澤井珈琲:エメラルドマウンテンとエメラルドマウンテンブレンド

今回は澤井珈琲Beans&Leaf店のエメラルドマウンテンとエメラルドマウンテンブレンドを紹介します。こちらは楽天市場でも加藤珈琲店と並ぶ大手のコーヒー店です。銘柄豊富なので、ゲイシャやモカマタリなど近所で見つからないレアな銘柄もこちらで購入できます。本社は鳥取県にあり、鳥取県と東京都に複数実店舗があります。

澤井珈琲 Beans & Leaf店のエメラルドマウンテン

コロンビアはカリブ海と大西洋に面する南アメリカ大陸北部の国です。コロンビアを南北にアンデス山脈が縦断し、山岳地帯の面積が大きいです。地域によって標高差が大きく、雨季と乾季が異なるため、一年を通じてコーヒー豆を収穫できます。

コロンビアコーヒーは、世界で一番品質がよいとされています。コロンビアコーヒーは、アンデス山脈のいたるところで栽培されています。アンデス山脈は3つの連峰に別れていて、この連峰によって分けられた地域には、それぞれ気候に違いが見られます。コロンビア国内の大半の生産地では収穫期が1年に2度あります。北部の地域ではメインの収穫期が11月、そして5月~6月にかけて第2 期の収穫(mitaca、ミタカ)が行われます。南部地域ではそれとは逆に、メインの収穫期が5月から6月で、ミタカは11月に行われます。

標高の高いところは栄養価が高く、水はけが良い火山灰の土壌です。火山灰の土壌は良質なコーヒー生産にとって最適の土壌です。火山灰の土壌は植物が根を張りやすいため、育ちやすいです。また保湿力が高いため、雨の少ない乾季にも植物に十分な栄養を与え続けることが出来ます。また火山灰に多く含まれる硫黄が、コーヒー豆に豊かな香りを与えます。

アンデス山脈では、年間1,600-1,800時間の日照時間が良質なコーヒー栽培にとって最適とされており、日照量をコントロールするためにシェード(遮光)栽培を行っています。この土地の 雨季と乾季が交互で訪れる気候条件も、良質なコーヒー栽培には不可欠です。

コロンビアコーヒーは全体としては、フルーティーな風味と味わいが特徴で、柑橘系の芳醇な香り、滑らかで甘い風味、豊かなコクとほど良い酸味のあるマイルドなコーヒーです。コロンビアコーヒーは地域によって、それぞれ風味が微妙に異なります。

コロンビアコーヒーは全体としては、フルーティーな風味と味わいが特徴で、柑橘系の芳醇な香り、滑らかで甘い風味、豊かなコクとほど良い酸味のあるマイルドなコーヒーです。コロンビアコーヒーは地域によって、それぞれ風味が微妙に異なります。

コロンビアのコーヒー生産地域は北部、中部、南部の大きく三つに分けることができます。北部・中部の年間平均気温は20.5℃、南部の年間平均気温は19.5℃となっていて、南部より北部のほうが気温が高めです。全体的な風味の傾向としては、南部よりも北部のほうがはっきりとした酸味、しっかりとしたボディ、強いコクが感じられます。

北部は「マグダレナ」、「カサナレ」、「サンタンデール」、「ノルテ・デ・サンタンデール」地域があり、「マグダレナ」地方が有名です。このエリアのコーヒーは、低めの標高と高めの気温の土地で栽培されます。日照時間が長いため、コーヒーは高低差で段階分けされたシェードの日陰で守ります。北部の地域では第1 期のメインの収穫期が11月、そしてミタカと呼ばれる第2期の収穫が、5月~6月にかけても収穫が行われます。味は柔らかな酸味、中〜高ボディ、ナッツのようなコクと、チョコレートのような香りが特徴です。

中部は「カルダス」、「キンディオ」、「リサラルダ」、「ノルテ・デ・ヴァジェ」、「アンティオキア」、「クンディナマルカ」、「ノルテ・デ・トリマ」地域があります。雨季と乾季が散在して起こる気候により、年間を通じて新鮮なコーヒーの収穫が可能です。第1 期のメイン収穫期は9月から12 月に、第2期のミタカは4 月から6 月に行われます。味はフルーティでハーブのようなバランスの良い香りが特徴です。

南部は「ナリーニョ」、「カウカ」、「ウイラ」、「スール・デ・トリマ」地域があり、「ナリーニョ」地域が有名です。赤道に近いこの地域では、標高が高く、気温が低い土地で栽培されます。第1 期のメインの収穫期が5月から6月で、第2期のミタカは11月に行われます。味はコロンビアコーヒーのなかでも特に酸味が高く、パイナップルのような甘酸っぱくまろやかな味わいが特徴ですが、酸味よりも甘味のほうがより優れた味わいです。

エメラルドマウンテンは、コロンビア全土で生産されるコーヒー豆のなかから、FNC(コロンビアコーヒー生産者連合会、Federacion Nacional de Cafeteros de Colombiaの略)が厳選した高級豆です。FNCは、1927年コーヒー生産者が自ら立ち上げ、現在では50万世帯以上のコーヒー農民(カフェテロ)が参加する非営利組織です。FNCが独自の厳しい品質基準のもと認定した、コロンビアコーヒーの全体の生産量の3%未満しかない希少豆です。コロンビアから産出されるエメラルドとアンデス山脈にちなみ、エメラルドマウンテンと呼ばれます。

エメラルドマウンテンは100%手摘みで収穫され、アンデスの水で精製されます。FNC公認のコーヒー鑑定士が、味や香りを鑑定します。このカッピングは7回繰り返されます。

欠点豆が取り除かれた後、定温倉庫に保管されます。エメラルドマウンテンは、保管場所・期間・条件が厳しく管理され、品質管理が徹底されています。

味の特徴は花のような甘い香味が特徴です。酸味、苦味、甘味のバランスが非常によいです。コロンビアマイルドと呼ばれるように、マイルドで、雑味がなく、滑らかな深い味わいと香りです。クセがないので多くの方に好まれるコーヒーかと思います。
非常にバランスのよく、ブルーマウンテンと近い味わいです。ブルーマウンテンと比べると、香りに甘味と、コクが強めです。ブルーマウンテンよりも安価なため、ブルーマウンテンがお好きな方にお勧めできます。

エメラルドマウンテン

エメラルドマウンテン
薫り ★★★✪☆
コク ★★★✪☆
酸味 ★★★✪☆
苦味 ★✪☆☆☆

★は5段階表記しています。
★が多いほど強くなります。
✪は★の半分になります

エメラルドマウンテンは"宝石のようなコーヒー"に称えられるほど、酸味・苦味・甘味のバランスがよくて、コーヒー飲んだ後に、広がるコーヒーを飲んだという満足感が感じられるコーヒーです。甘い香りの中に、まろやかな舌ざわり,しっかりとしたコクは、輸出される際に、低温コンテナに入れられて運ばれてくるほど、厳しい品質基準をパスした逸品の証拠。コーヒーの旨みを満喫できるコーヒーです。(澤井珈琲ホームページより)

焙煎

焙煎:ハイロースト(8段階中4番目)

中深煎りです。ちょうど真ん中、バランスのとれた焙煎度合いと言えます。1ハゼ(パチパチという音)と2ハゼ(ピチピチという音)の中間ぐらいの焙煎度です。ミディアムローストまでに比べ 酸味が押さえられ、苦味・甘味が強くなってくる段階です。酸味と苦味の調和が取れており、酸味は残っていますが、ほんのりと苦味も感じられる焙煎度です。

証明書がついてきます。

大粒の綺麗な豆です。欠点豆はありません。

澤井珈琲店は注文を受けてから焙煎しているので、新鮮なまま飲むことができます。

酸味、苦味、甘味のバランスが非常に良いです。バランスの良さではブルーマウンテンに匹敵すると思います。コロンビアコーヒーの特徴である甘味と、まろやかなコクが印象的です。

単品はこちらから。

セットはこちらから。

エメラルドマウンテンブレンド

エメラルドマウンテンブレンド
薫り ★★★✪☆
コク ★★★✪☆
酸味 ★★★✪☆
苦味 ★✪☆☆☆

★は5段階表記しています。
★が多いほど強くなります。
✪は★の半分になります。

コロンビアを代表する宝石エメラルドの名を冠することを許された最高級珈琲豆を贅沢に使用。その仕上がりは比類なき味わいと花のような素晴らしく風順な香りです。そして上品で甘美な味わいとなっております。(澤井珈琲ホームページより)

焙煎

焙煎:ミディアムロースト(8段階中3番目)

中浅煎りです。ちょうど基準となる焙煎度です。1ハゼが終わったぐらいの焙煎度です。酸味が強く、苦味は弱いです。焙煎する最初の段階の時にちゃんと水分抜きを行わないと、渋みが目立って、飲みにくくなります 。コーヒー豆の品質が味にわかりやすく表現される焙煎度合いです。高級豆はこのミディアムローストが多いです。

証明書がついてきます。

画像の大粒の豆がエメラルドマウンテンです。エメラルドマウンテンにブラジル他の豆がブレンドされています。

澤井珈琲店は注文を受けてから焙煎しているので、新鮮なまま飲むことができます。

酸味、苦味、甘味のバランスが良いですが、エメラルドマウンテンと比べると焙煎が一段階浅く、他の豆とブレンドされているため、雑味が増え味わいが薄くなっているように感じます。

単品はこちらから。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事