丘の上珈琲(珈琲考房):エルサルバドル サンタ・エレナ ブルボン

丘の上珈琲(珈琲考房)のエルサルバドル サンタ・エレナ ブルボンです。丘の上珈琲(珈琲考房)は、北海道夕張郡にある自家焙煎珈琲店です。

エルサルバドル サンタ・エレナ

スポンサーリンク

エルサルバドル

エルサルバドル(El Salvador)は中米に位置する共和制国家です。北西にグァテマラ、北と東にホンジュラスと国境を接しており、南に太平洋が面していて、中米では大西洋岸を持たない唯一の国です。

エルサルバドルは「救世主」と言う意味で、単にサルバドルと呼ばれることもあります。エルサルバドルは総面積21,040.79平方kmとパナマ、ベリーズを含む中米7か国の中で最も小さい面積のなかに、火山が20以上もある火山国です。エルサルバドルは中米の日本と呼ばれるほど火山と温泉が多く、火山灰の土壌と水質は栄養分豊富でコーヒー栽培には適した環境です。標高600m以上の高原が大半を占めているため、熱帯性気候にもかかわらず内陸部は温暖な気候です。

首都はサン・サルバドル(San Salvador)です。標高600m-900mのなだらかな傾斜地で、低所得者層は旧市街(セントロ地区)住んでおり、治安が悪いです。高所得者層は標高の高いところに住んでいます。

エルサルバドルはかつては一大コーヒー生産大国で、エルサルバドルコーヒー研究所(スペイン語:Instituto Salvadoreño para Investigaciones del Café、英語:Salvadorean Institute for Coffee Research)という当時ブラジル、コロンビアの研究所と並ぶ世界屈指のコーヒーの研究所がありました。コーヒーハンターとして知られるホセ(José. )・川島良彰氏が唯一の研究生として留学していた研究所です。

エルサルバドルはかつては世界4位の生産量を誇るコーヒー大国でしたが、内戦、さび病の流行を経て衰退してしまいました。コーヒー大国としての復活の望まれる国の一つです。

エルサルバドルのコーヒーの歴史については、以下の記事を参照してください。

スポンサーリンク

サンタ・エレナ農園

サンタ・エレナ農園(Finca Santa Elena)は、エルサルバドル北西部サンタ・アナ(Santa Ana)パロ・デ・カンパーナ(Palo de Campana)に位置しています。サンタ・アナの県都はサンタ・アナ市で、首都のサン・サルバドルに続き、2番目に大きな都市です。

サンタ・エレナ農園は、1930年頃にコーヒー農園として創業されました。農園は、フェルナンド・リマ(Fernando Lima)氏とエルネスト・リマ(Ernesto Lima)氏の兄弟によって経営されています。

サンタ・エレナ農園は、コアテペケ湖(Lago De Coatepeque)を見下ろす標高2,286mのサンタ・アナ火山の険しい斜面にあり、エルサルバドルのなかでも最も高い標高1,700m-1,900mに位置する農園のひとつです。

サンタ・エレナ農園は、2006年のサンタ・アナ火山の噴火による降灰により甚大な被害を受けましたが、ミネラル分を多く含んだ火山灰により地中に豊富な養分を与えることができたため、肥沃な土壌を持つ有機栽培の農園として広く知られるようになりました。

サンタ・エレナ農園の右隣は「セロ・ヴェルデ国立公園(英語:Cerro Verde National Park、スペイン語:Parque Nacional Los Volcanes)」という国立森林保護区であるため、農園周辺には豊富な動植物が生息しています。

主にインガの木の他、60種以上のシェードツリーの下でコーヒーが栽培されています。

受賞歴

サンタ・アナは、カップ・オブ・エクセレンス(Cup of Excellence(CoE))受賞歴のある農園がひしめく地区です。

サンタ・エレナ農園は、エルサルバドル カップ・オブ・エクセレンスで4度の入賞経験があります。そのうち3回は、ブルボンによる入賞です。

2003年はブルボンが87.70点を獲得し第5位に入賞、2008年は85.60点を獲得し第20位に入賞(品種不明)、2011年はブルボンが87.17点を獲得し第20位に入賞、2013年はブルボンが87.63点を獲得し第6位に入賞しました。

品種

品種はブルボン(Bourbon)です。

ブルボンは、ティピカと並ぶアラビカ種の代表的な品種です。ティピカよりも若干生産性の高い品種で、小粒の豆ですが密度が高く、身が引き締まっています。香り高く、ほのかな甘味のある品種です。

1700年代初頭にフランスの宣教師がイエメンからブルボン島(現在のレユニオン島)に持ち込んで栽培されたのが、その名前の由来です。1800年代半ばから、宣教師たちがアフリカと南アメリカ大陸に持ち込み、世界のコーヒー生産各地に広がりました。

エルサルバドルには伝統的なブルボンが残っています。コーヒー生産国では、さび病などの病害虫がコーヒー生産に打撃を与えることがわかると、耐性のある品種改良を進めていきました。しかしエルサルバドルでは、内戦の影響で研究所が閉鎖され品種改良ができず、他のコーヒー生産国とも断絶し、新しい品種が伝わって来ることもありませんでした。エルサルバドルは内戦によってコーヒー産業が衰退しましたが、伝統的なブルボンが生き残ることになりました。

そのため、ブルボンはエルサルバドルコーヒー研究所で開発されたパカマラと並んで、国を代表する品種となりました。

サンタ・エレナ農園ではブルボンの他に、パカマラ(Pacamara)、カツーラ(Caturra)などが栽培されています。

精製方法

Balcanes Coffee、월간커피より

精製方法はウォッシュト(Washed、湿式)です。

ウォッシュトは収穫したコーヒーチェリーをパルピング(pulping、果肉除去)し、発酵と水洗い後、パーチメント(Parchment)付きコーヒー豆を乾燥させ脱穀する方法です。ウォッシュトでは水洗いするためキレイな味わいに仕上がります。

サンタ・エレナ農園のコーヒーは、「バルカン・コーヒー(Balcanes Coffee)」のミルで精製されます。

ナッツやチョコレートのような甘いフレーバーとオレンジのような酸味、柔らかな口当たりと甘い余韻が特徴です。深煎りにするとなめらかさと甘いコクが引き出されます。

スポンサーリンク

丘の上珈琲(珈琲考房)のエルサルバドル サンタ・エレナ ブルボン

味の強さを主張する深いコクと厚み。

豆の持つ強い特徴を最大限引き出すため、こってりとした味わいになるよう焙煎しています。

ワインでいうところのボディのある珈琲に仕上げています。

丘の上珈琲 ホームページより

焙煎

丘の上珈琲は、コーヒーを中煎りで焙煎しています。取り扱いのコーヒーはすべてハイローストからシティロースト程度で焙煎され、それぞれのコーヒーの特性に合わせて強めに焼いたり、弱めに焼いたりしているものと思われます。

エルサルバドルは中深煎り程度ですが、若干苦味が強めです。

エルサルバドルは、中挽きが目安です。

ブルボンに特徴的なナッツのようなフレーバーとオレンジのような爽やかなフレーバーが印象的です。しっかりとしたボディとじんわりとした甘味を感じるコーヒーです。





Twitterでフォローしよう

おすすめの記事