パナマ マメシージョ農園

パナマ マメシージョ農園

スポンサーリンク

マメシージョ農園

マメシージョ農園(Hacienda Mamecillo)は、パナマ(Panama)チリキ県(Chiriqui Province)ボケテ地区(Boquete District)ハラミージョ・アリーバ(Jaramillo Arriba)に位置する農園です。

マメシージョ農園は、2012年にチャモロ・カールソン家(Chamorro-Carlsson Family)が長年放置されていた農園の運営を開始し、誕生しました。

コーヒー農園

1957年にコーヒーの苗木が植えられ、現在もコーヒーが生産されています。マメシージョ農園の設立以来、有機農法と環境に配慮した経営により、コーヒーの生産量は年々増加しています。1.5ヘクタールのコーヒー農園は、雲霧林と原生林に囲まれており、それらが植物に最適な日陰を作り、野生動物の保護に役立っています。ノドジロオマキザルや有名なケツァール鳥が頻繁に目撃されています。

雲霧林

マメシージョ農園は、1.5ヘクタールの雲霧林を保護区として誇っています。巨大な原生林が空に向かって伸び、1000種類ものランや動物が生息しています。土地の境界にはいくつかの滝があり、最も高い滝は25メートルもあります。雲霧林を一周する専用トレイルで、ハイキングを楽しむことができます。

アグロ・ファーミング

マメシージョ農園は、最高の品質の食肉を生産するためには、動物をできるだけ自然に近い環境で生活させることが大切だと考えています。豚は500平方メートルの敷地に放し飼いにされています。また、260平方メートルのビニールハウスで、様々な有機野菜を育てています。近々、淡水魚の水槽を設置する予定です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事