スターバックス リザーブ®:コロンビア ペドレガル

今回はスターバックス リザーブ®のコロンビア ペドレガルの紹介です。スターバックスは言わずと知れた世界的なコーヒーチェーンです。スターバックス リザーブ®は一部限定店舗でのみ取り扱われる希少なコーヒー豆です。お店で飲むこともできますが、豆を購入することもできます。お店ではクローバーというスターバックス独自の抽出マシーンで淹れたコーヒーを飲むことができます。

スターバックス リザーブ®のコロンビア ペドレガル

コロンビアはカリブ海と大西洋に面する南アメリカ大陸北部の国です。コロンビアを南北にアンデス山脈が縦断し、山岳地帯の面積が大きいです。地域によって標高差が大きく、雨季と乾季が異なるため、一年を通じてコーヒー豆を収穫できます。

コロンビアコーヒーは、世界で一番品質がよいとされています。コロンビアコーヒーは、アンデス山脈のいたるところで栽培されています。アンデス山脈は3つの連峰に別れていて、この連峰によって分けられた地域には、それぞれ気候に違いが見られます。コロンビア国内の大半の生産地では収穫期が1年に2度あります。北部の地域ではメインの収穫期が11月、そして5月~6月にかけて第2 期の収穫(mitaca、ミタカ)が行われます。南部地域ではそれとは逆に、メインの収穫期が5月から6月で、ミタカは11月に行われます。

標高の高いところは栄養価が高く、水はけが良い火山灰の土壌です。火山灰の土壌は良質なコーヒー生産にとって最適の土壌です。火山灰の土壌は植物が根を張りやすいため、育ちやすいです。また保湿力が高いため、雨の少ない乾季にも植物に十分な栄養を与え続けることが出来ます。また火山灰に多く含まれる硫黄が、コーヒー豆に豊かな香りを与えます。

アンデス山脈では、年間1,600-1,800時間の日照時間が良質なコーヒー栽培にとって最適とされており、日照量をコントロールするためにシェード(遮光)栽培を行っています。この土地の 雨季と乾季が交互で訪れる気候条件も、良質なコーヒー栽培には不可欠です。

コロンビアコーヒーは全体としては、フルーティーな風味と味わいが特徴で、柑橘系の芳醇な香り、滑らかで甘い風味、豊かなコクとほど良い酸味のあるマイルドなコーヒーです。コロンビアコーヒーは地域によって、それぞれ風味が微妙に異なります。

コロンビアのコーヒー生産地域は北部、中部、南部の大きく三つに分けることができます。北部・中部の年間平均気温は20.5℃、南部の年間平均気温は19.5℃となっていて、南部より北部のほうが気温が高めです。全体的な風味の傾向としては、南部よりも北部のほうがはっきりとした酸味、しっかりとしたボディ、強いコクが感じられます。

コロンビアのコーヒー生産地域は北部、中部、南部の大きく三つに分けることができます。コロンビア スウィート&フラワーズ スペシャルリザーブが生産されたウィラ地区は南部に分類されます。この地域はコロンビアのなかでも赤道に近く、標高が高く、気温が低いのが特徴です。南部にはウィラの他に、「ナリーニョ」、「カウカ」、「ウイラ、スール・デ・トリマ」地域があります。赤道に近いこの地域では、標高が高く、気温が低い土地で栽培されます。第1 期のメインの収穫期が5月から6月で、第2期のミタカは11月に行われます。味はコロンビアコーヒーのなかでも特に酸味が高く、パイナップルのような甘酸っぱくまろやかな味わいが特徴ですが、酸味よりも甘味のほうがより優れた味わいです。

スターバックスはコロンビアのコーヒー産業を支え、生産者とパートナーシップを組むために、2013年にコロンビアのマニサレスにファーマー サポートセンターを開設しています。

コロンビア ペドレガルはカウカ県にある人里離れたペドレガル(Pedregal)という地区の生産者が栽培しています。カウカ県は、著名なコーヒー生産地とも近接しています。カウカ県の東にはウィラがあり、西にはナリーニョがあり、ペドレガル地区はカウカの州都であるポパヤン(Popayan)の北東部にあり、ウィラ県との県境に位置しています。「カウカ」の名前はこの地を南から北へ流れるカウカ川に由来しています。

ペドレガルは石の土地という意味を持ち、この地域の山々は高く急峻で、まるでピラミッドのような形をしています。これらの山々が高品質のコーヒーを栽培するのに理想的な高い標高をもたらします。小さな山間部の美しく波打つような斜面でコーヒーが栽培されているため、生産量が少なく、希少なコーヒーです。

カウカの気候は安定しているため、ばらつきのない、安定した味のコーヒーを生み出すことができます。昼夜の寒暖差が激しく、コーヒーチェリーが収縮を繰り返し、引き締まったコーヒーを生産できます。標高1,700m~1,900mの高地、アンデス山脈から流れてくる綺麗な水、年間降雨量1,950mmの豊富な降水量、温暖な気候、火山性土壌が高品質のコーヒーを生産することを可能にしています。

精製方法はウォッシュト(湿式)です。

カウカのコーヒーの特徴は、キャラメルのような香味、甘味とフルーティー酸味があり、コクがほどほど、全体としてバランスがよく、透明感がありまろやかな味。産地の平均標高は1,758~1,781mと、あまり高低差がなく、気候が安定しているため、他の地方のコーヒーに比べて均一のとれた安定した味わいが特徴です。

コロンビアのコーヒーの多くはチョコレートのようなコクと甘味がありますが、ペドレガルは明るい柑橘系のフレーバーが前面に出ています。コロンビア ペドレガルの持つ洋ナシとレッドアップルのフレーバーはこのカップの中で最も顕著な味です。キャラメルのような厚みのある甘さ、ミディアムボディのまろやかな口当たり、全体にバランスが良く、はっきりとした味わいを持ったコーヒーです。

STARBUCKS RESERVE®とは

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。(スターバックスホームページより)

スターバックス リザーブ®を購入すると、商品説明のカードを挟んだこちらの用紙がもらえます。

こちらが商品説明のカードです。コーヒーについて詳しい説明が書いてあります。

※ラベルデザイン
このラベルデザインはコーヒーが栽培される渓谷の昼夜の寒暖差に着想を得たものです。明るい色で温暖な日中を、深く落ち着いた色で冷涼な夜を表現し、それらが重なり合い山々が連なっています。(スターバックスホームページより)

初回購入時にコーヒーパスポートがもらえます。

中にコーヒーの基本情報(味わい方、ロースト方法、加工法、コーヒーの淹れ方など)と、スターバックスのコーヒーについての情報が載っています。中身が充実しているので、コーヒーパスポートをもらうためだけでもスターバックス リザーブ®を購入する価値があると思います。

スターバックス リザーブ®のページもあり、こちらに商品を購入するともらえるスタンプを貼って、コーヒーについての感想が書き込めるようになっています。

100gと250g単位で売っています。こちらは100gです。

焙煎

スターバックスは、コーヒをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。こちらのコロンビア ペドレガルはスターバックスミディアムローストであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアムロースト

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

「コロンビア ペドレガルは、様々な抽出方法に調和する、とても多彩で心地よいコーヒーです。エスプレッソとして抽出すると、贅沢で甘い風味になります。ミルクと合わせて美しいビバレッジに、そしてストレートでもおいしいビバレッジを堪能できます。プアオーバーで抽出すると繊細なトップノートが強調され、クローバーやコーヒープレスで抽出すると、コクが引き出されます。」
シニア コーヒー クオリティ デベロップメント スペシャリスト
セルジオ アルバレス(スターバックスホームページより)

欠豆、貝殻豆若干ありますが、大粒の豆です。

コロンビアコーヒーの中でも独特のフレーバーをもつコーヒーです。個性的なフレーバーに全体の味わいがミディアムでまとまっており、バランスのとれたマイルドな味わいです。個性的なフレーバーでありながら、バランスの良い味わいで、誰にでもオススメできます。

スターバックスについての本はこちらから。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事