グアテマラのコーヒー生産地域とその特徴:トラディショナル・アティトラン

トラディショナル・アティトラン

スポンサーリンク

グアテマラのコーヒー生産地域

グアテマラのコーヒー生産地域 出典:Anacafé

グアテマラのコーヒー生産地域は、1960年に設立されたアナカフェ(Anacafé)(英語:Guatemalan National Coffee Association、スペイン語:Asociación Nacional Guatemalteca de Café)によって認定されています。

グアテマラは、行政区画として22の県(英語:Department、スペイン語:Departamento)に分類されています。トラディショナル・アティトラン(Traditional Atitlán)は、グアテマラ(Guatemala)南西部ソロラ県(Sololá Department)に位置するコーヒー生産地域です。

スポンサーリンク

トラディショナル・アティトラン

ソロラ県

トラディショナル・アティトランの旗 出典:Wikipedia

ソロラ県(Sololá Department)は、比較的涼しい気候ですが、地形によって様々な気候があります。 土壌は肥沃で、様々な作物の栽培に適しています。 年間降水量は2,500mmから3,300mmです。

ソロラ県は、シエラ・マドレ(スペイン語:Sierra Madre)に囲まれており、アティトラン火山(英語:Atitlán Volcano、スペイン語:Volcán Atitlán)、サン・ペドロ火山(英語:San Pedro Volcano、スペイン語:Volcán San Pedro)、トリマン火山(英語:Tolimán Volcano、Volcán Tolimán)がある自然の景観に満ちた場所になっています。

トラディショナル・アティトラン

トラディショナル・アティトラン 出典:Anacafé

トラディショナル・アティトラン(Traditional Atitlán)は、5つの火山地域で有機物が最も豊富です。この地域には、アティトラン湖(英語:Lake Atitlán、スペイン語:Lago de Atitlán)周辺のすべての土地が含まれます。

「アティトラン(Atitlán)」は、「水の間」を意味しています。 ナワトル語(Nāhuatl Language)で、「atl」は「水」、「titlan」は「間」を意味します。「atl」という単語の末尾にある「tl」が削除され、それぞれの単語が組み合わされて、「Atitlán」という単語を形成しています。

この地域の90%のコーヒーは、アティトラン湖の湖畔を占めるアティトラン火山、サン・ペドロ火山、トリマン火山の3つの火山の斜面で栽培されています。アティトラン湖の湖面を撫でるソコミル(Xocomil)という日々の風は、この地域のマイクロクライメイト(微気候)に重要な影響を及ぼします。

この地域のほとんどの生産者は、アティトラン湖の水をウォッシュト(湿式)精製に使用します。標高が高いため、病害虫の発生が少なく、化学物質の代わりに有機物が肥料としてよく使用されます。湿度は75%から85%と高いですが、乾燥工程はほとんど天日で行われます。この地域のコーヒーの約95%は、平均12ヘクタールの小規模生産者によって生産されています。

品種

トラディショナル・アティトランの主な栽培品種は、ブルボン(Bourbon)です。他にも、ティピカ(Typica)、カツーラ(Caturra)、カツアイ(Catuai)が栽培されています。

収穫時期

収穫時期は12月から3月です。

トラディショナル・アティトランのカップ・プロファイル 出典:Anacafé

トラディショナル・アティトランのコーヒーは、明るい柑橘系の酸味とフルボディを伴った心地よいフレーバーが特徴です。味の特徴は、農園や品種、精製方法によって異なります。

トラディショナル・アティトラン(Traditional Atitlán):https://real-coffee.net/category/coffee-origin/central-america/guatemala/traditional-atitlan

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事