スターバックス リザーブ®:コロンビア ラ ホヤ

今回はスターバックス リザーブ®のコロンビア ラ ホヤの紹介です。スターバックスは言わずと知れた世界的なコーヒーチェーンです。スターバックス リザーブ®は一部限定店舗でのみ取り扱われる希少なコーヒー豆です。お店で飲むこともできますが、豆を購入することもできます。お店ではクローバーというスターバックス独自の抽出マシーンで淹れたコーヒーを飲むことができます。

コロンビアコーヒー

コロンビア(Colombia)はカリブ海と大西洋に面する南アメリカ大陸北部の国です。東にベネズエラ、南東にブラジル、南にペルー、南西にエクアドル、北西にパナマとコーヒー生産国に囲まれています。首都はボゴタ(Bogota)です。ブラジル、ベトナムについで、世界第3位のコーヒー生産大国であり、年間平均1,200万袋(1袋60kg)、720,000トンです。コロンビアは南北にアンデス山脈が縦断しているため、山岳地帯の面積が広いです。地域によって標高差が大きく、雨季と乾季が異なるため、一年を通じてコーヒー豆を収穫できます。

コロンビア国内の大半の生産地では収穫期が1年に2度あります。北部の地域ではメインの収穫期が11月、そして5月~6月にかけて第2 期の収穫(mitaca、ミタカ)が行われます。南部地域ではそれとは逆に、メインの収穫期が5月から6月で、ミタカは11月に行われます。

アンデス山脈では、年間1,600-1,800時間の日照時間が良質なコーヒー栽培にとって最適とされており、日照量をコントロールするためにシェード(遮光)栽培を行っています。この土地の 雨季と乾季が交互で訪れる気候条件も、良質なコーヒー栽培には不可欠です。

コロンビアコーヒーは全体としては、フルーティーな風味と味わいが特徴で、柑橘系の芳醇な香り、滑らかで甘い風味、豊かなコクとほど良い酸味のあるマイルドなコーヒーです。コロンビアコーヒーは地域によって、それぞれ風味が微妙に異なります。

コロンビアコーヒーは、アンデス山脈のいたるところで栽培されています。アンデス山脈は3つの連峰に別れていて、この連峰によって分けられた地域には、それぞれ気候に違いが見られます。コロンビアのコーヒー生産地域は北部、中部、南部の大きく三つに分けることができます。北部・中部の年間平均気温は20.5℃、南部の年間平均気温は19.5℃となっていて、南部より北部のほうが気温が高めです。全体的な風味の傾向としては、南部よりも北部のほうがはっきりとした酸味、しっかりとしたボディ、強いコクが感じられます。スターバックス リザーブ®のコロンビア ラ ホヤを生産するウィラ県(Huila)ラ・プラタ(La Plata)は南部に位置しています。

南部にはナリーニョ(Nariño)、カウカ(Cauca)、ウイラ(Huila)、スール・デ・トリマ(Sur del Tolima)地域があります。赤道に近いこの地域では、標高が高く、気温が低い土地で栽培されます。第1 期のメインの収穫期が5月から6月で、第2期のミタカは11月に行われます。味はコロンビアコーヒーのなかでも特に酸味が高く、パイナップルのような甘酸っぱい味わいが特徴ですが、酸味よりも甘味のほうがより優れた味わいです。

コロンビアコーヒーの大部分は多くの小規模農家が生産したコーヒーを協同組合や生産者協会が集積した大ロットです。そのため、単一農園によるシングルオリジンは珍しく、高品質のコーヒーを他のコーヒーからいかに分離するかが課題となっています。

スターバックスはコロンビアのコーヒー産業を支え、生産者とパートナーシップを組むために、2013年にコロンビア中央部のマニサレス(Manizales)にファーマーサポートセンターを開設しています。

ウィラ県

コロンビア ラ ホヤはコロンビア南西部のウィラ県ラ・プラタで生産された豆です。ウィラ県はアンデス山脈からマグダレナ河が流れ出る山脈地帯に挟まれた谷合に位置します。標高1,300~1,400mの山岳地帯で、ユネスコ世界遺産に指定されたサン・アグスティン遺跡郡がある場所です。この遺跡は独特な石彫でよく知られています。

ウィラ県は赤道高地の火山灰の豊かな土壌が特徴です。気候条件は曇りが多く、日射時間の平均が1日に3,5時間と短めです。標高は低く、平均気温は17℃〜23℃と高めです。

コロンビアの火山地帯はコーヒー生産に適していますが、同時にその起伏に富んだ複雑な地形のために、市場にコーヒーを運搬するのが困難でした。浅瀬で流れの早いマグダレナ川は運搬路として貴重でした。そのため、マグダレナ川流域はコーヒーの名産地として有名となりました。

ウィラ県の37の市町村のうち35の市町村でコーヒーが生産されています。ウィラ県はコロンビアコーヒーの約18%を生産する代表的な産地ですが、量だけでなくその質も評価されています。

ウィラ県のコーヒーの代表的な産地には、ラ・プラタの他にもピタリート(Pitalito)、ガルソン(Garzón)、ネイバ(Neiva)があり、 カトゥーラ(Caturra)、ティピカ(Typica)、カスティージョ(Castillo,)、ブルボン(Bourbon)、コロンビア(Colombia,)マラゴジッペ(Maragogype)、タビ(Tabi)、ゲイシャ(Geisha)の品種が栽培されています。

ウィラ県のコーヒーの一般的な特徴として、明るい酸味、ミディアムボディ、甘くフルーティーな香りが特徴です。

コロンビア ラ ホヤ

スターバックス リザーブ®のコロンビア ラ ホヤを生産するウィラ県ラ・プラタは家族経営の小規模農家が大半です。この地域の生産者の約80%が3ヘクタール未満の土地でコーヒーを栽培しています。ラ・プラタは「銀」という意味で、スペイン人探検家Diego de Ospina y Medinillaがここで銀鉱山を発見したことにちなんだ名前です。

多くの小規模農家が大規模協同組合に所属していますが、より高品質なマイクロロットを生産するために設立された小規模組合も存在します。

ラ・プラタの町自体は1,2キロ平方メートル程度の面積しかない小さな町で、生産者はそこから急な山を登りより高地にある自らの農園に辿り着かなければなりません。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed、湿式)です。ウォッシュトは収穫したコーヒーチェリーをパルピング(pulping、果肉除去)し、発酵と水洗い後、シルバースキン(Silver skin)に覆われたパーチメント(Parchment 、果肉除去した後のコーヒー豆)を乾燥させ脱穀する方法です。ウォッシュトでは水洗いするためキレイな味わいに仕上がります。

プラムのような控えめなフレーバーと若干刺激のあるスパイシーな口当たりが特徴です。コロンビアに特徴的な全体的にバランスのとれたマイルドなコーヒーです。

スターバックス リザーブ®のコロンビア ラ ホヤ

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックスホームページより
商品カード表
商品カード裏

こちらが商品説明のカードです。コーヒーについて詳しい説明が書いてあります。

※ラベルデザイン
コロンビア ラ ホヤのデザインは、ウィラ県のコーヒー生産の伝統と、繰り返されてきたコーヒーの栽培技術の進化と革新から着想を得ています。何世代にも渡って継承された知識や技術によって、生産者たちは素晴らしいコーヒーを生産できるのです。このデザインでは、躍動感のある模様や構図でこの土地のコーヒーを取り巻く環境の変化を表現するとともに、色味でプラムやレッドグレープを思わせる味わいを表しています。

スターバックスホームページより

100gと250g単位で売っています。こちらは100gです。

焙煎

スターバックスは、コーヒーをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。こちらのコロンビア ラ ホヤはスターバックスミディアムローストであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアムロースト

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

欠点豆が若干あります。

プラムのような控えめなフレーバーとスパイシーな口当たりが特徴です。全体的にバランスのとれた味わいですが、個性は少ないです。

<参考>

「産地情報 ウィラ(Huila)」,FNC コロンビアコーヒー生産者連合会<http://cafedecolombia.jp/colombia/origin-huila/>2019年6月19日.

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事