UCCカフェメルカード:ガテマラ ヌエバグラナダ

今回はUCCカフェメルカードのガテマラ ヌエバグラナダを紹介します。UCCは上島珈琲店や珈琲館などのブランドを運営している誰もが知る大手のコーヒー店です。UCCカフェメルカードは良質で新鮮なコーヒーを販売している挽き売り店です。クラシフィカドール(コーヒー鑑定士)により、味覚、香り等、徹底的な品質テストをしたコーヒーだけを取り揃えています。

グアテマラ ヌエバグラナダ農園

スポンサーリンク

グァテマラ

グァテマラはシェラ・マドレ山脈が縦横に走っている中米北部の国です。シェラ・マドレ山脈はメキシコの北西から南東にかけて連なる大山脈で、北はロッキー山脈に続き、南端に位置するのがグアテマラです。グァテマラは火山国で、グァテマラコーヒーの多くは山脈の斜面で栽培されています。標高1,300m~2,000mの高い標高、降雨量の多い肥沃な火山灰土壌で、高品質なコーヒーの栽培に恵まれた環境です。気象は、太平洋側と大西洋側のそれぞれの熱帯性気候に影響されます。

グァテマラには狭い国土に、1960年に設立されたグァテマラ国内の7万5000以上のコーヒー生産者を代表する民間組織アナカフェ(Anacafe)によって認定された8つの代表的な産地があり、山脈を挟んで気象条件が違うため、それぞれに特徴が異なります。首都のグァテマラシティの近くにあるのがアンティグア地区、国を囲むようにしてあるのがフライハネス地区、アカテナンゴ地区、サンマルコス地区、アティトラン地区、ウエウエチナンゴ地区、コバン地区、ヌエボ・オリエンテ地区の8つです。UCCカフェメルカードのガテマラ ヌエバグラナダを生産するヌエバグラナダ農園(Nueva Granada)はサンマルコス地区(San Marcos)に位置しています。

スポンサーリンク

ヌエバグラナダ農園

グアテマラ ヌエバグラナダ農園はメキシコ国境近くのサンマルコス地区エル・タンバドールに位置しています。農園名はヨーロッパで最後のイスラムの拠点、アルハンブラ宮殿のあるスペインの要塞都市グラナダに由来しています。1492年にグラナダが陥落し、レコンキスタが完成した同じ年、クリストファー・コロンブスは新世界を発見しました。

ヌエバグラナダ農園は標高1400~1500mに位置しています。タフムルコ山(Tajumulco)とタカナ(Tacana)の2つの非活動性の火山に囲まれており、コーヒーは火山灰の肥沃な土壌で栽培されます。

栽培

コーヒーノキはシェードツリーの日陰で栽培されています。シェードツリーは渡り鳥や地元の鳥、野生動物の聖域で、熱帯地方の強い日差しからコーヒーノキを保護します。3月から4月に開花し、10月下旬には完熟を迎えます。

ヌエバグラナダ農園は2003年にニューヨークで行われたレインフォレスト・アライアンスのイベントで、最も早く認証を獲得した農園の一つとして表彰されました。レインフォレスト・アライアンス認証(Rainforest Alliance Certification)を獲得して以降は、マカダミアの木がシェードツリーとなっている農園の場所に、さらに3万本以上の木を植えました。また、植物をできるだけ刈り取らないようにすることで、川や小川を守り、野生動物の通り道が生まれました。

農園では土壌を健康に保つために、毎年新しい苗木が植えられます。選ばれたコーヒー豆から最初の葉が成長すると、それは高収量の木の根に接ぎ木されます。

接ぎ木約30日後で、若い苗木は肥沃な土と有機肥料で満たされたビニール袋に移されて、日陰で灌漑しながら6ヵ月間寝かせます。雑草を取り除き、まっすぐな根元が下に曲がらないようにするために、バッグを上下逆さまに使用します。

雨季のはじめの5月に、1才となった種苗が農園全体に植えられます。それはシェードツリーの木陰で成長し、4年後には初の収穫を迎えます。

精製方法

精製方法はウォッシュト(湿式)です。農園周辺の3つの山の泉から湧き出る綺麗な水で洗われ、等級分けされた後、パティオと低熱乾燥機でゆっくりと均一に乾燥されます。ヌエバグラナダ農園は新しいエコロジカルなミルを建設したことで、精製に使用される水の量が従来よりも80%少なくなりました。また、使用された水は川に戻すことなく、パルピング(果肉除去)や水洗後に残ったわずかな水は灌漑に利用されます。

パルピングされたコーヒーチェリーの果肉と有機物は堆肥化され、有機肥料として使用されており、マカダミアの殻も堆肥として使用し始めました。農園はレインフォレスト・アライアンスで承認された数少ない農薬のみを使用して、持続可能な農業に取り組んでいます。昆虫やコーヒーノミキクイムシは自然な方法で駆除が試みられています。

品種

ヌエバグラナダ農園で栽培されている品種はブルボン(Bourbon) 、カツーラ(Caturra)、カツアイ(Catuai)ですが、UCCカフェメルカードのガテマラ ヌエバグラナダはブルボンとカツアイです。旧世界の品種であるブルボンと、新世界(ブラジル)で生まれたカツーラとカツアイが同じように栽培されています。

収穫

収穫は完熟実のみ摘み取られ、パーチメントの段階で選別され、乾燥した木造の倉庫で保管されます。注文が入ると、パーチメントを取り除き、生豆の状態で出荷されます。

施設

ヌエバグラナダ農園には労働者の子供のために用意された小学校と図書館があります。学校には6台のコンピューターがあり、生徒と農園の大人にもコンピューターの指導を提供しており、図書館には300以上の物語の本、辞書、地図、および百科事典があります。

また、農園は応急手当と子育て用のクリニックがあり、常駐の衛生推進者が予防接種を行い、寄生虫の治療を行い、基本的な健康管理と医薬品を提供しています。 農園はローカルな医療を提供するアメリカのNGOであるProject Hopeとグアテマラ女性の健康NGOであるAPROFAMと協力しています。

コミュニティ

ヌエバグラナダ農園は、近隣の4つの集落(4,000人から5,000人)に無料で湧き水を送り、エル・トゥンバドル(El Tumbador)に社会医療プログラムを無償で提供しています。地元で新しいプロジェクトが発表されて時には、農園は集会所として機能し、地元コミュニティで中心的な役割を果たしています。

日本との関係

農園で生産されるコーヒーの多くは日本に向けて輸出されるため、農園では日本の文化が紹介されています。下の動画は日本人が農園に来た時の様子です。

評価

2005年のワシントン州シアトルで行われたSCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)の会議で、レインフォレストアライアンスのコーヒーのカッピングコンテストがあり、ヌエバグラナダ農園のコーヒーは87.6点を獲得、同コンテストで3位に輝きました。

味はシトラス系のフレーバー、チョコレートのような甘味とコク、ボディが特徴です。UCCでは深煎りで焙煎されているため、苦味が強いですがスッキリしています。

スポンサーリンク

UCCカフェメルカードのガテマラ ヌエバグラナダ

ヌエバグラナダ農園は、早くからレインフォレストアライアンスの認証を習得しており、自然環境に配慮した細やかな農園運営をしています。
サンマルコス地域の2つの火山に囲まれ良質な火山灰質の土壌と十分な雨量がコーヒー栽培に適しています。農園主は働く人々のための学校や病院を農園内に作り、働く人も大切にしています。

ほの珈琲 ホームページより

焙煎

焙煎:フルシティロースト(8段階中6番目)

深煎りです。イタリアなどで好まれます。2ハゼ(ピチピチという音)が一番大きくなったあたりの焙煎度です。
酸味は消えて、苦味が強く出てきます。アイスコーヒー、エスプレッソに用いられます。

欠点豆が見られます。

シトラス系の酸味と、ビターチョコレートのような苦味とボディがあります。深煎りですが、苦味がスッキリしています。

<参考>

Nueva Granada Coffee homepage

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事