スターバックス リザーブ®:グアテマラ ラ エスメラルダ ファーム

今回はスターバックス リザーブ®のグアテマラ ラ エスメラルダ ファームの紹介です。スターバックスは言わずと知れた世界的なコーヒーチェーンです。スターバックス リザーブ®は一部限定店舗でのみ取り扱われる希少なコーヒー豆です。お店で飲むこともできますが、豆を購入することもできます。お店ではクローバーというスターバックス独自の抽出マシーンで淹れたコーヒーを飲むことができます。

グアテマラ ラ エスメラルダ ファーム

グァテマラはシェラ・マドレ山脈が縦横に走っている中米北部の国です。シェラ・マドレ山脈はメキシコの北西から南東にかけて連なる大山脈で、北はロッキー山脈に続き、南端に位置するのがグアテマラです。グァテマラは火山国で、グァテマラコーヒーの多くは山脈の斜面で栽培されています。標高1,300m~2,000mの高い標高、降雨量の多い肥沃な火山灰土壌で、高品質なコーヒーの栽培に恵まれた環境です。気象は、太平洋側と大西洋側のそれぞれの熱帯性気候に影響されます。

グァテマラには狭い国土に1960年に設立されたグァテマラ国内の7万5000以上のコーヒー生産者を代表する民間組織アナカフェ(Anacafe)によって認定された8つの代表的な産地があり、山脈を挟んで気象条件が違うため、それぞれに特徴が異なります。中央にあるのがアンティグア地区、国を囲むようにしてあるのがフライハネス地区、アカテナンゴ地区、サンマルコス地区、アティトラン地区、ウエウエチナンゴ地区、コバン地区、ヌエボ・オリエンテ地区の8つです。

ウエウエテナンゴ地区(Huehuetenango)は、1870年からコーヒー栽培が始まりました。グァテマラの中でも良質の豆が生産されることで有名で、グァテマラ北西を横切るクチュマタネス山脈(Cuchumatanes)にあります。中央アメリカでは珍しく非火山性の石灰岩の山々が連なる標高4,000m近くまでそびえている周辺地で、グァテマラのコーヒー生産地域としては標高が最も高い地域に位置していて、ラ エスメラルダ ファームは標高1,550mの高地にあります。クチュマタネス山脈から吹く冷気とメキシコのオアハカ盆地(Oaxaca)から吹く暖気がぶつかり合うことで微気候(マイクロクライメット)を生み出し、標高の高いこのこの地域を霜害から守ります。また、熱帯性の低木が石灰性の土壌を覆い守っています。

ラ エスメラルダ農園(Finca La Esmeralda)はウエウエテナンゴ地区のメキシコ国境近いサン・アントニオ・ウイスタ(San Antonio Huista)にあります。サン・アントニオ・ウイスタは首都のグアテマラシティから362kmの場所にあり、主な言語はスペイン語ですが、人口の約20%が先住民言語を話します。

ラ エスメラルダ農園の農園主はドン・クリスピン・マティアス氏(Don Crispin Matias)です。農園の歴史は、1980年代まで遡ります。彼はかつて食料品店を経営していましたが、ある時彼は自分の使命が作物を栽培することであると気づきました。彼は自分の店を売って、土地を買い、コーヒー農園を始めました。 彼は自分の農園で見つけた美しい宝石にちなんで、自分の農園をエメラルドという意味のエスメラルダと名付けました。ラ エスメラルダ農園ではコーヒーの他に、コーンや豆といった作物も生産しています。

栽培品種はティピカの突然変異種であるパチェ(Paches,)、ブルボン(Bourbon)、サルチモール(Sarchimor)です。サルチモールはさび病に耐性のある品種として開発されました。グアテマラは世界で最も赤さび病に苦しんでいる国の一つで、2015年にスターバックスはコーヒーの長期的な安定供給とコーヒー農家の将来的な経済的安定を確保するために「Starbucks One Tree for Every Bag Commitment」という取組みを始めました。スターバックスでコーヒーを一袋購入すると、コーヒーツリーの平均コストである70セントをアメリカの生態系の保全活動などを行っている国際的な自然保護の非営利機関コンサベーション・インターナショナル(Conservation International)に寄付されます。 スターバックスとコンサベーション・インターナショナルは、コーヒーの供給業者と協力して、さび病や、樹齢や病害虫の影響で生産性が低下している木を交換するために、苗木を育て、農家に配布します。

精製はウォッシュト(湿式)です。

味はハイビスカスのような独特のフレーバー、ダークチョコレートのような甘味とコクが特徴です。まろやかな口当たりのコーヒーです。

STARBUCKS RESERVE®とは

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックスホームページより

こちらが商品説明のカードです。コーヒーについて詳しい説明が書いてあります。

※ラベルデザイン
このコーヒーのアートを制作するにあたり、デザイナーは、コーヒーの生産地グアテマラと、その味わいからインスピレーションを得ました。
花の模様はフローラルな香りを、温かい色と冷たい色の組み合わせは、熱気と冷気が交じり合った微気候がこのコーヒーを育む様をそれぞれ表現しています。
またデザイン全体で、ウエウエテナンゴに芽吹く多彩な生命の存在も想起させています。

スターバックスホームページより

100gと250g単位で売っています。こちらは100gです。

焙煎

スターバックスは、コーヒーをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。こちらのグアテマラ ラ エスメラルダ ファームはスターバックスミディアムであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアム

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

欠豆、貝殻豆が少しありますが、欠点豆少ないです。

ハイビスカスのような独特のフレーバーと甘味が印象的です。苦味は控えめ、まろやかな口当たりで、とても飲みやすいです。

グアテマラのウエウエテナンゴのコーヒーはこちらから。





Twitterでフォローしよう

おすすめの記事