スターバックス リザーブ®:コロンビア ティンビオ

スターバックス リザーブ® コロンビア ティンビオです。

スターバックス リザーブ®(STARBUCKS RESERVE®)は、スターバックスの一部限定店舗でのみ取り扱われる限定コーヒーです。

コロンビア ティンビオ

スポンサーリンク

ティンビオ

ティンビオ(Timbio)は、コロンビア(Colombia)カウカ県(Cauca Department)ティンビオ市(Timbio Municipality)で生産されたコーヒーです。コーヒー生産地域としては、アンデス自然地域(英語:The Andean (natural) region、スペイン語:La región Andina​​​ (de Colombia))または太平洋沿岸/チョコ自然地域(英語:The Pacífico/Chocó (natural) region、スペイン語:La región del Pacífico​​​ (de Colombia))のカウカ(Cauca)に区分されます。

ティンビオ市は、1535年11月1日にスペインのコンキスタドール、フアン・デ・アンプディア(Juan de Ampudia)とペドロ・デ・アニャスコ(Pedro de Añasco)によって設立されたコロンビアで3番目に古い自治体です。ティンビオの「ティム(Tim)」は、先住民族ケチャの言葉で「結合」を意味しており、2つの川が合流する地帯です。

ティンビオ市は、カウカ県ポパヤン(Popayán)のすぐ南、アンデス高地の丘と山のまだらな地域で、その経済活動のほとんどが農業に集中しています。年間降水量1,800mm、4,700ヘクタールでコーヒーが栽培されており、4,600以上のコーヒー農家がいます。ティンビオ市ではコーヒーの他にも、豆、トウモロコシ、バナナ、キャッサバ、温室栽培トマトなどを生産しています。

品種

品種はカスティージョ(Castillo)、コロンビア(Colombia)、カツーラ(Caturra)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

スターバックス リザーブ® コロンビア ティンビオ

スターバックス リザーブ®とは

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックス

コロンビア ティンビオ

※ラベルデザイン
このカードのデザインのモチーフは、厳しい環境でも素晴らしい味わいのコーヒーを栽培するために必要とされる、緻密な技術です。背景に描かれた線と水の模様で、予測のつかない天候によってもたらされる強い風と激しい雨を表現しています。また細い金色の線でコーヒーの木を描き、生産者のコーヒー栽培へのこだわりと、心を込めて育てられた、コーヒーの素晴らしい味わいを表しています。

スターバックス
コロンビア ティンビオ

焙煎

スターバックスは、コーヒーをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。

コロンビア ティンビオはスターバックスミディアムローストであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアムロースト

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

カシスのようなフレーバー、ダークチョコレートのような濃厚なボディ感とほのかな甘さが印象的です。。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事