カフェ ランバン:ハイチ べランスコーヒー生産者協同組合連合 COOPCAB モン・ラ・セル 15/18

カフェ ランバン ハイチ べランスコーヒー生産者協同組合連合 COOPCAB モン・ラ・セル 15/18です。

カフェ ランバン(Café RANBAN)は、北海道札幌市にある自家焙煎珈琲店です。

ハイチ べランスコーヒー生産者協同組合連合 COOPCAB モン・ラ・セル 15/18

スポンサーリンク

べランスコーヒー生産者協同組合連合(COOPCAB)

べランスコーヒー生産者協同組合連合(COOPCAB)(英語:Coffee Growers Cooperative of Belle Anse、フランス語:Coopérative des Planteurs de Café de l’Arrondissement de Belle-Anse)は、ハイチ(Haiti)南東県(Sud-Est department)べランス群(Belle-Anse Arrondissement)ティオット(Thiotte)に位置する協同組合連合です。

べランスコーヒー生産者組合(COOPCAB)は、べランス群で最初のコーヒー生産者協同組合連合です。べランスコーヒー生産者組合(COOPCAB)は、5,000人の小規模生産者からなる10の協同組合を束ねており、べランス群の生産者協同組合で栽培されたコーヒーを加工し、世界の様々なフェアトレードやグルメ市場に提供することを目的としています。

べランスコーヒー生産者組合(COOPCAB)は、ティオットの標高1,300m - 1,350mで栽培されるカフェ・フォレ・パン・ブルー(Café Forêt des Pins Bleus)、ラ・セル山(Mont la Selle)の麓で栽培されるカフェ・マール・ブランシュ(Café Marre Blanche)(南県(Sud Department)のマルブランシュ(Malbranche)とは別)、クレオール語で「大きな馬」の意味を持つカフェ・グオ・シェワル(Kafé Gwo Chwal)の3種類のコーヒーを、国内外に販売しています。

このロットは、ラ・セル山の麓の標高800m - 1,000mで栽培されたコーヒーです。

規格

スクリーンサイズは15+です。

品種

品種はティピカ(Typica)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

ハイチのコーヒーのほとんどは、ナチュラル(Natural)で精製されます。

スポンサーリンク

カフェ ランバン ハイチ べランスコーヒー生産者協同組合連合 COOPCAB モン・ラ・セル 15/18

ハイチ COOPCABーモンラセル 15/18

ハイチ約4年ぶりに入荷することができました。日本ではハイチ産のコーヒーが非常に珍しいと思います。

カフェ ランバン

カフェ ランバンでは、コーヒーの焙煎度を選ぶことができます。ハイチ べランスコーヒー生産者協同組合連合 COOPCAB モン・ラ・セル 15/18は、浅煎り(ライトロースト)、中煎り(ミディアムロースト)、深煎り(フレンチロースト)から選択できます。

浅煎り(ライトロースト)

浅煎り(ライトロースト)

ティピカの香ばしいフレーバーと透明感のあるクリーンな味わいが印象的です。浅煎りですが、酸味が主張せず、香ばしいフレーバーが豊かに香る味わいです。

中煎り(ミディアムロースト)

中煎り(ミディアムロースト)

ティピカの香ばしいフレーバーと透明感のあるクリーンな味わいが印象的です。浅煎りよりもバランスの取れた味わいです。

深煎り(フレンチロースト)

深煎り(フレンチロースト)

ティピカの香ばしいフレーバーとバランスの取れた味わいが印象的です。深煎りですが、苦味の印象よりも透明感のあるクリーンな味わいが印象的です。

<参考>

「COOPCABーモンラセル 15/18」,ATC Specialty Coffee<https://www.specialtycoffee.jp/beans/2545.html>

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事