カフェ ランバン:ネパール エベレストマウンテン

カフェ ランバン ネパール エベレストマウンテンです。

カフェ ランバン(Café RANBAN)は、北海道札幌市にある自家焙煎珈琲店です。

ネパール エベレストマウンテン

スポンサーリンク

エベレストマウンテン

カーブレ・パランチョーク郡 出典:アタカ通商

エベレストマウンテン(Everest Mountain)は、ネパール(Nepal)カーブレ・パランチョーク郡(Kavrepalanchok District)で生産されたコーヒーです。

ネパールは、非常に多様な気候と地形を有しているため、様々な農作物の栽培が可能です。コーヒー栽培は、ネパール東部から西部にかけての丘陵地帯の気候に適応しています。コーヒーの国内および国際市場での需要の増加により、コーヒー生産者は増加傾向にあります。

エベレストマウンテンは、ネパール中部カーブレ・パランチョーク郡の標高1,000m - 1400m、3,250人の生産者により生産されたコーヒーです。収穫作業から精製まで、すべて手作業で行われています。

品種

品種はブルボン(Bourbon)、カツーラ(Caturra)、イエロー・カツーラ(Yellow Caturra)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

カフェ ランバン ネパール エベレストマウンテン

ネパール エベレストマウンテン

日本では珍しいネパールのコーヒー「ヒマラヤン・アラビカ」が当店初入荷です。ヒマラヤの寒暖の差が美味しいコーヒーを生み出しています。

カフェ ランバン

カフェ ランバンでは、コーヒーの焙煎度を選ぶことができます。ネパール エベレストマウンテンは、浅煎り(ライトロースト)、中煎り(ミディアムロースト)、深煎り(フレンチロースト)、極深煎り(イタリアンロースト)から選択できます。

浅煎り(ライトロースト)

浅煎り(ライトロースト)

アジアンな土や砂っぽいフレーバーが印象的です。浅煎りでは、烏龍茶のような印象があります。

中煎り(ミディアムロースト)

中煎り(ミディアムロースト)

アジアンな土や砂っぽいフレーバーが印象的です。浅煎りよりもボディ感があり、バランスの取れた味わいに仕上がっています。

深煎り(フレンチロースト)

深煎り(フレンチロースト)

深煎りになると、土っぽいフレーバーが控えめになり、とろみのある質感が生まれます。

極深煎り(イタリアンロースト)

極深煎り(イタリアンロースト)

とろみのある質感とバランスの取れた味わいが印象的です。フレーバーよりも質感が前面に現れた味わいです。

<参考>

「エベレストマウンテン」,ATC Specialty Coffee<https://www.specialtycoffee.jp/beans/2506.html>

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事