カフェ ランバン:パナマ ハートマン農園 カツーラ

カフェ ランバン パナマ ハートマン農園 カツーラです。

カフェ ランバン(Café RANBAN)は、北海道札幌市にある自家焙煎珈琲店です。

パナマ ハートマン農園 カツーラ

スポンサーリンク

ハートマン農園

ハートマン農園は、(Finca Hartmann)は、パナマ(Panama)チリキ県(Chiriquí Province)レナシミエント地区(Renacimiento District)サンタ・クララ(Santa Clara)にある農園です。ハートマン農園は、ハートマン家(Hartmann Family)によって経営されています。

ハートマン農園についての詳細は、以下の記事を参照してください。

品種

品種はカツーラ(Caturra)です。

カツーラは、1935年にブラジルで発見されたブルボンの突然変異種です。ティピカの3倍近い高い生産性を誇る品種ですが、栽培にはケアと肥料が必要となります。標高が高ければ高いほど品質が上がりますが、生産性が落ちるのが特徴です。

ハートマン農園では、ティピカ(Typica)、カツーラ(Caturra)、カツアイ(Catuai)、ブルボン(Bourbon)、ゲイシャ(Geisha)、パチェ(Pache)、マラゴジぺ(Maragogype)、パカマラ(Pacamara)の品種が栽培されています。

スポンサーリンク

カフェ ランバン パナマ ハートマン農園 カツーラ ウォッシュト

パナマ ハートマン農園 カツーラ ウォッシュト

ハートマン農園2019/2020クロップが入荷しました。ハートマン農園では、カツーラ、ゲイシャ、パチェ、マラゴジーぺ、パカマラの5品種を栽培。精製方法はウォッシュド、パルプドナチュラル、ナチュラルの3通りで精製しています。このロットは、カツーラのウォッシュドです。

カフェ ランバン

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

ウォッシュト精製は水洗するため、クリーンな味に仕上がります。

焙煎

カフェ ランバンでは、コーヒーの焙煎度を選ぶことができます。パナマ ハートマン農園 カツーラ ウォッシュトは、浅煎り(ライトロースト)、中煎り(ミディアムロースト)、深煎り(フレンチロースト)から選択できます。

浅煎り(ライトロースト)

浅煎り(ライトロースト)

甘さの香るフレーバーとまろやかな酸味、非常にクリーンな味わいが印象的です。クリーンな味わいが甘いフレーバーと酸味を引き立てています。

中煎り(ミディアムロースト)

中煎り(ミディアムロースト)

甘さの香るフレーバーとまろやかな酸味が印象的です。中煎りなると、まろやかな口当たりが酸味を穏やかにしています。

深煎り(フレンチロースト)

深煎り(フレンチロースト)

非常にクリーンで甘さのあるフレーバーが印象的です。深煎りですが酸味の残る焙煎度で、バランスの取れた味わいです。

スポンサーリンク

カフェ ランバン パナマ ハートマン農園 カツーラ ワイニー

パナマ ハートマン農園 カツーラ ワイニー

ハートマン農園2017/18クロップ、久しぶりのハートマン農園です。このロットはワイニーのフルーティーさが引き立っています。

カフェ ランバン

精製方法

乾燥

精製方法はワイニー(Winny)です。

ワイニー精製は、ナチュラルの乾燥工程中にあえて果実を発酵させることで、ワインに似た風味を付ける比較的新しい精製方法です。

通常のナチュラル製法での乾燥とは違い、果肉に発酵を加えるワイニーを採用することで、ベリー系のドライフルーツや果実酒のような独特の甘いフレーバーと酸味が特徴的なコーヒーに仕上がります。

焙煎

カフェ ランバンでは、コーヒーの焙煎度を選ぶことができます。パナマ ハートマン農園 カツーラ ワイニーは、浅煎り(ライトロースト)、中煎り(ミディアムロースト)、深煎り(フレンチロースト)から選択できます。

浅煎り(ライトロースト)

浅煎り(ライトロースト)

ワインのようなフレーバーと果実感のある甘さが印象的です。キレイな酸味が感じられるクリアな飲み口です。

中煎り(ミディアムロースト)

中煎り(ミディアムロースト)

果実酒のようなフレーバーと甘さと酸味のバランスに優れた印象です。

深煎り(フレンチロースト)

深煎り(フレンチロースト)

深煎りになると果実感のある複雑な印象のコーヒーに感じられます。

<参考>

Finca Hartmann<http://luis-miranda-rekr.squarespace.com/#eat-together>

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事