(Zamora Chinchipe Province)サモラ・カントン(Zamora Canton)に位置しています。農園主はヴィタリアーノ・メリーノ(Vitaliano Merino)氏です。

TDA-029 フィンカ・ラ・フロリダ カツーラ-ブルボン-ティピカ ラバード

すだちやライムのような独特のフレーバと酸味が印象的です。独特のフレーバーを持つクリーンな味わいのコーヒーです。

TDA-017 エクアカフェタル ティピカ ハニー(Ecuacafetal Tipica Honey)

チ・チェン・リー(Chi Cheng Lee)

TDA-017は、エクアカフェタル(Ecuacafetal)のティピカのハニー精製です。89.41点を獲得し第8位に入賞しました。

エクアカフェタルは、ピチンチャ県(Pichincha Province)キト・カントン(Quito Canton)に位置する農園です。農園主はチ・チェン・リー(Chi Cheng Lee)氏です。

TDA-017 エクアカフェタル ティピカ ハニー

ピーチのような甘酸っぱいフレーバーとまろやかな口当たりが印象的です。発酵臭が若干感じられます。

TDA-005 エクアカフェタル ティピカ ラバード(Ecuacafetal Tipica Lavado)

チ・チェン・リー(Chi Cheng Lee)

TDA-005は、エクアカフェタルのティピカのウォッシュト精製です。88.75点を獲得し第9位に入賞しました。

TDA-005 エクアカフェタル ティピカ ラバード

一口目に甘いフレーバーが豊かに香ります。冷めてくると酸味の印象が強くなってきます。甘くクリーンな味わいが印象的なコーヒーです。

TDA-018 ラ・ジョゼフィーナ・エステート シドラ ラバード(La Josefina Estate Sidra Lavado)

レオポルド・アンドラーデ(Leopoldo Andrade)

TDA-018は、ラ・ジョゼフィーナ・エステート(La Josefina Estate)のシドラのウォッシュト精製です。88.72点を獲得し第10位に入賞しました。

ラ・ジョゼフィーナ・エステートは、ナポ県(Napo Province)エル・チャコ・カントン(El Chaco Canton)に位置する農園です。農園主はレオポルド・アンドラーデ(Leopoldo Andrade)氏です。

「Amazalia Coffee Estate」,Amazalia Estate 2020年6月28日.

ラ・ジョゼフィーナ・エステートは、アマサリア・エステート(Amazalia Estate)の一部です。

TDA-018 ラ・ジョゼフィーナ・エステート シドラ ラバード

スパイシーで清涼感のあるフレーバーが綺麗に伸びていきます。冷めてくると酸味が生まれます。スパイシーさの中に、すっきりとしたクリーンな味わいを感じるコーヒーです。

鈴木太郎セレクト

鈴木太郎セレクトは、審査員の鈴木 太郎氏が選んだロットです。

TDA-001

TDA-001

スパイシーなフレーバーとほどよい酸味が印象的です。スパイシーな刺激のあるレモンティーのような味わいです。

TDA-008

TDA-008

はちみつレモンのようなまろやかな口当たりと酸味が印象的です。スパイシーさと若干野菜のような味が感じられます。

TDA-025

TDA-025

ゲイシャのような華やかなフレーバーと柑橘系の酸味が印象的です。上位に入賞してもおかしくない豊かな味わいのコーヒーです。

TDA-007

TDA-007

発酵系のフレーバーとチョコレートのようなコクが印象的です。

TDA-012

TDA-012

発酵系のフレーバーとすっきりとした酸味が印象的です。

エクアドル品評会ブレンド

エクアドル品評会ブレンド

エクアドル品評会ブレンドは、ターサ・ドラーダに出品されたロットのブレンドコーヒーです。

エクアドル品評会に出品された良質なコーヒー豆をブレンドしました。エクアドルの世界観をコーヒーを通してお楽しみください。

サザコーヒー 商品ページより

クリーンですっきりとした明確な酸味が印象的なコーヒーです。

<参考>

Taza Dorada<https://auction.tazadoradaecuador.org/ja/>

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事