カフェ ランバン:コロンビア スウィート&フラワーズ スペシャルリザーブ

カフェ ランバンのコロンビア スウィート&フラワーズ スペシャルリザーブです。実店舗は北海道札幌市にある自家焙煎珈琲店です。パナマ エスメラルダ ゲイシャや、エリーゼブルー、コピ・ムサンなど、世界的にも希少なコーヒーを飲むことができる喫茶店です。

コロンビア スウィート&フラワーズ スペシャルリザーブ

スポンサーリンク

コロンビア

コロンビアはカリブ海と大西洋に面する南アメリカ大陸北部の国です。東にベネズエラ、南東にブラジル、南にペルー、南西にエクアドル、北西にパナマとコーヒー生産国に囲まれています。首都はボゴタ(Bogota)です。ブラジル、ベトナムについで、世界第3位のコーヒー生産大国であり、年間平均1,200万袋(1袋60kg)、720,000トンです。コロンビアは南北にアンデス山脈が縦断しているため、山岳地帯の面積が広いです。地域によって標高差が大きく、雨季と乾季が異なるため、一年を通じてコーヒー豆を収穫できます。

コロンビア国内の大半の生産地では収穫期が1年に2度あります。北部の地域ではメインの収穫期が11月、そして5月~6月にかけて第2期の収穫(mitaca、ミタカ)が行われます。南部地域ではそれとは逆に、メインの収穫期が5月から6月で、ミタカは11月に行われます。

アンデス山脈では、年間1,600-1,800時間の日照時間が良質なコーヒー栽培にとって最適とされており、日照量をコントロールするためにシェード(遮光)栽培を行っています。この土地の雨季と乾季が交互で訪れる気候条件も、良質なコーヒー栽培には不可欠です。

コロンビアコーヒーは全体としては、フルーティーな風味と味わいが特徴で、柑橘系の芳醇な香り、滑らかで甘い風味、豊かなコクとほど良い酸味のあるマイルドなコーヒーです。コロンビアコーヒーは地域によって、それぞれ風味が微妙に異なります。

コロンビアコーヒーは、アンデス山脈のいたるところで栽培されています。アンデス山脈は3つの連峰に別れていて、この連峰によって分けられた地域には、それぞれ気候に違いが見られます。コロンビアのコーヒー生産地域は北部、中部、南部の大きく三つに分けることができます。北部・中部の年間平均気温は20.5℃、南部の年間平均気温は19.5℃となっていて、南部より北部のほうが気温が高めです。全体的な風味の傾向としては、南部よりも北部のほうがはっきりとした酸味、しっかりとしたボディ、強いコクが感じられます。コロンビア スウィート&フラワーズ スペシャルリザーブが生産されるウィラ県は南部に位置しています。

南部にはナリーニョ(Nariño)、カウカ(Cauca)、ウイラ(Huila)、スール・デ・トリマ(Sur del Tolima)地域があります。赤道に近いこの地域では、標高が高く、気温が低い土地で栽培されます。第1期のメインの収穫期が5月から6月で、第2期のミタカは11月に行われます。味はコロンビアコーヒーのなかでも特に酸味が高く、パイナップルのような甘酸っぱい味わいが特徴ですが、酸味よりも甘味のほうがより優れた味わいです。

スポンサーリンク

ウィラ県

ウィラ、FNC コロンビアコーヒー生産者連合会ホームページより

ウィラ県(Huila)はコーヒーの名産地として有名です。コロンビアの中南部に位置するウィラ県はアンデスの中央山脈と東部山脈に囲まれています。ウィラはアンデス山脈からマグダレナ川が流れ出る山脈地帯に挟まれた谷合に位置します。ウィラ県は赤道高地の火山灰の豊かな土壌が特徴です。気候条件は曇りが多く、日射時間の平均が1日に3,5時間と短めです。標高は低く、平均気温は17℃〜23℃と高めです。ゲリラの活動地帯でもあるため、治安はあまりよくありません。

ウィラ県にはマグダレナ川(Magdalena)が山々を流れています。コロンビアのアンデス山脈の縦断する起伏に富んだ険しい火山地帯はコーヒー生産には適していますが、同時にコーヒー豆の輸送は非常に困難でした。しかし、このマグダレナ川は浅い川で急流が多いため、重要な輸送路として活用されています。そのため、マグダレナ川周辺にはコーヒー生産者が多く存在しています。

ウィラ県では、37の自治体のうち35の自治体でコーヒーを栽培しています。

スポンサーリンク

スウィート&フラワーズ スペシャルリザーブ

サンアグスティンの街、アタカ通商 ホームページより
スウィート&フラワーズ の生産者、アタカ通商 ホームページより

コロンビア スウィート&フラワーズ スペシャルリザーブ(Sweet&Flowers Special Reserve)はウイラ県南部サン・アグスティン市 (San Agustín)で森林保全活動を行っているASOGUARD組合(Association of Forest Ranger Family of La Argentina、アソガード、アソシエーション・オブ・フォレストレンジャー・ファミリー・オブ・ラ・アルヘンティーナの略)が栽培したコーヒーです。

この組合は2002年にコカイン栽培からコーヒー栽培へ転換を促すために設立され、高品質のコーヒーを生産している組合です。この組合を構成している140家のうち、このコーヒーを栽培したのは30家です。降雨量700mm-1000mm、標高1750-1900mの高地で栽培され、100%天日乾燥されます。栽培されたコーヒーの中から、仕上がりの良いカップをスペシャルリザーブとして買い付けされました。アタカ通商取り扱いのコーヒーです。

品種

品種はイエローブルボン(Yellow Bourbon)とカツーラ種(Caturra、カトゥーラ)です。

イエローブルボン、アタカ通商 ホームページより

コーヒーチェリーは通常熟すと赤く色づきますが、イエローブルボンは熟すとその名の通り黄色くなるのが特徴です。赤く色づくのがレッドブルボンです。イエローブルボンの味の特徴として、レッドブルボンよりも甘味が強いことが挙げられます。

カツーラ、アタカ通商 ホームページより

カツーラ種はブルボンの突然変異種で、1915年から1918年頃にブラジルのミナス・ジェライス州で発見されました。「小さい」という意味の南アメリカ先住民族の言葉であるグアラニー語に由来しています。香味に際立った特徴はありませんが、密集栽培が可能で、収穫性の高い品種です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed、湿式)です。ウォッシュトは収穫したコーヒーチェリーをパルピング(pulping、果肉除去)し、発酵と水洗い後、パーチメント(Parchment)付きコーヒー豆を乾燥させ脱穀する方法です。ウォッシュトでは水洗いするためキレイな味わいに仕上がります。

コロンビアコーヒーは一般的に、滑らかで甘く、フルーティーなフレーバー、柑橘系の程よい酸味、豊かなコクのマイルドな味わいを特徴とするコーヒーです。

スウィート&フラワーズはその名前の通り、甘味と花のようなフレーバーが特徴です。カツーラのバランスのとれた味が、イエローブルボンの甘味を引き立てています。クリーンな口当たりのコーヒーです。

カフェ ランバンのコロンビア スウィート&フラワーズ スペシャルリザーブ

コロンビアの有名産地サン・アグスティン村のアソガード組合2018クロップ。その中でも厳選された出来のよいクロップがこのスペシャルリザーブです。甘くフローラルな香りがあり高いレベルでバランスの良いコーヒーです。

カフェ ランバンホームページより

カフェ ランバンでは、コーヒー豆の焙煎度を選ぶことができますが、こちらのコロンビアスウィート&フラワーズスペシャルリザーブは浅煎り(ライトロースト)、中煎り(ミディアムロースト)、深煎り(フレンチロースト)から選択できます。

浅煎り(ライトロースト)

フローラルなフレーバーと酸味、フルーティーな甘味のバランスが非常に良く、非常にクリーンな口当たりが印象的です。浅煎りは紅茶のような印象です。

中煎り(ミディアムロースト)

中煎りになると、酸味、甘味、苦味、コクのバランスの取れた、浅煎りよりもバランスの良い味わいに仕上がっています。非常にクリーンな味わいは浅煎りと共通しています。

深煎り(フレンチロースト)

酸味、甘味、苦味、コクのバランスが非常に良く、通常のコーヒーに近い印象です。こちらも浅煎りや中煎りと同様に、非常にきれいな味わいです。

<参考>

「産地情報 ウィラ(Huila)」,FNC コロンビアコーヒー生産者連合会<http://cafedecolombia.jp/colombia/origin-huila/>2019年11月3日アクセス.

「スウィート&フラワーズ スペシャルリザーブ27」,ATC Specialty Coffee<http://www.specialtycoffee.jp/beans/2221.html>2019年11月3日アクセス.

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事