カフェ ランバン:ボリビア コパカバーナ農園 ティピカ

今回はカフェ ランバンのボリビア コパカバーナ農園 ティピカの紹介です。実店舗は北海道札幌市にある自家焙煎珈琲店です。パナマ エスメラルダ ゲイシャや、エリーゼブルー、コピ・ムサンなど、世界的にも希少なコーヒーを飲むことができる喫茶店です。

ボリビア コパカバーナ農園 ティピカ

ボリビア

ボリビア(Bolivia)は、南アメリカの共和国です。北東をブラジル、南をアルゼンチン、南東をパラグアイ、南西をチリ、北西をペルーに囲まれた内陸国です。憲法上の首都はスクレ(Sucre)ですが、実際上の首都はラパス(La Paz)です。アンデス山脈はボリビア西部にまたがり、3つの主要地域を形成しています。西部の山岳地帯の高地とアルティプラーノ(2つかそれ以上の山脈の間に広がる標高の高い平坦な高原地帯)、東部の山の斜面にある亜熱帯のユンガス地域(Los Yungas)と温帯の渓谷、そして、リャノ (llano)またはオリエンテ (Oriente)と呼ばれる北部と東部に広がるアマゾン熱帯の低地です。

ボリビアは金・銀・錫・石油・天然ガス・リチウムなどの豊富な天然資源を持っていますが、かつて「黄金の玉座に座る乞食」と形容されたように、ラテンアメリカで最も開発が低く貧しい国です。この深刻な貧困国にとって、経済、社会、そして環境の持続可能性を支える質の高い製品を生み出すのに必要なインフラストラクチャや技術を開発することが問題となっています。

ボリビアのコーヒーの歴史は、ブラジルからコーヒー農園の黒人奴隷が逃亡したときに苗木を持ち込んだのが始まりです。ボリビアのコーヒー生産はラパスの北東にあるユンガス(Los Yungas、地元のケチュア語で「暖かい谷」の意味)の農村地域に集中しており、そこでボリビアの約95%のコーヒーが生産されます。ユンガス地方のマイクロクライメット(微気候)、高い標高(1,400-2,100m)、肥沃な土壌、温暖な気候は高品質なコーヒー生産に最適です。他のコーヒー生産地域にはサンタクルス(Santa Cruz)、ベニ(Beni)、 コチャバンバ(Cochabamba)、タリハ(Tarija)、パンド(Pando)があります。

ボリビアのコーヒー生産は1880年代にさかのぼります。ボリビアでは長年にわたり、ほとんどのコーヒー農園は裕福な大規模土地所有者によって所有されていました。ボリビア政府は1991年の土地改革によって、大部分の大規模土地所有を収用し、それらを農村の23,000の農家に再分配しました。1〜8ヘクタールの小さな区画が再分配され、ボリビアのコーヒーの85〜95%を生産しています。そこで栽培される品種のほとんどが有機栽培のアラビカ種です。

ボリビアコーヒー業界全体では、28の民間企業がコーヒー輸出貿易の70%以上を支配しています。残りの30%は、ボリビアの17のコーヒー協同組合によって取引されています。民間部門と協同組合部門の両方がボリビアコーヒー委員会であるコボルカ(Cobolca、Comite Boliviano del Cafeの略)のメンバーです。ボリビアのコーヒーのほとんどは、アメリカ、ドイツ、その他のヨーロッパ諸国、ロシア、日本に輸出されています。

ボリビアでは2004年からカップ・オブ・エクセレンス(Cup of Excellence)が始まり、ボリビアコーヒーの認知度を高めましたが、ボリビアコーヒーは世界で最も高い標高と最も低い緯度で生産されるため、この国で生産される様々なコーヒーはまだ市場に充分に紹介されていません。

ボリビアは、高い標高、肥沃な土壌、定期的な雨期など、高品質のコーヒー生産のためのすべての条件が揃っています。しかし、険しい地形とインフラや技術の欠如により、収穫後の品質管理は困難な課題となっています。ボリビアコーヒーはかつてはブレンドにのみ適した低品質のコーヒー生産国と考えられていましたが、現在、コーヒー産業の変革に取り組んでいます。

ボリビアの高品質なコーヒー生産は、アメリカが麻薬戦争の一環としてボリビアのコーヒー生産を支援したことが始まりです。アメリカからの開発援助によって、コーヒー農家の近くに精製加工施設が設立されるようになりました。それまでコーヒー生産者は、自分たち農園でコーヒーチェリーをパルピング(Pulping、果肉除去)してから、それをコーヒー生産地域から遠く離れたところにある集中処理所に運んでいました。まだ乾燥していないコーヒー豆は、山を通り抜ける長い曲がりくねった道で様々な高度や気候条件で運ばれるため、極端に変化する気温にさらされることになり、ダメージを受けていました。しかし、精製加工施設が農家の近くに設立されることによって、運送の手間と労力がなくなり、コーヒー豆が傷むことなく、精製することができるようになりました。

しかし、ボリビアのコーヒー生産量は年々減少しています。2006年の年間輸出は約8万5000袋で、 2010年約7万袋でした。(これはブラジルの1つの大農園の年間生産量に相当します)。 2014年には年間輸出3万袋にまで半減しました。

この減少に寄与するいくつかの要因があります。 1つは、コーヒー生産はボリビアで伝統的に栽培されるコカと競合していることにあります。コカは一年中収穫でき、儲けやすいため、農家はコーヒー栽培よりもコカ栽培を選びます。しかし長期的に見ると、コカ畑はコミュニティと土地に壊滅的な影響を与えます。手付かずのままの熱帯雨林はコカ栽培のために違法に破壊され、そしてシェードツリーの欠如は侵食に繋がる大きな問題を起こします。コカ生産者が作物を強くするために殺虫剤を過剰に使用すると、土壌も時間の経過とともに不毛になります。そこには他に何も育てることができないので、その土地は放棄されます。

コーヒー生産を支援し促進する中央組織が存在しないことも、ボリビアのコーヒー貿易の活力を脅かしています。グアテマラやブラジルのような他のコーヒー生産国とは異なり、ボリビアのコーヒー生産者は政府や国の農業団体からの支援を受けていません。歴史的には、アメリカの麻薬戦争の一環として、コカの代替作物としてコーヒー栽培が支援されていました。しかし、先住民族出身のエボ・モラレス(Evo Morales)が大統領になると、彼はアメリカによる支援を止めました。それは彼が元コカ生産者で、アメリカ帝国主義の象徴であるコーヒー生産よりも、ボリビアの伝統的な農産物としてコカ栽培を推進しているためです。

コパカバーナ農園

コパカバーナ農園(Copacabana)はラパス県ユンガス地方南部カラナビ(Caranavi)のカラマにあります。カラナビは人口約50,000人のユンガス地方最大の都市です。

コパカバーナはペルーとボリビアにまたがる古代湖、3,890mの天空に近いチチカカ湖(Titicaca)の湖畔の最大の町で、約6,000人の人口がいます。コパカバーナの名前は、先住民族アイマラ族の言葉で「湖の眺め」を意味する”コタ・カウアーナ( kota kahuana)”から由来しています(古代アンデス神話の豊穣の女神コタカワナ(Kotakawana)に由来するという異なる説もあります)。

コパカバーナはセロ・エル・カルバリオ(Cerro El Calvario)とニーニョ・カルバリオ(Niño Calvario)の山に囲まれ、スペイン征服以前から神聖な場所として知られていました。かつてコタカワナが祀られていた場所に、ボリビアの守護聖人、コパカバーナの聖母が祀られている16世紀に建築された有名なコパカバーナ聖母教会があります。

コパカバーナ農園はこの町の中心部の北東へ300キロにあるセロ・コンドリーリ(Cerro Condoriri、コンドリーリの丘)の標高1,500mに位置しています。農園主マリア・アスカルンス女史です。彼女の祖先は、スペイン北部のガリシア地方から1650年にボリビアに渡ってきました。マリアの父、ハイメ・アスカルンスが1960年代にコーヒービジネスを始めます。彼はユンガス地方南部のチュルマニ県(Chulumani)に最初の農園を購入しコーヒーの栽培を始めますが、近隣の生産者がコカインの栽培を始めたため危険な地域となり、その農園を売却します。ユンガス地方南部のカラナビ県の農園を購入し、現在に至ります。

チチカカ湖には「太陽の島」と「月の島」と呼ばれる島があり、この島はインカの帝国発祥の地と言われています。現在では、キリスト教徒の巡礼地となっており、マリア女史も敬虔なクリスチャンで、農園入口には聖母マリア像が飾られています。

彼女はチチカカ湖周辺にプマプンク農園(プマプンク農園についてはこちらから)、リオコリ農園、ベジャビスタ森林公園の麓にベジャビスタ農園などを所有してます。

認証

コパカバーナ農園はバイオラティーナ有機認証(Bio Latina)を取得しています。バイオラティーナはペルー(Peru)のリマ(Lima)に拠点がある、USDA(アメリカ農務省)公認の認証団体で、世界中の組織を代表して農園、牧場、および森林の持続可能な慣行を認証しています。ペルーをはじめ、ボリビア、コロンビア、ニカラグア、ベネズエラ、パナマ、ホンジュラス、グアテマラ、エルサルバドル、エクアドル、およびメキシコの中南米11カ国で認証を受けています。

品種

品種はティピカ(Typica)です。ティピカは、オランダの植物園からパリの植物園へ、そこからカリブ海のマルティニク島に苗木が持ち込まれ育てられた木からカリブ海の島々、中南米に伝播した品種です。現存する様々なアラビカ種はこのティピカから派生しています。円錐形の高木で、約3,5~4,0mまで成長します。病害虫に弱く、生産性は低いですが、香味に優れ、品質が高いのが特徴です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed、湿式)です。ウォッシュトは収穫したコーヒーチェリーをパルピング(pulping、果肉除去)し、発酵と水洗い後、シルバースキン(Silver skin)に覆われたパーチメント(Parchment 、果肉除去した後のコーヒー豆)を乾燥させ脱穀する方法です。ウォッシュトでは水洗いするためキレイな味わいに仕上がります。

味は豊かな酸味と柔らかい甘味に優れた、ウォッシュト精製の非常にキレイな味が特徴です。チチカカ湖の周辺のマイクロクライメットが酸味と甘味に優れたコーヒーに仕上げています。

カフェ ランバンのボリビア コパカバーナ農園 ティピカ

人気のコパカバーナ農園18年クロップが入荷しました。農園近くのチチカカ池よりもたらされる適度な湿度と穏やかな気温がこの珈琲豆の適度な酸味とコク、甘い香りを作り上げています。

カフェ ランバンホームページより

カフェ ランバンでは、コーヒー豆の焙煎度を選ぶことができますが、こちらのボリビア コパカバーナ農園 ティピカは浅煎り(ライトロースト)、中煎り(ミディアムロースト)、深煎り(フレンチロースト)のみです。

浅煎り(ライトロースト)

焙煎

焙煎:ライトロースト(8段階中1番目)

最も浅煎りです。ライトローストでは香りもコクも引き出すことができないので、ライトローストのコーヒーはほぼ存在しません。

カフェ ランバンでは浅煎りでも、充分に香りが引き出されています。その他の苦味、コクなどがないため、香りの印象がダイレクトに伝わっています。

豊かな酸味と柔らかい甘みがとてもキレイに出ています。浅煎りのため苦味はなく、酸味と甘味の印象がダイレクトに伝わってきます。

中煎り(ミディアムロースト)

焙煎

焙煎:ミディアムロースト(8段階中3番目)

中浅煎りです。ちょうど基準となる焙煎度です。1ハゼが終わったぐらいの焙煎度です。酸味が強く、苦味は弱いです。焙煎する最初の段階の時にちゃんと水分抜きを行わないと、渋みが目立って、飲みにくくなります 。コーヒー豆の品質が味にわかりやすく表現される焙煎度合いです。高級豆はこのミディアムローストが多いです。

豊かな酸味と柔らかい甘味のバランスに優れています。浅煎りよりもコクが増していますが、苦味は少なく、とてもキレイな味わいです。

深煎り(フレンチロースト)

焙煎

焙煎:フレンチロースト(8段階中7番目)

フランス式の極深煎りです。2ハゼ(ピチピチという音)の終わりぐらいの焙煎度です。カフェオレやウィンナーコーヒー・エスプレッソなどに向いています。 
酸味はほとんどなく苦味が強く感じられます。苦味、コクに加えて厚みが出てきます。コーヒー豆の色はほ黒に近いこげ茶で、油が滲みます。エスプレッソやクリームを加えて飲むフランスやイタリアのコーヒー向きの焙煎です。

豊かな酸味と苦味のバランスが良いです。深煎りなので苦味がありますが、酸味の印象が強いです。

<参考>

「コパカバーナ農園 ティピカ フルウォッシュ」,Specialty Coffee<http://www.specialtycoffee.jp/beans/2187.html>2019年6月2日.

「Copacabana, Bolivia」,Wikipedia<https://en.wikipedia.org/wiki/Copacabana,_Bolivia>2019年6月2日.

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事